AID STATION

今を精一杯生きたい

橘湾岸217km~累積高度&関門時間のダブル苦

2018年10月30日 15時08分07秒 | 日記

橘湾岸217kmの新コース、「伊王島コース」「子々川コース」を実際走ってみた。

●「伊王島新コース」: 江川交差点から折山までの31km。

伊王島は迷路のようです。メインの道をほとんど行かない。伊王島海水浴場に入る所から、狭い道へいきます。

海水浴場からは裏手の道を上ります。この道は地図にはありません。

上ったところは4差路になっており、どの道をいくのかわかりづらい。

灯台の奥に展望台があった。おそらくここがCPなのでしょう。驚いたことに、ここに水道・トイレがあった。

灯台を終えて戻ると、さっきの4差路にくるが、どの道へ行くのかわからない。正解は右の狭い道を上るのだが、前回はまっすぐ行く人が多かったとか。

その先も道が分かれている所が5か所あり、どっちに行くのかわからないところがあった。普通は幅広い方の道に行くが、この大会では狭い方に行く方が多い。要注意。

ただし、道を間違ったとしても、小さいしまですので、海岸沿いに出れば、島からでることは可能。時間がかかるだけで、迷子にはならないでしょう。

今回のコースと車が行く道路の距離は、車が行く道の方が1.5km短い。車を避けるために、安全のために遠回りしているのか、変化のあるコースにしたいからか?

●「子々川新コース」:横道から子々川、光風台団地、多以良、あぐりの丘までの25km

17kmの豊洋台団地まではまあまあのアップダウンだが、そこから地獄。まず、2.5kmの下りの連続。そのあとはあぐりの丘まで4.5kmの上りの連続。これはきつい。

累積高度を調べると、萩往還250kmは3665m、橘湾岸273kmは5519m。そしてこの217kmは4769m。萩往還250kmと橘湾岸273kmの中間の値。

萩往還250kmより距離は短いが、累積高度は1100mも多い。いかにハードなコースかがわかる。

217kmはコースもすごいが、もうひとつ選手にとってきついことがある。

関門時間が選手によって異なり、走るのが速くても、速い人は関門時間も早くなるので、時間でもハード。累積高度と関門時間のダブルハードで217kmは273kmよりもきついのではなかろうか?

●「伊王島コース案内」    調べた範囲でコースの地図を作ってみました。

http://ultramaranic.sakura.ne.jp/18103002.pdf

●「子々川コースガイド:

http://ultramaranic.sakura.ne.jp/18103003.pdf?fbclid=IwAR1_DyTQMenRvwfPlE9DoMwqf-1h9FM1ZToVTa2Ac5gruZKs6JzrlPKq7_4

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 橘湾岸~100kmのデータ | トップ | 橘湾岸103km~78歳完踏! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事