カリンの小径

通り過ぎゆく時を刻んで

紫陽花は剪定時期が大事

2019-06-22 11:47:13 | ガーデニング便り

 

今日は二十四節気の夏至

早いもので、今年も折り返し

という感じですね

 

庭の花

紫陽花の季節なのに

今年は唯一

この枝にだけ花が咲きました

他は、全て葉っぱが茂った状態です

 

昨年

庭のウッドデッキの改修工事をして

秋頃に、邪魔になるからと

剪定をしてしまったのが原因です

 

でも、剪定しなかった枝があり

花芽が残っていたのが

この額紫陽花…

 

愛おしくて

成長を記録しました

 

 

五月下旬

小さくて赤ちゃんみたい

 

六月上旬

やっと花らしくなりました

 

そして六月中旬

立派な八重の紫陽花になりました

 

色も咲き始めから変化して

楽しめますね

 

 

今年は7月までに剪定して

来年は沢山の紫陽花が観られる様に

準備します

 

 

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« また、1から出直しです | トップ | 白いプロペラが眩しい季節 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ガーデニング便り」カテゴリの最新記事