くつろぎ日記

ストーリーとセリフに注目したドラマレビューです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「アンフェア」第1話  アネゴな篠原!

2006-01-11 12:23:43 | アンフェア

まんまanegoでしたね!タイムスリップしたみたいでしたわ。

あの時沢木だった加藤雅也は飄々とした検視官でしたが、コートの下に着ている

JKの赤い色柄がぶっ飛んでいました。よく見えなかったけど・・・ベストでしたか?

こういう風に絡んでくるとは、またどこかでからみがあるでしょうかね??

そうそう朝、瑛太とベッドにいるシーンもanegoのぱくりですねぇ・・・。

でも篠原かっこよかったね。

anegoの時とキャラも似ていて更ににパワーアップしてるしまあ出だしとしては上々です。

 

いきなり人質事件発生。強引に解決しましたが一歩間違えれば二次事件となったかも。

スタンドプレーだと言われても意に介さない強さ、強靭な精神力とみました。

人生哲学があるのは、その昔父親が殺人事件に巻き込まれたということですね

制止する捜査員を振り切って、殺害された父のもとに走るシーンが残っています。

あの時に父の最期に見た風景をなぞるために自分が横たわっていました。

そこから被害者の意識をたどるように、自分が現場で横たわり被害者の目を感じて

います。最後に見たものを見つける。これが、雪平の捜査の哲学ということですね。

 

第一の殺人事件。公園での二人です。会社員と女子高生。雪平は栞を発見しました。

「アンフェアなのは誰なのか」

ちょっとした何かの考えが窺えそうですね。

第3の殺人事件後に編集者の瀬島(西島秀俊)がこの栞は自分がフェアだと思っている

誰かだという表現をしていました。正義とは往々にしてアンフェアなものだと。

雪平は、瑛太にはこう語っていました。

   「ルールとか正義とか公平とかきれいごとの理屈で

   犯罪者達が放置されている。

   そんな世の中間違っている。」

父親の事件で何か酷い思いをしたのかもしれませんね。

そこが雪平の原点なのでしょう。

タイトルになっている「アンフェア」。何に傷つき、悪だけを見つめるようになったのか。

正義というきれい事に対し、真っ向から戦いを挑む雪平の行く先が気になります。

 

ラストシーン。

3000万以上で「次回殺人予告」を落札せよと。次の被害者は「愛する者」。

おそらく犯人はあのゴーストライターで小林麻央の元恋人でしょう?

愛する者としたら単純には、小林麻央。もしくは元夫の香川照之から見たら

雪平自身だし、雪平から見たら香川に渡した娘の美央かもしれない。

ただ犯人の動機としては金よりも世に出ることだと思うので、もしも一番怨むとしたら

作家の久留米(井上順)ではないかしら。井上順の愛する人は誰?

もしくはゴーストなんて普通だと全く相手にしなかった編集者の愛する人?

西島がどこかにからんでくると思うのですがどうでしょう?

来週が気になります。

 

この「アンフェア」は奏建日子の「推理小説」が原作だそうです。

脚本家だと思っていたら小説も書いておられたのですね。読みます。きっと!

美央は母雪平のことで他の子供達からいじめをうけていましたし、父との電話での

会話にはとんとんと叩く音で信号を出していました。ショックなことがあり失語症に

なったということでしょうか。健気な様子にほろっとさせられました。

それから木村多江さんも来週からは出番がしっかりあるようです。

いろいろと伏線をはった形で人物紹介以上の面白さがありました。

 

火曜日はドラマが二つ有り、両方ともに当たりな気分です。時間が許せるなら

二つともに記事UPしたいと思います。予定は未定ですが・・当分・・・

 

 

 

 

『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (27)   この記事についてブログを書く
« 「Ns\'あおい」第1話 諦めな... | トップ | 「オーラの泉」  ☆ オダギ... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
anego! (まこ)
2006-01-11 15:31:52
奈央子以上にアネゴっぽい雪平に萌え~(笑)。

裸ベッドに、見えそうで見えないバストにもドキドキ。背中のラインもお綺麗でした

篠原さんて、意外にクールな役もイケるんですね~

加藤さんとの絡みにはウホウホでしたが、まさか雅也さまがあのようなキャラとは!!!

