心の向くままに、素直な想いのままに

日々の出来事や想いを、
真っ直ぐな心のままに綴って参ります。

心地よく生きるために

2014-07-30 | 日記




もし、家族という形態があれば

その中での生活があるのならば

やはり、その中で心地よく暮らしてゆくために

それぞれが思いやって生きることは不可欠であると思います

家族だから甘えきる

のではなく

思いやってこその成り立ちだと思うのです

家族だから、なんでもぶつけ合っていいというのは

一論あると思いますが

結局、一方的なものになり兼ねません

それでは、相互関係は崩壊します

お互いにそれは、必要に、思いやりがなければ

その関係すらも失ってしまいます

人との関係とは

そういうものであると思います


意識を持てない人

2014-07-30 | 日記



相手を思いやるとか

出来ない人って

そもそも・・・

備わってないのでしょうかね?

でも、日々生きてゆく中で

これまでの人生の中で

集団生活の中で

他の人の意見や行動を見ながら

考えて学んでゆこうとは

思わないものなのでしょうか

私は、そこがとても不思議

良いと思った行動を誰かがしていれば

自分もそうしようとか

思わないのでしょうか

誰かのためにとか

思えないのでしょうか

常に、自分だけが主役でいるのでしょうか

それって、やはり

幼少からの繰り返しの訓練だと思うのです

心の中にある気持ちも重要だとは思うけれど

それよりも

自分で考えてゆくことなんじゃないかな?って

思うのです

それがたとえ間違っていたとしても

そうじゃなくて

そういうように、考えたり、実際に自分も行動してみたり

というのが

大事なことなんじゃないかなって私は思うのです

だから、本当は私も、人のふり見て

自分を正してゆかなければいけないのですけれどね

それができていないのは

やはり、まだまだ足りない部分が多いのであろうと感じます

本当に

情けないなぁ・・・自分





疲労

2014-07-30 | 日記




本当に、とことん疲れてしまっているのだと

わかります

自分が心身ともに、リラックスして本当に安らげる時間も場所も

私にはないんですね・・・

常にこのような状態では、当たり前ですが心も体も崩壊してゆきます。

どうしたって・・・

休むこと、できないんですもの

そんな人生、無理です

仕事して家事して、一息つく暇なく家族が帰宅してきて

しかも毎日毎日相当不機嫌で帰宅してくる

あのさぁ、って思うよ

気を遣えとはいいません、もう無理でしょ、ここまで生きてきて

そういうことできないんですから

我王様で生きてきてりゃそうなります

自分の想い通りにならなければ、不機嫌になり

怒りをぶちまける

中学生ですね

でも、そういう大人いるんですね

でも、もう、そういうのに付き合っていることないんじゃないかな?って

考えています

私の愛情が足りないとか散々言われますけど

すべきことをしてきて、それでも感謝のひとつもされず

罵倒罵声を浴び続ける必要はないと思います

もう、私だって限界

おそらく、私がこれまで以上に謙虚になって

もっともっと心底愛情を与えてゆけば状況は変わってゆくのでしょう

それができなければ、それまでの私の人生です

地獄で制裁をうけようとも、構いません

本当に、無理です

自分が無理を強いて、ここまで来て

それでもまだまだ足りないと言われても

これ以上の気力もなくなりました

私も疲れるんです

どこまで我慢すればとか、そういう世界へ向かってしまっています

良い方向へなど、向かう訳がありません

無理です

日頃、本当によくやってきました

嫌な顔にも、笑顔で応えるくらいに毎日を過ごしました

でも、もう・・・できません

身体もこれ以上はできないと

相当な疲労が溜まっています

これでは、生きること自体が、難しくなってきてしまいます

人は、精神が伴っていないと

うまく循環ができないのだと思います

他人からもひどいこと言われてきましたよ

本当に散々

友人からもいろいろ言われてきました

言う方は、なんの気なしでしょうけれど

心は傷つきます

果てしなく・・・

毎日ね、奮い立たせて頑張っていますよ

今日だって

ふとすれば泣きそうなほどなのに

普段通りに頑張っています

お金がないので、もっと仕事増やそうとか

考えたり

一人で暮らすようになったら

もっとどうにか金銭面を考えないととか

ここまで、我慢しすぎたのだと思います

私は、文句も言わず、陰で泣きながら

生きてきてしまったのです

誰に頼るとか、そういう存在もなく

拠り所がないままでここまできてしまったのです

疲れました







表参道デイト

2014-07-29 | 日記




いや~


久しぶりの表参道だったぁ~


なんか、賑わってるね



やっぱり♪



たまには、華やいだ場所もいいね



このところ、そういうの



すっかり遠ざかってしまっていたから・・・



楽しかったなぁ~



話題のパンケーキ食べて



いろいろ裏道のお店回って



またもや話題のポップコーン屋さんに行って(笑)




