カリンの小径

通り過ぎゆく時を刻んで

変わらずに咲くランタナと共に

2019-08-11 20:14:29 | ガーデニング便り

 

白いランタナの花が

初めてカリンの小径に登場したのは

2011年8月11日

ちょうど8年前の夏でした

 

 

 

毎年、変わらず

この場所で咲いてるランタナですが

庭の様子は変化しています

 

 

 

小さな庭で大きく育っていた

2本のオリーブの木が徐々に枯れ始めて

緑の木陰が消えてしまいました

 

すっかり葉が落ちてしまったオリーブの枝が痛々しく

これからどうするのか

猛暑の夏が終わるのを待って

対処しなければなりません

 

 

変わりゆくもの

変わらずにあるもの

時の流れと共に

変化しながら共に歩くものを

見守りながら

これからも、大切に過ごして行きたいです

 

 

 

 


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 白いプロペラが眩しい季節 | トップ | 猫が戻って来た居心地のよい場所 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (たくじろう)
2019-08-13 18:09:20
こんにちは。カワイイ白のランタナですね。輝いていますね。素晴らしいお写真ですよ。 時とともに移ろい変わってゆく風景。お花の美しさもそうですよね。人の営みも。 だから、美しいものを、変わらない大切なものをずっと見ていたいですね。 カメラは勿論ですが、きっと「こころのファインダー」で風景を見つめていらっしゃるんですね。 感動いたしました。ありがとうございます‼
たくじろうさんへ (カリン)
2019-08-14 22:09:54
こんばんは~
ランタナは、放っておいても毎年ちゃんと咲いてくれて
丈夫なところが気に入ってます。
庭の記録として撮ってるだけですが
稚拙な写真を褒めて頂いて
ありがとうございます

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ガーデニング便り」カテゴリの最新記事