ウザさがツボでした(笑)
犯人は・・・? (ひいな)
2006-01-11 15:37:57
こんにちは。



アンフェアおもしろかったですねぇ~。



篠原涼子のパワーアップしたかっこよさに惚れ直しました。雪平が瑛太に言った言葉がすごくよかったです。私もそういう世界は間違ってる気がします(←すでに影響されてます・笑)



安藤さんもいい味出してますよねぇ。絶対絡みがありますよね。



犯人誰でしょうね? 思いもつかない人が犯人だとすかっとして楽しいです。

anegoでしたね(笑) (アンナ)
2006-01-11 23:28:13
面白かった~~~~~面白かった。



雪平はanegoでしたね(笑)

安藤は黒沢君?にはほど遠いですが(苦笑)

期待してなかったから、喜びは大きい。

毎週、犯人探しで楽しめます~~~♪
犯人捜し (mari)
2006-01-12 00:39:53
かりんさん、こんばんわ。

ん~、ひょっとしてあの人か?なんて推理して

いますけど、当たるかな?

楽しいですよね

雪平刑事のヌード、きれいですが、ドキっとします
こんばんわ (くう)
2006-01-12 01:16:41
犯人、ゴーストライターはもちろん、西島さんも変だし。。。

怪しい人はたくさんいますね~。

登場人物が多いので、どう絡んでいくのか楽しみです♪



うん。あおいも面白かった(^.^)

原作通りだったみたいだけど。。。

私は火曜は、思いついた方を記事にします(^_^;)

両方書かない時もあるかも。

「アンフェア」は感想書きにくそうですよね(+_+)

ミステリーは解決しないと難しい。。。
まこさん♪ (かりん)
2006-01-12 19:04:44
anegoでしたね~~。あのスタイルの良さ!脱帽です。

綺麗でスタイルも良くて女性に受けるってキャラがもうすべてカッコイイですね!

そうだ、篠原ってギャグもシリアスもこなすのよね。

舞台出身だから大仰もOKだし。幅広い演技力なのは皆さん認めるところなんですね。

>まさか雅也さまがあのようなキャラとは!!!

ウザさがツボでした(笑)

私もけっこう外れた路線に笑いました。何でこの人がいるのかと錯覚してしまいましたが瑛太が現実に引き戻した(爆)残念だが彼は、黒沢にはなれんのよ。

でも来週も楽しみなドラマに会えて嬉しかったね!
ひいなさん♪ (かりん)
2006-01-13 09:59:21
篠原ってかっこいいですね。結婚したてですがあの大胆なセミヌード披露でした。でも吹き替え説もあるので、半分だけ信じるとしましょう。(笑)

そうだあの正義とかルールとかで真犯人が逃げたら意味ないです。間違ってる!お父さんの犯人は捕まったのかしら?そのシーン出てました?

瑛太と絡んできますか?黒沢には成りえないけど

それも一つの楽しみですね・・・



そうだ犯人、誰?単純なストーリーではないみたいですけどね。今のところゴーストライターが一番怪しいわ。
アンナさん♪ (かりん)
2006-01-13 16:10:02
anegoな展開に笑いましたね。

篠原のセミヌードにはごっくんでした。

期待してなかったっていうか何にも考えてなかったのでそれなりに楽しめたのかもしれませんね。

3話1解決だそうです。で最終回で全部つながるというストーリーらしいです。

今期は面白いドラマがたっくさん・・・

目移りしています。
mariさん♪ (かりん)
2006-01-13 16:20:15
やっぱり犯人を探すのが楽しみですよね。

雪平はかっこよすぎでしたね。

瑛太との絡みがあればこれもまた楽しみ。

来週もきっと見ます!
くうさん♪ (かりん)
2006-01-13 16:50:31
怪しい物が多かったですね。

誰が犯人か?って考えると面白くなりますね。



>両方書かない時もあるかも。

「アンフェア」は感想書きにくそうですよね(+_+)



くうさんは両方書かないってこともありますか。

私はどちらかは書きたいと思ってますがまだ決めてないです。確かにこのドラマは書きにくいですね。

3話1解決ですから3話ごとに書くとか(笑)

面白さで惹きこまれていますからしばらく様子見ですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アンフェア」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