そして、またお店ぶらぶらして・・・




そういうのがいいよね




オバサンでも、そういうのが楽しいものでございます




私は、



実は、まだ



体調が万全ではないです



まぁ、そう簡単に完治はしません



なので、このままもう楽しいこととか何も感じずに



死ぬかなとか考えたりします



一生、仕事と家事でも



そうして生活できることに感謝しなくてはいけないのですが



いけませんね・・・



でも、




私の大切な知り合いが



連れ出してくれました



都会の森へ・・・(笑)




表参道は、木々がたくさんあって




歩いていても気持ちがいいですね




Billsの屋上で



少し癒されました




ミストが気持ち良くてね




人と話すことって大事



そして、また自分と向き合える



大事だと思う




心は乱れる



葛藤してばかり




ぜんぜん情けなくて、ほんと嫌になる



そんなのの繰り返しばかり




でもね、



そうして葛藤するということは



どこかで




もっと前に進みたいからなんだよね



改善したいと言う気持ちの表れなんじゃないかなって



思います




未熟者だとわかっています



こんなに生きているのに



こんなにまだまだ心乱れるなんて



修業が足りない証拠




愛を感じたいな




でも、




そうするには




自分から発しないと




自分には戻ってこない仕組みなんだって




一番難しいことだよね




一番憎たらしい相手に



愛を与えるなんて




地獄に行くようなもの・・・に私は感じる




それほどまでも苦しいけど




そうしないと



ダメなんだろうな





私は、生涯、できないかもしれない



でも、




これまで散々裏切られてきた行為は




やはり、どうしても



憎さしか残らない



というか、憎さは増してゆくばかりだ




大切にされていないのに



とか




割り切らなければいけない









鬱憤

2014-07-29 | 日記




まったく!!


こっちだって疲れてるんだから


なんか手伝えよ!ってか


ありがとうとか言ってみろよ!



ふざけんじゃねぇ!!



