AID STATION

今を精一杯生きたい

橘湾岸103km~78歳完踏!

2018年11月04日 07時06分57秒 | 日記

「橘湾岸スーパーマラニック103km」に参加した。今回は78歳のⅠさんと一緒に参加。

Ⅰさんとは10数年、一緒に「萩往還マラニック250km」などウルトラマラニックを走った仲。しかし、ここ数年、足腰のトラブルが発生して大会には一切出場していないとのこと。

しかし、日々のトレーニングはやられているとのことだったので、「関門時間が長くてゆっくり走れるウルトラマラニック大会があるが、参加してみませんか」と声をかけてみた。断られるかと思ったが、「制限時間が長いなら出てみましょう」と意外な返事・・・ということで今回、2年ぶりの大会参加となった

「橘湾岸103km」は、眉山ロード越え、雲仙温泉越えと超ハードなコース。阿蘇カルデラ100kmが累積高度が1641mに対して、橘湾岸100kmは1825mとカルデラよりきついコース。橘湾岸はカルデラより2時間は余計にかかるといわれている。

そんなコースに誘うのはおかしいと思われるかもしれないが、Ⅰさんにとってはコースのアップダウンより重要なことは「制限時間」。

大抵の100km大会は制限時間は13時間半~14時間。多くの年配ランナーはこの制限時間ではゴールはきびしい。それに対して、橘湾岸103kmは、80歳以上、70歳以上、リタイヤ回数で、制限時間が変えてある。ゴールの最終時刻は「午後5時」と全員一緒だが、スタート時間をずらして制限時間を調整してある。

最も早いスタートは午後9時で80歳以上の方、以後1時間ごとにスタート。最も速い人は午前2時、と6つのスタートに分かれている。Ⅰさんは午後10時スタートになった。これなら完踏の可能性は十分ある。

 参加者362名。11月2日午後10時スタート。このスタートには70歳以上の方々10名がいた。I さんが最高年齢。今は足の調子がいまいちとのことで、サポーターをして出走・・・完走してくださいとエールを送った

私は午前1時にスタート。45kmあたりでⅠさんに追いついた。時間をみるとかなり遅い。「このペースではゴールは難しいな」と思った。最終関門は96.7kmの午後4時10分だが、それに間に合うか?

私は午後3時過ぎにゴールして控室で休憩して、Ⅰさんのゴールを待った。最終関門は96kmの午後4時10分。

午後4時10分になったが、何の連絡もない。関門は通過できたのだろうか?通過できたら、連絡してくるのでは?・・・・などいろいろ考えた

午後4時11分、ボラの方から「Ⅰさんが最終関門を通過したそうです」という情報が入った。控室にいた一同大歓声。私は目頭が熱くなった(よかった)。なんと、10秒前に関門を通過し、関門手前ではダッシュしたとのこと、すごい気力。

 この直後、Ⅰさんから電話。「今、最終関門を通過しました。しかし、脚が動かずゴールまでかなりかかりそう。フェリーの最終便に間に合わないと思うから、先に帰ってください」。

「何言ってるんですか!Ⅰさんのゴール見ずに帰れませんよ。何時間かかってもいいです、私達は待ってますから。フェリーでなくとも高速道路でも帰れますから、とにかくゴールをめざしてください」

午後5時半過ぎ、最終ランナーのⅠさんが、薄暗くなった中、姿が見えました。やや体が傾いていましたが、足取りはしっかりしています。

ゴール!!周囲にいた人達から大歓声、万歳のエール。涙が出ました。大会会長からも「Ⅰさん、おつかれさまでした。見事なゴールです。すべての関門をちゃんと通過されました。正式なゴールです」と祝辞。

 レセプションが終わり、すぐに車で島原外港へ飛んでいきました。これまた、ぎりぎりで最終便のフェリーに乗ることができました。今日はⅠさんのための日のようでした。

Ⅰさん、車の中で・・・「来年、どうしましょうかね」

★橘湾岸103km完踏アルバム

http://www.ultramaranic.sakura.ne.jp/xa18tatibana.html

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 橘湾岸217km~累積高度&関門... | トップ | 橘湾岸~結果をみて »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事