27 トラックバック

「アンフェア」の話 (のらさんのうだうだ日和)
「アンフェア」Ⅰ(視聴率15.7%)を観ました。今期の連ドラ中、期待していた1本「アンフェア」が始まりました。脚本家・秦建日子さんのデビュー小説「推理小説」が原作。(本作の脚本は佐藤嗣府子さんです。)3つのエピソードをオリジナルも含み全11話でドラマ化す
気になるドラマ、篠原涼子主演「アンフェア」 (快投乱打な雑記帳)
秦建日子「推理小説」価格: ¥620 (税込)
アンフェア 第1話 (Happy☆Lucky)
「アンフェアなのは誰か?」
「アンフェア」第1話 (日々“是”精進!)
会社員と女子高生の死体が公園で発見される。雪平は殺害現場で見つけたしおりに注目するが・・・。今期ドラマの中で、個人的に大注目している作品!原作は、「ドラゴン桜」等の脚本を手掛けた秦建日子(はたたけひこ)の「推理小説」。世の中にはフェアな事なんて何もない...
アンフェア 第1話:敏腕女刑事VS 予告殺人 (あるがまま・・・)
ヒイィィィ!!!!(゜ロ゜ノ)ノ ビビり王なあたしにゃ心臓に悪いっす{/ase/} だから推理モノは苦手なんだなぁ・・・ 女子高生が暗い公園内を進路に選んだ時点でもう何かが起こるってドキドキ{/kaeru_shock2/} 雪平の部屋に何者かが侵入。特徴ある瑛太くんのヘアスタイルの影が映
アンフェア Ⅰ (あっちゃん語録)
まずはお知らせ♪ 1週目は簡単な評価とレビュー書き続けるかどうかの予想を書きます。 そして、レビューをやめてしまうものから告知をしていきます。 遅くとも3回目までにはレビューするのがどうか決めます。 詳しくは2006冬ドラマレビュー予想どうぞ。 感想行きます。
【ドラマ雑感】 アンフェア (第I話/全11回) 「敏腕女刑事vs予告殺人」 (気ままなNotes...)
 アンフェア(新番組/第1話)◇小説で予告された連続殺人事件が発生。破天荒な女性刑事がその謎に挑む。秦建日子原作、佐藤嗣麻子脚本、小林義則ほか演出。雪平(篠原涼子)は警視庁捜査1課の検挙率ナンバーワン刑事。そのスタンドプレーで職場での衝突も多く、管理官の山路
●アンフェア#1 (ルーのTVビバ★ライフ(漫画イラスト発信中))
-完全なミステリーでした。 刑事物の方が色濃いのかと思ってたら、いい意味で、軽く裏切られた感じでした。 バツイチ、子持ちという設定が、子を持つ女の奮闘記?かと思って…それだと、嫌だなーなんて勝手に思ってたんですよ。 序段が少しじれったく感じましたが、後半
アンフェア 第1話 (自己満族)
ネット上における1月クールの期待度No.1ドラマかな、と思ったのがこの「アンフェア」。 あくまで僕が読んでるブログ内でですけど。 原作は「ドラゴン桜」などの脚本家、秦建日子の「推理小説」ドラゴン桜のレビューの時にはトラックバックとかも頂いたんですが・・ て.
アンフェア 第1回『敏腕女刑事VS予告殺人』 感想 (ぐ~たらにっき)
よかったと思いますよ。
アンフェア 第1話 (裏TV RANKING SHOW)
録画したものを今日観ました。で、感想ですが… なんかこのドラマ観てると疲れる…
『アンフェア』第1話 (strの気になるドラマ気になるコト)
私、思い違いをしていました。。っていうか、あの後姿って篠原涼子?ドラマ『アンフェア』 第1話 「敏腕女刑事vs予告殺人」 ◆キャスト◆雪平夏見  … 篠原涼子安藤一之  … 瑛太小久保祐二 … 阿部サダヲ蓮見杏奈  … 濱田マリ三上薫   … 加藤雅也久...
■ アンフェア 第1話(1/10) (つよく、かっこよく、かわいく生きたい♪)
<font color=red size=3><b>アンフェア</b> 第1話「敏腕女刑事VS予告殺人」</font> <font color=gray>篠原涼子演じる破天荒な敏腕刑事が挑む、予告殺人ミステリー!! ■あらすじ■ 公式HPより。 検挙率No.1で、警視庁きっての美人刑
『アンフェア』第1回 感想? (つれづれなる・・・日記?)
秦建日子先生原作ということで⇒先生のblogです。http://hatablog.officeblue.jp/
