GO FOR IT!

何かに向けて走ってます。 旅するランナーです。
NYでエナジーチャージし、HAWAIIでリセットしてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

皇帝が沈んだ日

2010-11-08 | RUN
自分のレースを振り返る前に、真っ先にしたこと。
部屋に入ってシャワーも浴びることなく、NYCMのスポンサーにテレビのチャンネルをあわせた。
ハイレはどんな試合をしたんだと。その時に衝撃の展開があったなんて疑う余地もなかった。

皇帝・ハイレゲブレシラシエ。
おそらく男子マラソンの世界をトラック競技のようにしてしまった立役者。
かつて瀬古さんたちが築いた男子マラソンを、身体能力という言葉で競技自体を別のものにしてしまった。
彼の走りはいつも嘘をつかない。

彼の出現で、フルマラソンの2時間を切る日が見えてきたってずっと思ってた。
彼はシューズをオーダーメイドはほとんどしないと。
所謂市販品に近いものを履いている。
アディダスがそれを世に出して、「アディゼロジャパン」という名前で売り出している。
シューズや何やらでなく、ハイレ自体がすごいのだ。

アディダス好きな私が、このシューズを履いた時は衝撃だった。
言葉では簡単に片付けられないんだけど、アディダスのテクノロジーを全て盛り込んでいる。
感動のあまり履いたそのシューズで駆け抜けた大会が私のパーソナルベスト。
大好きなシューズの一つである。

でも、今回は同じく好きなアシックスのスカイセンサーで参戦。
私は大会スポンサーに敬意を表して、アシックスだからアシックス。そう決めた。
だけどボストンはおそらく、アディゼロで臨むことになる。

そんな彼と同じ大会で走れる。
そう知った時は、こんな嬉しいことがあっていいのか?って思った。
去年は女王、ポーララドクリフ。(彼女は今育児休暇中でお休みなのだけど)

ニューヨークはファイブメジャーズの中でも癖のあるコースでタイムも出にくいと言われている。
それでも、男女世界記録保持者がこぞって参戦してくるほど、彼らにとっても魅力あるんだよね。

マラソンってすごいスポーツだと思う。
一市民ランナーが世界一のアスリートと同じスタート地点に立たせてもらえる。
そんなスポーツ他にある?
例えは強引かもしれないけど、アルゼンチンのメッシと一緒にピッチに立つ。そんな感じ?

スタテンのスタートで、ホーンが鳴った瞬間に、Wave1の私は同じ時にハイレとスタートした。

そして、私にとって一つのポイント、クイーンズボロビレッジ。
24kmから25km過ぎまで2km近くひたすら登って、下る。
ここをちゃんと走り抜けないと、ここでみんな潰れて後が続かなくなる。

そのビレッジにさしかかろうとする、手前くらいから、沿道からの男子のトップグループの実況が聞こえてきた。
手元の時計をみると2時間余。
丁度男子のゴールがすぐのところまで来てたようだ。
実況に耳を済ますが、早口の英語の実況をきっちり理解できるほど私にも余裕が無い。
ハイレは何時間で走ったのだろう。彼のトップでのフィニッシュを信じていた。

だけど、彼は、帰ってこなかった。
彼は奇しくもレースを止めたのはそのクイーンズボロビレッジの下る瞬間あたりだった。
私がここから気合いを入れて駆け下りた、その場所で。

そして、引退を表明した。

Mahalonさんがいうように、すごい歴史的なレースに立ち会えたこと。
感動がとっても大きいけれど、それ以上に、寂しさが大きい。

来年の東京でじっくりテレビ観戦をする予定だったが、彼の最後の大会が私の参戦した大会だったと。
おそらくしばらくは彼の記録を塗り替えるポテンシャルをもった選手は居ない。

いままで感動をありがとう。
次、あなたを抜くことができるのは何時の日、誰なんでしょう。
残念ながら日本人では、もう現れないとおもいます。

男子マラソン:世界記録のゲブレシラシエが引退表明 -
http://mainichi.jp/enta/sports/news/20101108k0000e050021000c.html?inb=fs
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今年もRegret、そして決定。

2010-10-05 | RUN
今年もこのメールがやってきた

Dear Runner,

We regret that we have to advise you that your application to run in the 2011 Virgin London Marathon has not been successful due to massive over-subscription.