ホント、馬鹿にもほどがあるけど



だから・・・



自分が一番偉いとか



思っちゃってるんだよね




哀れだねぇ






謙虚に真摯に

2014-07-28 | 日記





仕事をしていて


謙虚に


真摯に取り組めることは



本当にありがたいことであると


仕事をしていながらも



そう思いながら


勤務させていただいております



不思議なもので


仕事をさせていただいていると


そう感じるだけで


本当にありがたいという思いしか


ないんです



もちろん、この仕事・・・やっていけるかな?とは



いつも考えています



クビになるかもしれないし



人員削減で契約終了になるかもしれない



いろいろある中で


それでも、仕事をさせていただけることは


私にとっては奇跡かもしれません



そう思って


勤めさせていただいています



ずっと仕事をしてきましたが



育児家事を一手に引き受けていた私にとって


仕事の存在は大きいものでした


今でも


仕事の時間は



仕事にだけ集中できています



その貴重な時間も



ありがたい訳です



自分の精神が



保たれているのも



おそらく、たかがパートと言えども



その仕事によるものであると感じます




お金の存在より



なんせ低賃金ですからね


高校生のバイト代金より安いんですから



笑えます



世の中の大人を舐めてるなって思いますよ



正直ね



でも、何も持ち合わせていない人間は



それでも働かなければなりませんから



その賃金ではなく



人との関係、もしくは


社会への貢献



そういうもの・・・



大事です





明日が最期

2014-07-28 | 日記



それはもう、明日が最期と思えば


なんでも許せる


本当に・・・憎しみなんか消えるよね



それができないのは、明日が最期だとは


誰しも思っていないからだ



いつかは死ぬにせよ、明日じゃないだろう・・・的な考え



まぁ、そうだよね


病気で、宣告されてたりしたらまた違うけれど


そうじゃないと、なかなか死を身近には


感じられなかったりする



でも、本来は


死はとても近くにあるものであって


明日はどうなるのかは本当に未知の世界なのである



本当は、明日どころか・・・


数時間後でさえ


わからないのだから



いつ死んでもいいとは思っていても


いざ死期が迫れば、きっと抗うだろうし


もう少しだけでも生きたいってなるよね



当たり前だけど



でも、本来は


いつ死が訪れようと


それを考えていなければならないのだ


だから、そうすれば・・・



誰も恨まない、憎まない・・・になれるよね



明日ですべてがバイバイだと思えば



小憎らしいアイツも、アイツも、コイツだって



もういいよ、別にってなるもんね



本当は、常にその心でいられればいいのだ



本当はね



でも、なかなかできないにしろ



そうだなぁ、



そういう心でいようと



意識して過ごすことは大事になるよね



たぶん、いつ死ぬかは・・・わからずとも



その可能性はいつだってあると思えば



3・11のときだって



奇跡的に助かったけど



何かの都合で、そうなれなかった場合だって



たくさんあると思うもの



だから、本当に



憎むとか恨むとか、必要ないんだよね



それこそ、あの世にまでその感情を持って行くことはないし



この世ですべてを帳消しにしてしまったほうが



身軽にお迎えにも乗れる




そうしていたいなって思うよ


重荷になってると



追加料金いただきます!とかいわれるかもしれないよ(笑)




だからね


苦しいときにこそ



そうだ、明日が最期ならって



考えてみることは、一歩進めることになるのかもしれない



もちろん、そこに希望はないよ



しかし、相手への希望など、そもそも持ち合わせなくていいのだ



向き合うのは、自分自身だけだからね



しっかりと見つめよう!




アタシを






信じる?信じない?

2014-07-27 | 日記




ではなく、


やるか、やらぬか!


なんだよね



私、昔は


信じる者は救われる


でした



それはもちろん理に適ってると思います



でも、



その前に、



それ相応のことをお主はしとるかい?ってことだよね




やるかやらぬか



そのどちらかしかないのであると思う




日々の生活、日々の心得



きちんと整理されているか



そこが基本だよね



私は



至らぬことが山ほどある故



日頃からの精神安定が先決



きちんと行いができている者が



救われる時代なのである








本屋さんが好き

2014-07-27 | 日記




本屋さんが好きだ


一週間に一度は行く


いやいや、仕事帰りにふと立ち寄る


もう、コンビニに行く感覚で(笑)


なんか本っていいよね


たくさん買って、もう、一日ゴロゴロしながら


何もしないで読んでいたい


そんな生活がしたい!と


いつも思っている怠惰な奴です



まぁね、私はその昔


本当に怒涛の如く


家事も育児も半端なく一人で背負っているとき


睡眠時間もなくて


入院でもしなければ


ゆっくり眠れる日が来ないなぁなどと考えていた矢先に


本当に緊急入院するはめになってしまった・・・



これには自分でも驚いた


本当になってしまった!と



で、本当に入院している間中


死ぬほど寝ていた・・・・



そんなことがあったなぁ~



まぁ、全身麻酔を3回もしている身体なので



その都度生き返っている感じなんだけどね



一応、手術の時は



何かあった時はってサインするジャン



あれはやっぱり怖いよね



もう目覚めない場合もあるって



覚悟するもんね




で、目覚めて・・・



術後の痛みを感じて・・・・



そんな感じだもんね




しかし、



私の身体も良く頑張ってくれている



もちろん私は大事にしているよ



自分の身体



もちろん、もう少し痩せなきゃだめだけどね



私の為ではなく


身体のために



痩せるか・・・












センス♪

2014-07-27 | 日記





何事も、センスがあるかないかによるよね


それこそ、ファッションもお化粧も髪型も


お料理も、運転も、運動も?


まぁ、すべてはそのセンスだと思うんだよね


別に、そこに優れたものがなくてもいいと思うんだよね


その人なりのセンスというのがあればいいと思う


それって、その人が持ち合わせている個性と一緒だよね



そのセンスの波長が合うか合わないかで


なんか付き合い方も変わってくるように思える



センスが合う人とは


なんか心地いいもんね



だから、センスが合う夫婦は


本当に素敵なんだと思う



でも、夫婦って


なんだか、どーーみても合わない者同士だったり


する場合も多々あって・・・・



これは摩訶不思議なもんだなって


いつも感じるんだよね



って、我が家は・・・



どう考えても


センスのセの字も合ってないわ!!



って、おそらくお互いがそう思っているところが



合っている(笑)くらいだと思う






なんて、こんなバカなことを言っている私、



相当アホだよな~