ありのまま

カルガモ母さんこと 川上美也子のコラム http://karugamo.org/

斬新…結果

2008-08-29 08:16:09 | Weblog
書けました!
天理市にて、25日の午前8時半から午後6時まで、
一室に立てこもって…、バッチリ! 
書けましたよ。

かなり斬新です。
来月の「カルガモ書作展」に出品します。
表具屋さんにお渡ししたので、仕上がりが楽しみです。

表具屋さん曰く。
「長いこと川上さんの書みてますが、変わりましたな。
これまでは、ま、ゆうたら、あ川上さんの字やってわかりましたが
こんなんわかりませんわ。何か、新しいものを拓いてはるような
気がしますわ」

自分にはわからないです。
すごくうれしいです。
ただひらめいたように書いてるだけです。

ただ、沸々と何かが湧いてきています。
「長生きしたいな」と思いました。
コメント (6)

斬新

2008-08-23 09:18:25 | Weblog
おはようございます。

今朝はいつもより2時間早く目覚めて、その時に。
ひらめきました。
新しい書。

起きて、ノートに書き留めました。
おもしろい。
あれこれ拡がって、ちょい遊びすぎ?

実際に、紙に向かうのが楽しみです。
全然出来ないカモしれない。
でも、斬新な作品が出来るカモ。
コメント (3)

去年の記事より

2008-08-22 21:51:38 | Weblog
2007年8月23日の記事です。
------------------------------
 タイトル「行ってまいります」

書作展の搬入が明日の午後なので、
私は明朝6時半に家を出ます。

五行歌を色紙に清書したいと思っていました。
でも1枚も書けませんでした。

一昨年の3月に五行歌と出合い、この年8月の書作展には
詠んだ五行歌を全てを、色紙に書いて展示しました。
172枚ありました。

去年はあちこち具合が悪くなり、しばらく左手が使えなりました。
それでもなんとか173から200までを、色紙に鉛筆書きにして、
カルガモ母さんの五行歌第一集1~100、第二集101~200、
去年から今年にかけて、2冊出版させていただくことが出来ました。

今年は、201から400まで書きたいと思い、サインペンや
コンテを買ってきて、書いてみました。が、うまくいきません。
いよいよ、書作展を間近にして、ひょっとしたらまた、唯一使える
左手が使えなくなるのも承知の上で、なんとか書きたいと思いました。
せめてフランス展に出品予定の秀歌30枚だけは書きたかったのです。
でも結局、「さあ書こう!」と思える日がきませんでした。

それはそれでいい、と今は思っています。
とりあえず未発表の、173~200の28枚と、一昨年展示した作品
から3,40点を荷作りしました。
------------------------------

10月7日の朝フランスに発ったのですが、そのフランス用の五行歌色紙
を書けたのは10月になってから、出発間際のことでした。
突然その朝、「今日は書けそう!」と思い、一気に書けたのでした。

おかげで、再び色紙に書ける希望が生まれました。
約1年かかりましたが、201~400の二百首を清書出来ました。
1ヵ月後に迫った、今年のカルガモ書作展に出品します。
おかげさまで何とか再び鉛筆を持つことが出来ました。

毛筆書のほうは実はまだ、やる気が出ません。
27日に表具屋さんにお渡しする約束をしました。
24日から27日まで、天理市の詰所の一室で頑張ってきます。
さあ、どんな作品が出来るかな?
私自身もわかりません、ふふ、楽しみです。

今日は疲れました。
首と肩がボチボチ限界みたいです。
休みます。
コメント

ぼちぼち集中モードです

2008-08-22 09:21:09 | Weblog
今朝は抜けていた色紙一枚書きました。
これで五行歌400首、色紙に清書出来ました。

今テーブルの上にパソコンとワープロを出しています。
ワープロが乗ると、いよいよ執筆(?)モードなのです。

コーヒーなど飲んで、しゃきっとして、
ぼちぼち集中モードに入ります。

「カルガモ書作展」まで。あと1か月です。
その前に講演2ついただいています。
ファイト!!
コメント

オリンピック観戦より

2008-08-19 23:43:46 | Weblog
金メダル候補がミスった。

勝負が終わって。
2位3位が飛び上がって喜んでいた。
1位になった選手が泣いて、喜んでいた。

1人が地獄、3人が天国、の図。

テレビのこちらで、世界中で勉強していますよ。
コメント

3度目の夏バテ

2008-08-17 20:08:12 | Weblog
昨日は35℃、今日は25℃。

昨日の午後、体調が変で、もしかしたら夏バテ?
いや一日経てば、回復してるだろうと期待した。
今朝は寒かった。
一日中寒かった。

かなりのダメージだ。
やっぱり今年3度目の夏バテみたい。
コメント (3)