やっぱり、今年もあかんかった・・・

2011ロンドンマラソン、今年も桜散る

ニューヨーク、シカゴ、ロンドン、ベルリン、ボストンのワールドメジャーズ。
ただいまの私の目標である、この5大大会出場。
それもツアー参加で手軽な参加ではなく、自分の手で個人出場権利を獲得すること。

ロンドンは、とにかく抽選枠が厳しすぎる
たった1日で、海外の抽選枠(5500人)が埋まってしまい、ここから何人通ったんだろうか。。

2年連続落選
来年は、少しだけ優遇措置があるらしいけど、どうなるんだか。


というわけで、ロンドン(2011年4月17日)がダメだったら、

その翌日の2011年4月18日。

ボストンマラソン。

参加するぞ
今シーズンのメインレースにほぼ確定。

ボストンは抽選ではなく、資格。
私の年代は
「アメリカのレースで過去2年以内に3時間50分以内」


ぎりぎりだけど、去年のNYのタイム(3時間47分)で堂々クリア
胸を張って、エントリし、噂の「Heart Break Hill(心臓破りの丘)」を駆け上がるよーーー!!

そして、ボストンが終わった後、NY経由でデルタの周遊でホノルル経由して、4月末のコクアフェスティバルで
念願のジャックジョンソンをワイキキシェルで拝もうという企画があったりする
ってロンドンダメでも十分いいアイデアを考えているわたくし。。。


あー、でもロンドンもいつか出たいなぁ。。。><
09(NY)10(BOS)となったから、11年度はなんとかヨーロッパへ行きたいな。

まずは、1か月後にせまった2年目のニューヨークに向けて、タフな脚をつくってこう。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

World Majors 第一戦

2010-09-26 | RUN
今日は本当に快晴だった。
写真とっとけばよかったくらい。
昨晩乾燥がひどく、目が覚め加湿器を動かしたくらい。

秋晴れ。

もう一日朝から頑張るべく、地元のチームの武庫川の練習会に押し掛け参加させてもらった。
久しぶりの武庫川。
爽やかな空気に、素晴らしいジョグ日和。

でも、ラン日和ではない
暑い。

日陰が全くなく、浜風も吹かない武庫川は、

たまらないこれで20KMのPR。

それでも、一人で頑張れない練習だったので、走れたことに感謝。

初心者ランナーの頃は武庫川でも何も文句いわず、走れてた。
変にいろいろな場所を走ったものだから、最近贅沢になり、武庫川で走るのがおっくーになってた。
顔が痛いなんて50kmの大会の時もいわなかったよなあ(笑)

でもたまにこやって帰って走ると、やっぱここは原点なのかもね。

さすがにくたくた。
3日頑張ったもんなあ。

ふらふらになって帰ってきて、とにかく食べたい甘いもの。
普段甘党でもないので、滅多に食べなくなった甘いもの。
今日は、さすがに疲労困憊か。

甘いものを食べながら、ずっとKINEのハワイアンミュージックを流しながら快晴の空を眺める。
だるだるが心地よい。



夕暮れ、今日はベルリンマラソン。


マラソンのワールドメジャーズ5大大会の一つ。
(ベルリン・シカゴ・ニューヨーク・ボストン・ロンドン)での第一戦。
ハイレは今年はNYに参戦だけど、世界最速レース。


今年は、40.945 runners from 122 nations。


なのに、地上波中継はなく

ネット中継があると聞いたのでいろいろ試行錯誤したが、PCのtechnical Problemなのか、見ることができず、
ずっと公式Twitterのアカウント(@berlinmarathonE)を追い続けた。
今年はコースコンディションがよくなかったらしいので、更新とはいかなかったけど、見たかったなあ。

