ありのまま

カルガモ母さんこと 川上美也子のコラム http://karugamo.org/

6月のハエと奇跡

2009-06-25 07:15:04 | Weblog
数日前から一匹のハエが家の中を飛び回っている。

ゆうべは特にうるさかった。

おっと、今も私の周りを飛びだした。

眠れなかったので夜中に電気をつけて、
昨日やれなかった旅の支度を始めた。
すると、まあ、うるさい、うるさい!
私の周りをぐるぐる、ぶんぶん。

うるさーい!
五月の蝿と書いて「うるさい」のはず。
6月のハエのくせに静かにしろー!

すっかり目が覚めたので、起きて座椅子に座った。
ハエもついてきた。
くそー、ストーカーかい?
なつくんじゃないよ!

ついに、奇跡がおきた。
ここ2年ほど、物忘れが重症になっている私が、
10年以上使ってない「ハエたたき」を見つけたのだ!
たしかここだった…と浮かんで、奥の奥から掘り出した。

ふっふっふっふ…。
6月のハエよ。
私の前を飛んだらヤケドするよ。
私に惚れるんじゃないよ。

そのハエ、かなり頭がいい。
何故って、止まる時は、私の左手か左肩なのだ。
左手しか使えないのを知ってる…!

家族が起きてきたら、危ないからね。
体育会系多いから、ねーだっ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シリーズ日本の各月…6月

2009-06-24 20:46:18 | 五行歌
 6月は梅雨だ
 蛍と紫陽花が躍り
 カルガモが親子で泳ぐ
 私の最初の
 暑さバテの月だ 

たった今、できたてホヤホヤの歌です。

昨日、今日とおそろしいほど暑かった。
家の中なのに、汗びっしょり。
珍しく、シャワーを浴びました。
これはもう、真夏の暑さです。
しかも雨が降って、じっとり蒸し暑い。

このままだと私は明日あたり、今年1回目の
暑さバテでダウンすることでしょう。
毎年そうなんです。

でも、夕方、思いました。
ラッキー!
今回は回避しちゃえますよ!

明日の朝から恒例のおぢばがえりです。
外出となるとテンションがあがります。
環境も変わります。
そう簡単にはバテないでしょう。

しかも今月は、出先で部屋にこもって
ちょいと創作活動に打ち込む予定です。
ま、ベッドの部屋なので、寝てるかも、です。
エアコンがついてるので、暑くないでしょう。

全国展用の作品を仕上げてきたいと思います。
去年は「初心」と書きました。
今年は規定いっぱい75㎝×75㎝の二双紙に書く予定。
まだ具体的にはぼんやりとしか浮かんでいませんが、
先日カナダ大使館高円宮記念ギャラリーで拝見した、
イヌイット彫刻の躍動感とユーモアと崇高さ、
あの感動・イメージを書にしたいと思っています。

パソコンを持っていって、文章も書くつもり。

家にいたら汗をかくでしょう。

ベッドの上で、いびきをかく?

おっと、ここでは五行歌のことを書くつもりでした。
28日に、久しぶりに、奈良五行歌会におじゃまする予定です。

今月は13日には、こもろ歌会におじゃましました。

2年ぶりに、五行歌モードに突入できるのかな?

カルガモの母だもの、6月は動きまくれる月カモ。

即興おまけの歌

 カルガモなら
 梅雨には
 生き生き
 活き活き
 行き行き~♪
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

雨のあじさい

2009-06-22 00:35:23 | 五行歌
6月21日のあじさいです。
ベランダから、私の腕でせいいっぱいの写真です。
ブログ用にすると、よけいに見えづらいのですが、
雨のしずくが光っています。

宝石が 雨の雫のように
なのか
雨の雫が 宝石のように
なのか
きらきら
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日のあじさい

2009-06-21 16:33:19 | 五行歌
今朝は5時に目が覚めた。
気分がよかったので、カーテンを開けて外を見た。
雨だった。
昨日はまっすぐ伸びていたあじさいが、中心から
立ち膝で上半身を反らしたかのようになっている。
あっちゃー、かわいそうに、
雨が強かったのか、風にでも倒されたのか…。

早く写真を撮ってあげればよかった。
ごめん。気力と体力がなかったよ。

9時前から12時過ぎまで寝た。
目覚めた時に思った。
あんなに憂鬱で、年によっては死ぬかと思うほど
苦手だった梅雨が、ここ数年、そんなでもない。
全身がなんだかだるい、重い、そんな朝が続くのは
変わっていないのだが、深刻な状況には至っていない。