ムラムラと

2008-08-14 10:38:10 | Weblog
今朝はムラムラと、創作意欲が湧いてきています。

先日の「落選」の目覚ましと、昨日の感動のおかげでしょう。

昨日の百点の、これでもかこれでもかと惜しみなく迫ってくる、
凄すぎる名作の中から、特に私を捕まえたのは3作です。
・度肝を抜かれた大観の富士山の屏風絵
・芦雪のド迫力
・等伯の品と間

特に、最後に展示されていた大観の富士には言葉を失いました。
「雲中富士図屏風」6曲1双

圧巻でした。

「私にもこんな贅沢出来るかな?」
「出来っこないや」
「一生かけても?}
「出来ないよ。だって、桁外れの感性と財力が必要だもの」
「うーん、ない…」
「まさに大観…」

ふと
「やっぱり私も挑戦したいなあ…」
モネの家で感じたことを思い出した。
「生きている間にお金持ちになれたら、
お金にこだわらない作品作りに挑戦出来るのだ!」

「」は全部私一人の問答です。
一生の憧れ、かな? 目標かな?

「やっぱり屏風に挑戦したい!」
「はいはい。でも財布の中は10円玉と1円玉しかないよ」
「夢は夢だ。ガンバレ私」

ps
http://www.diam.co.jp/special/kokka/
毎度リンクはれないですみません。


コメント (2)

元気をもらう

2008-08-14 03:50:55 | Weblog
昨日(12日)はまあまあの体調でした。
今日(13日)は朝からだるくて、着替えるのも億劫、でも、
先日の美術展搬出の日でどうしても出かけなくてはいけません。
ヘルパーさんも来てくれたので思い切って出かけました。

予定通り、まず上野の国立博物館まで足を伸ばしました。
「対決・巨匠たちの日本美術」を観たいと、ずうっと思っていました。
7月8日から始まって、8月17日に終わってしまうのです。

運慶VS快慶 雪舟VS雪村 永徳VS等伯 長次郎VS光悦
宗達VS光琳 仁清VS乾山 円空VS木喰 大雅VS蕪村
若冲VS蕭白 応挙VS芦雪 歌麿VS写楽 鉄斎VS大観

ウイークディなのに、ものすごい人でした。
本当に見応えがありました。
約100点も展示されているのです。
時間が1時間半弱しかなくて、後半は素通りでした。
ああ、もったいない。

上野に近い方、お勧めします。
あと4日しかないし、超混んでいますが。
ああ、もう一度行って、じっくり観たいです。
やはり車椅子では、よく観えないのですが、ね。
でも大体、無料もしくは半額とかではいれるので、ありがたいです。

家に帰ったのは午後6時でした。
もうへとへと。
なのに遅くまでオリンピック観戦。
女子バレーが勝ってくれて疲れが飛びました。
私、中学校の部活、バレーでした。
ふふふ、「排球」と呼んだ時代です。9人制でした。

 
コメント

生きる

2008-08-11 19:58:43 | Weblog
今日はとてもしんどい。
身体中、なんかおかしい。
全身だるくてたまらない。

もしかして、また夏バテか?
いいえ、そうかんたんにバテていられないぞ。

 ピンチだ
 さあ
 強くなれ
 母の進化は
 止まらないぞ

女は弱い。
私は、母だ。
母はつよーい!!
コメント (2)

落選

2008-08-10 02:23:48 | Weblog
早く記事を書こうと思っていたのですが、
なかなか自分のことに集中出来ないでいました。
自分がなすべきこと、自分のペースになかなか戻れない、
切り替えが悪い、そんな自分を責める自分がいて…。

まごまごしていたら、もう10日になっちゃったので、
ともかく報告です。

東京都の障害者総合美術展は本日が最終日です。
会場に私の作品は展示されていないのです。

でも、カルガモが足元にも及ばないすばらしい作品が
200点も展示されています。

もし池袋まで足を運んで下さって、私の作品を探された方が
いらっしゃいましたら、どうかお許しくださいませ。
今年は初めて、「落選」してしまいました。

会場でじっくり反省させていただきました。
いつのまにか入選するのが当然のように思い、
謙虚さを失っていました。

展示された作品は、とびっきりの感性、あるいは地道な努力に
足を止めて唸ってしまうほどの宝物たちばかりでした。

私の感性は中途半端で、彼等に比べたら殆どないに等しいし、
それなのに全くと言っていいほど努力していない。
そこに、やっと気がつきました。
落選、は当然だと思いました。
あと、私に限って言えば、危機感とか、闘争心とかも、
必要なのではないかと思いました。

初心に戻って、ゼロから頑張ろう、と思います。
コメント (2)