カレンの小さな庭

小さな庭の様子と日々の出来事

日中友好の朝顔

2014-07-30 15:42:05 | Weblog
「日中友好の朝顔」の小さな苗をいただきました。
その名前の意味もわからずに育てましたが、改めてその名前の由来を調べてみると、
とても深い歴史がありました。

目の覚めるような鮮やかなピンクに白い縁取りが、高貴な上品さを感じさせます







清朝最後の皇帝、愛新覚羅溥儀(あいしんかくらふぎ)の弟溥傑(ふけつ)氏と日本人の妻浩さん夫婦のゆかりの朝顔。

日本人の妻である浩さんが、日本から中国にこの朝顔の種を持って行き育てたという朝顔です。

歴史には詳しくない私ですが、何年か前にテレビのドラマで、この時代のことをやっていましたよね。

この時代の女性が、はるか遠い国に嫁いで、日本を懐かしんで育てたのでしょうか・・・


中国と言えば、最近は益々色々と微妙な問題があってなかなか日本とは友好的にはいっていませんよね。

この時期にいただいた「日中友好の朝顔」はちょっと意味が深い気がしますね。







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 向日葵 | トップ | 三宮駅周辺の花壇 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事