カリンの小径

通り過ぎゆく時を刻んで

カタバミ咲く冬の庭に異変あり

2020-01-25 17:47:07 | カリンの庭・1月

1月15日撮影

 

南側の小道の脇で

ヒメツルソバの花が咲いているのを発見

こぼれ種が風で飛ばされて

根付いたようですね

 

 

 

カタバミの花も

真冬の時期に咲いてるのは珍しい

今年は暖冬なので

春が来たと勘違いしたのかな

 

 

 

ポカポカ陽気の雨上がりの庭で

青々とした葉っぱを見てると

確かに、冬ではなく

春の庭にいるような感覚…

いえいえ、きっとまたこれから寒くなるのでしょう

 

今年の冬は、なんだか変ですね

 

 

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 時が止まったままのランタナ | トップ | 謎の球根とクリスマスローズ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

カリンの庭・1月」カテゴリの最新記事