AID STATION

今を精一杯生きたい

橘湾岸217km~予想タイム

2018年12月06日 11時15分11秒 | 日記

 

 

 

 

 

 

 

 

来春の橘湾岸217kmのスタート時間も決まりましたので、どんな展開になるのか、昨年の自分の記録と試走でのタイムを参考に、どのくらいで走れるかシュミレーションしてみました。

●最初の関門: 深堀江川交差点(70.5km)

新コースの「横道」~あぐりの丘CPまで(26km)は試走してみて、4時間近くかかりました。途中、ものすごい長い上り坂があります。

それに、昨年の記録を加えると、15時45分(8時間45分)ごろに通過しそう。

関門時間は17時ですから、1時間前には通過できそう。

●権現山CP(113km): 関門時間0時

新コースの深堀江川交差点~折山(伊王島往復・30km)は試走してみて、4時間近くかかりました。ここはコースアウトしやすいので、要注意です。多くの選手が1回はコースアウトすると思います。

昨年の記録を参考にすると、22時に到着しそう。2時間も余裕あり!?

●川原公民館(川原老人の家エイド・143km)): 関門時間4時半

ここまでの道はアップダウンがきつい。昨年はエイドの手前で左に曲がらず、まっすぐ行ったため、エイドに行けなかった。

昨年のタイムだと、午前3時に着きそう。1時間前には着きそう。

●茂木エイド(159km): 関門時間6時

ここで、仮眠の予定。仮眠なしで200kmは危険だし、かえって時間をとってしまう。

昨年の記録では、5時半ごろに着けそう。関門の余裕が30分に減ってしまうが、仮眠は必要。

●日見公園エイド(173km): 関門時間10時

9時到着予定。1時間の余裕あり。

●千々石エイド(207km): 関門時間15時40分

15時前には着きそう。1時間の余裕あり。

・・・以上。体調が悪くならない限り、昨年のペースで行けば、1時間前にゴールはできる計算となりました。さて、どうなることやら・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 橘湾岸スタート時間 | トップ | 冬至の前後1ヵ月間は変わらない »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事