心の向くままに、素直な想いのままに

日々の出来事や想いを、
真っ直ぐな心のままに綴って参ります。

子供のスダチ

2016-05-29 | 日記




子供は、子供自身で

人生を歩んでいる

それぞれの人生がある

そらはもう、産まれた時から


親は、それを見守っていくしかない

ただただ見守る


子供を育てるのに

社会に出て、しっかりと生きてゆける

生き抜いてゆける人間でなくてはならない


生まれてからのその過程全部が

影響してくる


子供は、いつまでも子供だけれど

親子の関係は


やはり変化してくるものだ


親の手がなくては死んでしまう乳幼児

社会の関係を経験してくる幼児期


親より、友人、恋人が大切になり

かけがえのないものとなってゆく


成長だ


自分もそうだったように

親から離れてゆくのが


巣立ち


いつも応援しているから



いつからか、応援されているようになった


しっかりと成長してくれて


こんなに嬉しいことはない



ありがとう



きちんと育ってくれて




たくさん学ばせてもらった



本当にありがとう





キミに幸あれ!!





人生の長さ

2016-05-04 | 日記



命は、どこまであるかなど、わからない

でも、日々、覚悟を持って生きていなければならない

いつもそう思っている


人生の折り返し地点を過ぎて

残りの生きていられる時間の方が短くなった

毎日を楽しくとか


そういう想いや気持ちもわかるけれど

私は、ただただ私でいたいとそう思うのだ


しかし、本来、それではいけないのだろう

自分が優先になることはいけないし

相手や周りのことを考えないといけないのだろうから


ここまで生きてきて

まったく今回もなにも勉強できてないじゃないかと

きっと、ご先祖様たちは口を揃えていうかもしれないが


そうだよな

きっと

亡骸になってから、回想があるとしたら

まだまだだったとか思うのか・・・


しんどいな



自分を殺してきたよ

それがいいとも悪いともわからずに

でも、

なんだか

何をやっても、OKがでるような人生は送れない気がする


どんなに真摯に生きてもだ



だから

自棄になるというのは

もってのほかなのだろうけれど


そうでなくて、

何をやっても否定され続けるって

かなりきついってこと


まぁ

私が未熟が上にそう感じるのだろうけれど


じゃぁ、どうすりゃいいんだってことだよね



なんか


難しい





人生って