今日が一番素敵

丁寧な暮らしを心がけながら、日々、折々のの心模様を素直に語ります。
今が一番素敵との思いを込めて。

主婦目線で私の思い~検察官の定年延長問題

2020-05-20 06:54:43 | 社会 政治

またその柄でもないのに、政治の話題に触れます。

検察官の定年延長問題。

政府が、また野党はむろん、マスコミや国民からひどくたたかれていますね。

遂にその法案の決議は持ち越しとなりました。

(政治関連の用語の使用には全く自信がなくて・・・。間違っていると恥ずかしいので、先にお詫びしておきます。)

 

コロナ禍で心を一つにして国民も政府も頑張らないといけない時に、こんな論議を、何故今する必要があるのか?

私も疑問に思いましたが・・・。

国会の議事の流れで、やむを得ない事だったのでしょうか。

 

少子高齢化の我が国が優秀な人材を生かすため、定年を延長するのは、民間企業では当たり前の経緯でした。

それに倣って、国家公務員の定年も延長したい、との政府の考えだったようですね。

国会で、安倍総理が仕切りにその様に答弁しておられるのを見たことがあります。

それを聞き、私なりに納得していました。

ところが、有名な芸能人が派手なデモンストレーションを起こしたりするようになり・・・。

民間ツイートで爆発的反対意見も起きました。

マスコミも野党も猛反対

 

元検事総長まで抗議側に回り、反対表明をしたとのニュースを聞き、これはさすがに問題ありなのかもしれない。

政府の方針は間違っているのかも。

検事長の定年延長を絡めたところに何か問題があるのかしら。

と、次第に思うように私はなりました。

 

 

そんなときのことです。

堀江隆文氏の下記の記事を目にしたのは。

実業家の堀江貴文氏(47)が12日、自身のツイッターを更新。「『#検察庁法改正案に抗議します』とか言ってる奴ら全員見ろ」と、自ら意見する動画を添えて「何一つ民主的プロセスを経ないで権力を手にした検察官が正義の味方と信用してしまってる奴らはキムタクのドラマの見過ぎ笑」と投稿した。
 動画では検察の歴史を説明した上で、検察人事は実際は検察内で決めたことを追認しているだけだと指摘。今回、内閣が人事に関与したのは「むしろいい傾向」と語った。
 また「自分は逮捕された経験があるからポジショントークになっているのは否めないが」とした上で、「検察官は一人ひとりが独自捜査する権限と起訴する権限を持っている」と指摘。続けて「独自のシナリオで捜査して起訴をする。両方できるから独善的になりがち」と危険性を訴えた。
 これほどオールマイティーで強大な力を持っているにもかかわらず、議員のように選挙で選ばれたわけではなく「民主主義の上で担保されていないのが問題(中略)検察が民主主義によってコントロールされていない今の現状の方が危ない」と指摘。視聴率アップのために「事件を喜ぶテレビ局と検察はズブズブ」とまで言い切った。
 さらに今回の騒動で良かったことは「みんなが検察庁法というのを知ったということだけ」とし、結果的にはミスリードされて「マスコミと検察のいいように扱われている」と注意を促した。
 
 

堀江氏が自ら語る通り、過去に逮捕されたことがある身の彼。

ポジショントークは否めないのかもしれませんが、マスコミなどとは全く異なる視点で検察庁を見ていて、内容に新鮮さを覚えました。

この方は、逮捕される前も、マスコミにそれはそれはひどく叩かれ、その時、多少の同情を禁じ得なかった私です。

家族が揃って我が家で夕食をし、その話題が出た時、私は彼のことを少し庇った覚えがあります。

そういえば厚生労働省の元局長だった村木厚子さんも無実の罪で逮捕され、その後釈放されましたよね。

 

堀江氏の今回の記事で私の心に強く印象付けられたのは、マスコミのミスリーディングと言う言葉です。

確かにこのリードに国民が乗せられやすい。

今も政府たたきばかりしている。

コロナ対策も、今のところ他国に比べとても良い実を結んでいるのに、国民が頑張ったからだとばかり言い、政府の対策を全く認めようとしない。

コロナストレスによる不満と不平を政府にぶつけてばかり。

そんな世の中が、私は何だか悲しいです。

 

この度の長官定年問題も、内実はよく理解できないまま、マスコミや芸能人の反対運動に共鳴してしまっている方が多いいのではないでしょうか。

私にはそんな風に見えて仕方ありません。

 

でもだからと言って、私も詳しいことはまるで知りませんから。

堀江氏の言葉に啓発され、主婦目線で、世間から受けた印象を率直に語ったまでです。

 

ネット社会となり、情報の媒体は多数。

手段も色々。

検察問題への百万に上る反対ツイートも恣意的にもできることのようです。

新聞にそのように書かれていました

正しい情報を、如何に身に付けるかが本当に大切。

一方、とても難しい時代になりましたね。

国民は冷静に対応し、真実を見極める努力をもっともっとしなければ、と心から私は思っています。

 

下のバナーにポチッのクリックをいただけると、とても嬉しいです。
ご訪問と温かな応援、 本当にありがとうございました.

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ

 

 

 

この記事についてブログを書く
« 親友のKさんが久しぶりに来訪... | トップ | 心と体は別の生き物 »