ブランデンブルグ門、越えるの気持ちよいだろうなあ。

ここもいつか近いうちに走りにいくぞ


さあ、あとひと頑張り。私のワールドメジャーズまであと42日。




Comment
この記事をはてなブックマークに追加

恵みの雨、試練の雨。秋到来。

2010-09-23 | RUN
昨晩、30℃の蒸し暑さに、

「明日から頑張る^^!」

と心し、朝起きると



ちょっと怖いくらいの雨と雷。
わーーー、すごい。

でも、これは夏の空気と秋の空気が喧嘩しているからだよね。
これがなければ、秋に移行してくれない。
朝は、おとなしく、ひっくり返っていた家の中を片付ける

昼下がり。
外が、明るくなってきた。晴れて来たかな。午前中厚い雲に覆われて全く見えなかった六甲山が見えだした。
だいぶ涼しくなってきた。雷も収まったようだ。

よし、走りに出よう。
気合い入れて、マンションの外に出たら



止んでないし

一瞬ひるんで家に戻りかけた

でも、昨日頑張るっていったしねー。おまけに涼しいならいいじゃん。そのうちに止むかも。
そんな期待とともに、走り続行。

近所のホームコースへ。
当然誰も走ってない人もいない。

昨日の気合いを忘れずに、本気ランをすることにした。
明るくなった空とは裏腹に、だんだん雨がひどくなる

それでも、走り出したらあんまり気にならない。
まあ、レースなら、そんなこと言い訳にもならないよね。だからこそ、タイムトライアルで本気走り。

走りながら、今まで経験したいろんな雨を思い出した。
普段は晴れ女の私なのに、ここ一番のレースはほとんど雨なのだ

2008年のホノルル。
2年間、ホノルルのために頑張ったのに、当日はハーフ地点のカハラモールまでずっと豪雨。

PBを出した神戸も、雨だった。

去年のNYCMもスタート地点でずっと雨をしのいでた。

そして、今年の東京の氷雨。

恵みの雨、試練の雨、いろんな雨を経験して、そんな雨をずっと振り返りながら今日も走り続けた。

10km越えた頃では土砂降りに・・・。風も強くなりだし、走るのも辛くなった。
それでも、今日は恵みの雨。身体が冷えない雨は大歓迎!
そんなモティベーションとともに、気持ちが切れず、15KM BUPを完走。タイムは、この時期にしたら、上出来
冬のタイムと相違なかった。

暑い夏と内臓疲労に自分の走れない状態に焦り続けた今年の夏。

ちゃんと涼しくなったら走れるのだ。

それを実感できただけで、本当にうれしい恵みの雨だった。

気温は22℃。やっと秋到来。

今日の六甲の空も美しかった。まさに秋の夕暮れ。



ずっとお疲れ気味だったが、今日夜ご飯、どんぶり2杯お代わりした
これで、疲れもふっとんだかな。


Comments (3)
この記事をはてなブックマークに追加

GARMINの反乱

2010-09-18 | RUN
NO RUN 5日にていざPR。

先週は33℃。今週は28℃。
マイナス5℃。

この5℃、大きい。でも、この時期の28℃もどーかと思うけど

ペースより距離。先週は10kmで撃沈したけど、同じ轍を踏みたくない。

キロ5気持ちマイナスにてスタート。4分台を敢えて選択せず、気持ち控えめ。

女子部Dコーチが回復ジョグなので私のペーサーになってくれるという。
彼の回復ジョグ=私のペース走というのがとほほだけど。

D君は別名「ミスターペーサー」

言われた通りの設定で自由自在に刻める。設定ペースを伝えるとその通りに。

ペーサーついたら今日は楽勝やん その通り、身体軽いのに、いい感じ。

いいペース刻んでるなあ、とGARMINを見ると

真っ白

ランニングコンピュータ(GARMIN)は距離を計測しその場でペースを表示してくれる
これ無しでは走れないマストアイテム。

今日はなぜかGPS電波を頑なに拾わない(焦)なんでやねん!
ペースが崩れてしまう。でも、D君が側にいるから、大崩れはせず。

これは、多分、GARMINはD君にヤキモチを焼いたに違いない!!
それか、「たまにはペーサー休ませてよお」という心の叫びだったのか(笑)

とにかくD君は10kmついてくれ、そこはほぼキロ5ジャスト。
相変わらず必殺仕事人、いい仕事しますわ。

その後も真っ白のままのGARMIN,こっからがほんまの一人旅。
誰も同じペースの人も見つからず、とにかく、自分の身体で覚えてるキロ5を体現。
時計は全く見ず。

どんどん気温は上がる。
なんとか残り6kmをきっちりキロ5で走りきったー。ほっ。
北海道の内臓疲労がまだ残ってるから、これが今日の限度。先週より距離のびたから、徐々に、徐々に。
気温は来週また下がってくれるからね。

レースを目指すと、キロ何分、そんなことばっかり気にしてしまい、それは違うんだよね、
心でのんびり走りたいように走ればいい。そう常に思う。
まあ、GARMINに頼らずに、自分の心でそれが体現できると最高なんだが、まだまだいいパートナーでいてもらわな。