あ、そうか!
と思って、早速、五行歌にしてみた。

 長雨が気にならなくなった
 そうか
 外も見ないし
 どっちみち ずっと
 家にいるんだものねえ (6・21)

どうも、すっきりしない。
そうだ、前に詠んだ歌があった。
草壁主宰にほめていただいた歌だった。

        (№136)
 このごろ
 「疲れた…」と
 言わなくなった
 そっか
 ほとんど寝ているからね (2005・6・6)

なるほど、こちらの方がすっきりしている。
私が五行歌と出合った年の6月に詠んだ歌だ。
このころの方が、いい歌が詠めている。

どうしてだろうか…。

ちょいと、自分の歌をパクるとしよう。

 このごろ
 長雨が
 気にならなくなった
 そっか
 ほとんど寝ているからね (2009・6・21)

カメラを持ってベランダに出た。
1週間ぶりの、あじさい記念撮影だ。

雨は朝から降り続いている。
あじさいはバラバラに倒れかかったままだ。
おかげで、白い生まれたての花が4つ見えた。
それに、おかげで、
小諸のアドさんに教わった、あじさいの移植の方法、
反り返ってくれているので、やりやすそうだ。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今日のあじさい

2009-06-12 09:54:21 | Weblog
昨日、写真を撮るつもりでした。
午前中、小雨が降っていました。
もっとザーザー降って、うれしそうなあじさいを撮ろう!
梅雨入りしましたもの。
カルガモは弱いのですが、あじさいがよろこびそうな、雨。

そう思っていたら、いつの間にか、雨が止んで、
気がついた時には、陽が差していました。
あっちゃー…。

これから出かけます。
お泊まりしてくるので、写真を撮りました。
沢山の花がすっかり染まり、色づきかけの花は3つだけ。
帰宅して、再会する時には、もう染まって、
すっかり大人のかおになっているかもしれません。

いまのうち。
はい、ポーズ!
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

朝日新聞の1面より

2009-06-11 15:16:56 | ありのまま
昨日の「天声人語」は、うれしかった。
辻井伸行さん(20)の国際ピアノコンクール優勝について。

------------------------------
快挙を(全盲の日本人が優勝)と伝えられた。
ニュース価値はそこにあっても、競演の結果に(全盲)は要らない。
それは奏者の重い個性だけれど、審査上は有利でも不利でもない。
勝者が「たまたま」見えない人だったのだ。

と、さらに後半には次のような表現をしてくれた。

全盲ゆえの賞辞は、実力を曇らす「二つ目のハンディ」だった
のかもしれない。
------------------------------

カルガモにも、要らないものがいつもくっつくんだな。
脳性まひの…って。

さて、今日の朝刊の1面に辻井さん優勝の記事が載っていた。
さすがに、見出しに(全盲の)はなかった。
2カ所赤線を引いた。惹かれたからだ。

------------------------------
すべての感性を豊かに育てることが、音楽家としての人生を豊かにする。
いつ子さん(母)は辻井さんを、美術館にも積極的に連れていった。

「夢はモーツァルトやショパンのように、みんなに広く愛され、
弾き継がれる曲を書くことです」と辻井さん。
今後立ち向かうのは
「ハンディではなく、偉大な作曲家たちです」。
------------------------------

最後の2行に、私は、しばし留まった。
私だったら、どんな答えを言うかなあ…?
しばらくの後、
私だったら、「立ち向かおう」とは思わないかな、と思った。

もう、疲れることはしない。
ハンディとか、特技とかに、寄り添っていきたい、かな。
もう、ずいぶん頑張ってきたもの。

でも、それと同時に、辻井さんを見習いたい、とも思う。
ここ一番というポイントでは、やはり頑張らなくっちゃなあ…。

カルガモの夢は、辻井さんに負けないほどでかい、のだから。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何回も書き直し中ですが

2009-06-11 10:24:23 | 五行歌
今朝、別件でノートを出して見ていたら、
5月25日に書き留めた歌を発見しました。
それを、朝からずうっと、何回も書き直しています。
もう10回くらいかな?

まだ、「決まった!」という感触がこないのです。
長期戦になりそうです。

経過を書き留めておきたくなりました。

まず、この時点で、最終の出来上がりの歌

白い雲が
黒い影になって
山里を
悠々とすべってゆく
五月の風

これで果たして詠めているのだろうか…?

