ゆるゆるらいふ

とりあえず、今日も一日機嫌よく・・・

秋の気配・・・夏から秋へ

2021年09月12日 | ガーデニング

8月の半ばくらいから毎年に庭に群生するこの薄紫の花。

フジバカマだと思っていたけど

アゲラタムっていうよく似た花があるみたいで、

どっちなのかよくわからない。

夫が野菜を植え始めて、ずいぶん掘り起こしたので、

今年は咲かないかも、って思っていたけど、ちゃんといつもの場所に咲いている。

植物ってたくましい。

その時植えた野菜たち。

黄色いトマト

なす

キュウリはうっかりしていたらとんでもない大きさに・・・

こぼれ種からぐんぐん大きくなった大葉もこの夏の薬味に大活躍。

この夏は水鉢の花もきれいに咲きました。

ミニ睡蓮は何年かに一度しか咲かなかったのでなんだかうれしい。

春に一度咲いたオモダカがもう一度。

小さなヒマワリみたいなルドベキアもどんどん増える。

じわじわと日が短くなって

庭のあちこちにあったセミの抜け殻も見かけなくなってきた

夏の間、鮮やかなピンクで楽しませてくれたサルスベリも散り始めた

変わって秋桜がちらほら咲き始める

フラワーアレンジの残りを挿し木したオランダセダムは

どんどん増えて2鉢になった。

植えた覚えのないムラサキシキブの実がどんどん色づいてくる

隣同士のシロヤマブキの黒い実とオトコヨウゾメの赤い実が対照的

実が色づいてくると秋を感じます。

オリンピックとコロナに明け暮れた夏が終わろうとしています。

去年のこぼれ種から芽を出していた朝顔をまとめてプランターに移してみた。

つるはこれ以上伸びなかったけど、花は咲きました。

これが最後だったみたい。


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 「砂の女」~久しぶりの観劇 | トップ | のんびり写経 »

コメントを投稿