AID STATION

今を精一杯生きたい

正確な恵方

2019年01月12日 10時00分36秒 | 日記
コンビニで「恵方巻き予約受付中」とい表示を目にするようになりました。いつも、指定された恵方の方角を向いて、のり巻き食べていますが、方向はどうやって決めてあるのか、調べてみました。

「十二支」と「十干(じっかん)」の組み合わせで60通りの干支というのを決めて、それを並べて毎年決めているようです。

詳しいことはここではやめときます。

わかったのは、恵方の方角は4つしかないということです。

①75度、②165度、③255度、④345度

これを方位図にあてはめると、右の表のようになります。今年は「東北東」と言われてますが、恵方の角度は75度ですので、東北東(67.5度)とは7.5度ズレています。

くわしく見ると、左図のように「東北東より東に7.5度ズレ」、もしくは「東より北の方に15度ズレ」となっています。

そこで、正確に恵方の方向を見る方法を考えました。真東を見て5m先の何m左を見ると恵方の方角になるのか調べてみました。

1mでは近すぎるので5mにしました。計算式はTANθ=A/Bから、A=B*SINθ で求められます。   θ=15度、B=5m として・・・

A=5mX(0.26)=1.3m となりました。

つまり、家の中で、真東を向いて「5m先の左1.3m」に体を少し回すと、正確な恵方の方角になります。

恵方巻きのお作法というのがありました。

 ①恵方巻きを切らない

 ②恵方を向いて黙って食べる

 ③目をつぶって願い事を思い浮かべる

だそうですが、大きい恵方巻きを1本、一気には食べられません。説明にも切って食べてくださいと書かれていました。

さらに、太巻き寿司で18cmぐらいあるものは、1本700Kcalもあります!コンビニで売っている「海鮮恵方巻き」は300以下。コンビニのミニサイズが手頃です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 阿蘇行儀松ルート探索 | トップ | 新・萩往還マラニックレース »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事