では、ノートに走り書きした歌から順に並べてみます。

白い雲が
低い雲も 高い雲も
一緒(ひとつ)になったり離れたり
山里を黒い影ですべる
五月の風  (5・25)

先月、四国をドライブしたときの自然の雄大な風景に感動して
書き留めたものです。

五月晴れの日、ぽっかり、ぽっかりと白く浮かんだ雲たちが、
ほどよい風に運ばれながら、黒い影となって、
小さな山や家々の屋根の上や田畑の上を悠々と移動していたのです。
青空に浮かんだ雲たちは、バラバラなのに
影となって動く時は、それぞれの雲の位置や風の強さによって
くっついたり、離れたりして、家族のように動いていました。
空中と地上で姿を変える、雄大なパノラマにうっとり…。

高さのちがう雲が
重なったり離れたりしながら
黒い影で
山里をすべってゆく
五月の風


高さのちがう白い雲を
黒い影にして
重ねたり離したりしながら
山里をすべらせる
5月の風と太陽


白い雲を
黒い影にして
山里をすべらせる
五月の
風と太陽

これを書きながら、「家族のよう」を入れたくなりました。
そこが私の感性だったような気がしてくるのです。


高さのちがう雲たちが
離れたりくっついたりしながら
黒い影で
山里をすべってゆく
まるで家族のよう


高さのちがう雲たちが
離れたりくっついたりしながら
山里をすべってゆく
まるで
家族のよう

これでは、風と太陽の魔法が消えてしまうなぁ…。

ま、今日は、これくらいにしましょ、っと♪
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

今日のあじさい

2009-06-07 19:02:28 | Weblog
たった3日でこんなに色づきました。
3日前、真っ赤だったとなりのツツジも変わりました。

ふだんはベランダまで歩くことは殆どしないのですが、
あじさいの季節はちがいます。

今月の初め、
「あ、そうだ、あじさい、蕾をつけたかな?」
と思って、久しぶりにベランダまで行ったのです。
見たら、な、なんと、もう咲き始めていたのでした。
成長した子を見た思いです。
うれしい、うれしい! しあわせ~♪

それからちょこちょこ歩いてます。
でも、ベランダのてすりに洗濯物(バスタオル)が
かかっている日は見えません。
手すりまで行く体力がない日はあきらめます。

今日は天気がよかったので、またデジカメを持って行きました。
カメラで撮って、パソコンの背景に貼り付けると、ふふ、
いつでも、じっとしてても、あじさいと対面できるんです。

6月7日、今日のあじさいです~♪
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

あじさい

2009-06-07 18:49:58 | Weblog
6月4日
ベランダの下のあじさいです。
10年近く前に鉢植えのあじさいを買いました。
花が4つついていました。

それをテーブルの上に置いて眺めました。
色紙を買ってきて、写生しました。
そこに、自分の思いを書きました。

 あじさい
 お前がいてくれるから
 今年の
 梅雨も
 生き抜ける


しばらく眺めたあとで、ベランダの下にそっと植えました。
ちっちゃな、ちっちゃな木が、こんなに大きくなりました。
今年は特にたくさん、花をつけてくれました。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

番組のご案内

2009-06-04 09:45:35 | Weblog

「番組をご案内」が届いていましたのに、うっかりしていました。

今夜から始まります。

--------------------------

●この4月に始まった教育テレビの「知る楽 仕事学のすすめ」
6月は、ユニクロを率いる柳井正さんに、経済評論家の勝間和代さんが、「わがドラッカー流経営論」を聞きます。

今もっとも活躍し、さらなる成長をめざす柳井さん。私も数回お会いしましたが、静かな口調ながら、力強く、信念のある、非常に魅力的な人物です。
ビジネスの世界にも、非営利の仕事にも共通して指針になる、おもしろくてためになる話が聞き出せています。
仕事の上で、人生の上で、参考になる点が多いと思います。是非、ご覧ください。

●「知る楽 仕事学のすすめ 柳井正 わがドラッカー流経営論」 ETV

第1回 顧客を創造せよ             放送 6月4日(木)22時25分から 再放送  6月11日(木) 午前5時35分から
第2回 人間が幸せであるために           6月11日                                         6月18日
第3回 主役は「知識労働者」              6月18日                                          6月25日
第4回 企業は社会の道具だ                 6月25日                                          7月2日

●番組HPで、内容をご覧ください
http://www.nhk.or.jp/shiruraku/thu/contents/index.html

見逃した方は、「NHK オンデマンド」でどうぞ
→ http://www.nhk.or.jp/



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加