AID STATION

今を精一杯生きたい

九重14座~金龍ランナーが集まる?

2018年11月13日 08時58分18秒 | 日記

 久し振りに九重に行った。阿蘇の震災以来、山に行くことが少なくなり、九重にも4年間行っていない。また日曜日はランの予定がたいてい入っているし、たまに予定がない時でも、天候が悪く、トレランには向いてないことが多かった。

しかし今回、予定もなく、天気予報が「晴れ」。登山指数も「A」評価の日曜日となった。これを逃したら、またしばらくは山に行くことはなかろうと思い、久し振りに九重に行くことに。佐賀のラン友がついてきてくれるということで、2人で行くことになった。

●目標14座:  どうせ行くなら、おもしろいことをやろうと計画。そこで、1日で何座登れるか挑戦することに。以前、12座したことがあったので、そのコースを利用して「14座」のコースを考案。予定では11時間かかる。そこで午前5時牧ノ戸峠をスタートすることに。途中で無理と分かればショートカットするつもりだった。

●三俣山周回:  今回の大きな目標は三俣山の周回。三俣山は5つの山から構成されている。これまで本峰、西峰、南峰の3つには登ったが、近くにあるので三俣山は5つで1座と言っていた。

しかし今回5座すべて登ってみて、5座すべてが大変な山だとわかった。とくに北峰は超ハード。これらを1座に計算するのはおかしい、5座として数えていいと思った。

●金龍ランナー: 途中、法華院で休憩した。坊ガツルにラン友がキャンプしているというので寄ってみた。ちょうど朝食時で、我々もご飯をいただいた。6名でキャンプしていたが、ナント!6名全員、橘湾岸の金龍ランナー!我々2人も金龍ランナーであるので、ここにいる8名全員金龍ランナーになった!!

<類は類を呼ぶ・・金龍は金龍を呼ぶ>

「14座を走ろう」とか、「坊がつるでキャンプして酒飲んで、山を走ろう」とか、考えるのは普通の人間ではありません。金龍のような変わった人間が考えること・・・・話がもりあがり、30分も休憩してしまいました。

●10時間で終了: 天気も良く、風も微風、気温も10度以上で暖かく、コースアウトもせず、順調にいったため、午後3時、予定の11時間より1時間も早く14座を登頂することができた。

しかし、もう脚はパンパン。あとひとつ山に登ろうと言われても、もう脚が動がない状態になった。私には14座が限界。

●32座はすごい: 6月にクラブの隈元君達が九重32座を34時間で制覇している。彼らも最初の10時間で14座登っているので、我々と同じペースであるが、彼らはその後も18座を登っている。もう信じられない。ものすごい脚力がないとできないと思う。

九重は筋トレにもなるし、景色も最高。今回十二分にトレイルを満喫できました。また、おもしろい企画を作りましょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 橘湾岸~結果をみて | トップ | さくら道国際ネイチャーラン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事