カリンの小径

通り過ぎゆく時を刻んで

猫が戻って来た居心地のよい場所

2019-10-26 11:57:07 | ガーデニング便り

 

動物の寝姿って無防備ですね

気持ち良さそうで

見てるとこっちも眠くなる…

 

 

建て替えた庭のウッドデッキで

近所の猫ちゃんが昼寝をしてる

昨年9月に台風で倒壊してから1年が過ぎ

また、いつもの風景が戻って来ました

 

 

片方の耳の先が切れているから

やっぱり、同じ猫ちゃんよね

 

戻って来てると気付いたのは

この写真を撮った今年の7月

以前のウッドデッキとは材質も色も

雰囲気も変わってしまったけれど

きっと、この場所が気に入ってるのね

 

 

新しくなったウッドデッキは以前よりも頑丈な造りで

今年の大型の台風15号や19号が来ても

びくともしませんでした

 

工事の時に、庭の不用品も一緒に処分したので

風で飛ばされる心配もなくなりました

あ、でもまだ木製の物置があるので

それが心配の種です

屋根材が飛ばされない様にレンガを置いたり

物置自体が飛ばされないように

太いロープで壁に固定したり

台風が来る度に、対策をしなければなりません

 

 

心配の種は、少しづつ減らしたい

そして、断捨離も進めたい

物は思い切って捨てるに限る

 

断捨離という言葉は

生き方にも当てはまる様な気がするのです

捨てるのは物だけでなく

人付き合いもそう

自分にとって大切な人なのかどうか

もう一度、振り返り

必要のない人間関係と判断したら

迷わずに捨ててしまっていい

 

これからは、本当に大切な人と

大切な時間を有意義に過ごしたい

そして、大切な人は離れては行かない

 

猫ちゃんのように居心地が良いと思えば

ずっと、傍にいて

相手を気づかい

寄り添ってくれるものだから…

 

 

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 変わらずに咲くランタナと共に | トップ | あのカマキリはどうしている... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ガーデニング便り」カテゴリの最新記事