ゆるゆるらいふ

とりあえず、今日も一日機嫌よく・・・

あったか(温か)貯金

2018年01月18日 | 友達
仕事部屋の作業台の足元にある、箱の中を整理していたら、手紙の束を発見。

こんなの読んじゃうと先に進まない、
ってわかってるけど
ついつい眺めていたら、
こんな年賀状がでてきた。

いよいよ4月から大学4年生になろうか
という年のお正月のもの。

差出人は大学の同級生の女の子。
工業大学の建築学科に
女子は4人しかいなかった。
そのうちの一人だ。

大学に入学した年、
家庭内で人生が変わるような最悪の出来事があり、その後、私は、
大学中退という選択を迫られた。
切羽詰まった私は、高校の恩師の力を借りて、
やめた、と周囲に嘘をつき、
バイトと奨学金で生活費と授業料を捻出して、大学に通い続けた。

この葉書をもらったころ、
私はへとへとに疲れはてて、
不安でいっぱいだったんだと思う。
このあとの期末試験で
4年生になれるんだろうか・・・。
卒論とバイトと就活は
両立できるんだろうか・・・。
ちゃんと卒業できるんだろうか・・・。

私はきっと、彼女達に
泣き言を言ったのかもしれない。

そんな私を励まそうと、日頃口べたな彼女は、すぐ近くのアパートに住んでるのに、
わざわざ年賀状にこんなことを
書いてくれたのだと思う。

無事に就職も決まり、卒論も提出し、
今も建築士として仕事を続けていられるのは、
彼女も含めた、私の周りの人たちのおかげに
他ならない。

私は、出会う人に恵まれていると思う。

私以外の3人の女友達(後に一人はリタイア)は、いつも近くにいてくれて、
バイトに追われ、勉強する時間の少ない私をフォローしてくれた。
変な同情をしないで、「普通」に接していてくれたことで、私も「普通」でいられたのだと思う。

彼女たち以外のたくさんの大学の仲間も、危なっかしい私をまるでお兄さんのように
温かく見守っていてくれた。

後輩たちは、
課題の提出に間に合わなそうな私を気遣い、
提出前日の夜に
連れ立って手伝いに来てくれた。

高校の恩師は私にチャンスをくださった。

同じように嘘をついて学校に行っていた妹は、
今も妹と言うよりは一緒に窮地を切り抜けた
同士のようだ。

バイト先の大人たちは
生きる知恵を教えてくれた。
そして、
「お世話になっているのに
何もお返しできない」と言った私に
「大人は今のあなたにお返ししてもらおうなんて思わない。もしもあなたが大人になって、
今よりも力をつけたときに、助けを必要としている人がいたら、その人に手を差しのべなさい。
それが私達への恩返しだ」
と言ってくださった。

ずいぶん大人になったけれど、
ちょっとこれは
実行できてないかもしれない・・・。

偶然にも、昨日の朝、
この方からものすごく久しぶりに
お電話をいただいた。
こんなことを思い出していたこのタイミングで、とちょっと鳥肌が立った。

今、75歳になったけれど、バリバリと仕事をなさっているらしい。
お元気そうで何よりだ。

ある日突然、
ぽんと社会に投げ出されてしまって、
20歳そこそこの小娘だった妹と私は、
途方に暮れたけれど、
皆さんのおかげで、自暴自棄になってすべてを投げ出すようなことをしなくて済んだ。

もしもあの時・・・

学校を辞めて、不本意な職業についたとしても、
誰かと出会ってそれなりに幸せになっていた、
かもしれない。

けれど、
もし何かうまくいかないことがあった時に、
私はきっといろんなことを他人のせいにして、
くすぶって生きていたように思う。

自分に向けられる温かさは、
貯金のように心の中に貯まっていく、
と信じている。

温かい言葉達は、
そのときに感じた私の中の温かな思いは、
ばらばらに心の引き出しに詰め込まれているけれど、色々な場面で引っ張り出されて、
それに励まされ、
温かだったその人たちを思い出し、
背中を押され、
ちょっと力が湧いてくる。

昔読んだ、マンガのセリフを思い出す。

幼い女の子が「雪女」のお話を聞いて
「雪女さんは悪い人なの?」
と父親に問う。
父親はこう答える。
「世の中に悪い人はいない。
いい人と寂しい人だ。
寂しい人は温かい心をあげればいい人になる」

きれいごとだ。
けれど共感できる部分も多い。

このとき、このハガキを私にくれた大切な友人は、卒業の数年後、25歳にもならないうちに、
交通事故で命を落とすことになる。

一緒に年を重ねて行きたかった。
「あのときはね~」と笑って話したかった。
本当に悔しく、残念でならない。

幸せなことに、
今も私は温かい人たちに囲まれている。
あったか貯金は増え続けている。
ありがたい。

たった1枚のはがきを見つけたことで、
物凄い数の引き出しを開いた気がする。
そして、また少し前向きな気持ちに
なれたと思う。

このブログを読んでくださった
大学の同級生のみなさん、
久しぶりに、小さくて細くてかわいらしかった桂ちゃんのことを思い出してみてください。










『友達』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 新春ランチ会 | トップ | 雪の日 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
減らない貯金 (はんこや昭ちゃん)
2018-01-19 09:44:56
タイトルの「あったか(温か)貯金」がいいね!

この貯金は減ることがないのが大きな特徴で

思い出すごとに利子がついて増えたりする

私は自分が与えたその人にとっての貯金はすっかり忘れてしまって、与えられた貯金をよく覚えている

だから幸せなのかもしれない

だって、生きている限り返せる喜びをずっと続けられるのだから(*^_^*)

あきちゃん、いつもありがとう♪
Re:減らない貯金 (karm52919)
2018-01-19 11:56:32
こちらこそ、ありがとう❗
昭一さんをはじめとするみなさんには、お兄さんのように見守ってもらってたな、と今更ながらみなさんの寛容さに感謝です。
これからもよろしくお願いします。

コメントを投稿

友達」カテゴリの最新記事