AID STATION

今を精一杯生きたい

橘湾岸317km参加基準

2018年10月12日 07時20分31秒 | 日記

「橘湾岸317km」

「317km」は本当に開催されるのか?冗談か?・・・・と選手間では噂になっていましたが、今回、参加条件が発表されました。開催は来年秋。やはり、本当に開催するようです。

1ステージで317kmというのは、日本最長マラニックではないでしょうか?300kmは「九州縦断」と同じ距離です!普通、宿泊を入れて2~3ステージで行われます。

「317kmハイパーW(H部門)」の参加条件。

・第1優先:E(217km)部門の完走者
・第2優先:W(273km)部門の完走者
・第3優先:L(173km)、P(100km)両方の完走者、3回以上参加。

スタート時間について「8時ぐらいになるだろう」と書いてあります。これは結構きつい。午前8時スタートですと、関門時間が57時間になります。

私は数回、九州縦断をしましたが、最高タイムは64時間です。7時間も違います。レースと個人ランでは違うかもしれませんが、時間の差が大きすぎます。

昨年の273kmの全選手の記録をみると、ラストの100kmには19~20時間かかっています・・・・となると、小浜までの217kmを37時間で着かないといけません。

今年の春に行われた217km(E)の完走者39名の記録をみると、全員35時間以内でゴールされていますので、217kmの完踏者は317kmの完踏の可能性は十分あるようです。

私の場合、273kmを47時間で完踏しました。ということは57-47=10時間。増えた44kmを10時間で行けば、完踏ができます。

317kmでの44kmは6時間というわけにはいきません。九州縦断300kmを数回しましたが、最後はキロ12分のペースです。44kmX12分=8時間48分。10時間に1時間余裕あり。なんとかギリギリで完踏できる程度です。

スタート時間が午前8時ならば、273kmを50時間以内で走らないと、317kmの完踏はきびしいようです。昨年までの273km完踏の選手データをみると、50時間以内の選手は48%(65名)で、半分もいません。これはきびしい。

果たして、317km、何名が完踏できるでしょうか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 橘湾岸217km~スタート時間 | トップ | 橘湾岸~317kmゴールの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事