だけど、一旦シーズン入ったら、言い訳はあかんよね。
ペース走をするホームコース。先週からここを走る仲間の表情は一変。
ここで走るときは、いい加減に走っちゃいけない。仲間達に失礼。
ここは、シーズン入ったら、みんなの鍛錬の場。

レース参戦すると決めたのであれば、ここでのんびりおしゃべりジョグ、違うよね。
やるときは、やりましょ


練習の帰り道、GARMINやっぱりどっか設定おかしいのかな。
なにげに動かしたら、何事も無くさくさくと。あれは、何やってんーーー

ほんまに休みたがっていたのかもね。
GARMINがから「D君休ませてくれてありがとー」という声が聞こえた気がした

東京が嫌い(高層ビルが多いから)な私のGARMIN、大好きな場所はNY、セントラルパーク。
去年のNY、セントラルパークでの電波のキャッチの早さは、驚愕すべきものだった

帰宅するとリビングから美しい六甲が広がっていた。
ちゃんと走れた日の六甲は、いつも以上に美しく見える。






さあ、明日はあの麓に走りにいけるかな。明日はGARMIN、休んでないで頼んだよ!





Comments (3)
この記事をはてなブックマークに追加

Swich On NYCM

2010-09-17 | RUN
今週は結局全く走らなかった

月曜 恒例REST
火曜 体調
水曜 体調
木曜 お通夜

今日もRESTの日だったので、敢えて走らず。明日の練習に備えた。
その分、いろんな用事&残務処理。
昼間バッタバタ。

昨日の出来事がきっかけでいろんな新しいつながりもあった。
昨日参列できなかった後輩から
彼とは、今年の東京マラソンのスタート会場でありえない劇的再会をした。

そして、きょうちゃんがとってもお世話になった共通の先輩に私のことを伝えたら、
なんとその先輩は、今NEW YORKに住んでるらしい!

「今度来る時は連絡しろよ」とうれしいメッセージ

わーい!!この先輩はクラブ&ゼミの直属の先輩で、学生時代ろくに勉強してなかった私を
伝統のあるゼミに引っ張ってくださった恩人なのだ

「ご飯食べさせてくださいね」とメッセージを託した(笑)


あ、そうなんやね。

もう、気がつけば
あと50日

あっという間ですな。
久しぶりにNYCMの自分のプロファイルサイトを開いたら、新しいアナウンスメントが。






Transportation
You have been assigned to: Midtown Manhattan (New York Public Library) - 6:00 AM


今年の集合は、ミッドタウンだミッドタウンの集合に割り当てられる人数は少ないからラッキーなのだ。
ミッドタウンは、マンハッタンのど真ん中。去年はマンハッタンの先端のフェリー乗り場だった。それも5時30分集合。
宿を4時15分に真っ暗なマンハッタンを一抹の不安とともに歩き、地下鉄に不安一杯で乗り込んだ。
(でも乗り込んだ瞬間ランナーだらけでドキドキは一瞬で消えた笑)

今年は集合場所まで地下鉄で10分足らず。歩く時間を入れても30分余でオッケー。
1時間半以上ゆっくりできる!

そんなテンションとともに自宅にたどり着くと、お、ちゃんと来てるよ。

年の勝負靴!


今年は、赤。注文していたスカイセンサーの限定モノが届いてた。
普段アディダスを履く私だが、NYだけは別。

NY友のJさん曰く、「せっかくNYを走らせていただくんだから、スポンサーの靴で感謝を示さないと

ま、それだけでなく、この限定モデルは、ずっと3年間先代もレース専属で履いていたやつ。
先代の引退試合は去年のNYCM。

新シューズは、さらなるふわふわ感が心地よし!
この週末にJさんにならって、シューズのカスタムインソールを入れて自分仕様にしてもらいにJさんお勧めショップに持ち込むのだ
わくわくどきどき。

そして、22時前に別のトラベルラン友からメール。


「今日から遅い夏休みを、もらいマウイに行って来ます。成田からでは無く、中部からです。」

やっぱりいたかマウイに行く友が。

負けずに「私は11月にNYです」と自慢(笑)

返事は・・・「当方、5日出発の4泊6日です。が決まりましたらしますね(^.^)b」

やられた。。。


とにかく楽しいNYであることには間違いないようだ。

さ、そろそろ気合いいれてきましょか。まずは明日のペーラン。まだ暑いかなあ。。。
この3連休は走り三昧。


Comment
この記事をはてなブックマークに追加