アンフェア I (どらま・のーと)
『敏腕女刑事VS予告殺人』 メガロポリス東京――。 毎日のように凶悪犯罪が起きるなか、警視庁捜査一課の検挙率ナンバーワン刑事・ 雪平(篠原涼子)は、今日も容疑者逮捕に奔走している。 悪い奴を捕まえるために手段を選ばない雪平には、行き過ぎとの指摘も多いが、 その.
アンフェア①~敏腕女刑事VS予告殺人~ (アンナdiary)
あんまり期待していなかったのに、面白かった。①話完結かと思いきや、推理もので 続く。。。来週も見るっきゃないでしょ(笑)オープニングの雪平夏見(篠原涼子)の登場シーンはカッコ良かった~犯人に「めんどくさいんだよ、やるなら早くやれば」って。。。黒のロングコ
【テレビ】アンフェア(第1話) (まぁ、お茶でも)
篠原涼子がのクールさがなかなか良かったです。 ミステリーなので、あまりネタバレは避けましょう。
フジテレビ「アンフェア」第1話:敏腕女刑事vs予告殺人 (伊達でございます!)
「ドラゴン桜」の脚本が記憶に新しい秦建日子さんの小説デビュー作「推理小説」のドラマ化。篠原涼子の魅力とテンポのよいストーリーの展開に、ぐいぐい引き込まれました。
フジテレビ「アンフェア」第1話:敏腕女刑事vs予告殺人 (伊達でございます!)
「ドラゴン桜」の脚本が記憶に新しい秦建日子さんの小説デビュー作「推理小説」のドラマ化。篠原涼子の魅力とテンポのよいストーリーの展開に、ぐいぐい引き込まれました。
「アンフェア」第1回。 (ナルのつれづれゆくブログ!!)
「アンフェア」第1回。 1話完結ではなく連続してるのですね。 それとも2話完結かな? 雪平夏見(篠原涼子)かっこよかったですね! 初めから観るつもりだったのですが 番宣が多くて始まる頃には観る気をなくしてました(笑)。 でも篠原涼子だし、阿部サダヲも
【アンフェア】第1話 (見取り八段・実0段)
篠原涼子は大好きな女優。元々は東京パフォーマンスガールの一員としてアイドルデビュー。その後は小室ファミリーとして歌を何曲か出していました。歌は悪くないんだけど、なんか一本調子で。。。彼女には女優は天性の才能があると思う。演技に幅があるわけじゃないんだけ...
アンフェア:第1話 (Nの鼓動)
今日から始まった新ドラ「アンフェア」。 見ようか見まいかぎりぎりまで悩んだけど 結局見てみることに。 お~結構はまった☆☆ 「アンフェアなのは誰か?」 篠原涼子がいい味
アンフェア (屮゜Д゜)屮アネゴプリーズ (zenの日記)
アンフェアが始まりました… (屮゜Д゜)屮アネゴキャモーン いきなり人質事件発生 雪平 「早くやれば…」 ビビッて倒れる人質… 馬鹿な犯人のナイフを蹴る雪平 カッコエエ(〃∀〃)ポッ ナイフを取ろうとするザコキャラ しかし銃を頭に押し付
【訃報】スッポンの芹さん逝く (ジャポニカ学習帳 「JL-47」ver.2.0)
日本初の検視官であった「スッポンの芹さん」こと、祖父の芹沢常行が本日2005年11月21日16時に他界いたしました。偉大な祖父だっただけに、とても残念です。 ↑1999/5/5 鷺宮の自宅にて撮影↑本名芹沢常行(せりざわ つねゆき) 生年月日 大正4年11月2日 出生地 静
アンフェア 第1話 (あいりぶろぐ)
 今日、「Ns\'あおい」と「アンフェア」の両方を見ました。  時間の都合で、放送順とは逆になりますが、「アンフェア」の感想を先にアップしたいと思います。(「Ns\'あおい」の感想はまた明日…)  「アンフェア」は事前にわかってる情報からして、篠原涼子演じる
「アンフェア」第1話「敏腕女刑事VS予告殺人」 (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
手がかりは現場に残された栞だけ。 『アンフェアなのは誰か』 原作「推理小説」秦建日子
ドラマ・アンフェア ~第1回~ (いわぴいのドラマ日記)
 息もつかせぬようなスリリングな展開とキャストの演技力に裏打ちされた上質のユーモアが絶妙のハーモニーを奏でている作品ですね。中でもやはり、ヒロインの篠原涼子の女性版ハードボイルドとも言えるような、大人の女性らしさを残しながら刑事ものらしい激しい感情を表...