カリンの小径

通り過ぎゆく時を刻んで

暖冬で芽生え始める植物たち

2020-01-30 18:18:25 | カリンの庭・1月

1月21日撮影

 

庭の南側のクリスマスローズ

古い葉を剪定する前に

芽が出ていました

 

 

 

こちらは午後になると

地面まで日が当たるので

成長が早いですね

 

 

 

スパニッシュ・ブルーベルの芽です

初夏の頃に

青紫の釣鐘の様な

可愛い花を咲かせます

 

群生したら素敵だろうなと思い

この場所に球根を植えました

 

まだ1月なのに

今日も春の様な陽気でした

例年ならば2月に芽生える植物たちも

土の中でじっとしていられなくなり

次々に目覚めてしまう…

 

もっとゆっくり

冬を楽しみたいのになぁ

 

 

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 謎の球根とクリスマスローズ... | トップ | バードバス目当てにやって来... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

カリンの庭・1月」カテゴリの最新記事