あるタカムラーの墓碑銘

高村薫さんの作品とキャラクターたちをとことん愛し、こよなく愛してくっちゃべります
関連アイテムや書籍の読書記録も紹介中

初春の大阪地どりツアー2日間

2008-03-10 22:58:01 | 何となく、タカムラー気分(お知らせ含む)
(・・・って、どこかの旅行会社のパンフレットみたいだなあ)

3月8日(土)、9日(日)の2日間、大阪地どりを実施しました。
お付き合いいただいたのは、DOT&BORDERSのタカサカさん。ありがとうございます! そしてお疲れさまでした!

本格的な大阪地どりは約1年半ぶりでしたし、初めて訪問した場所もありましたし、なかなか充実しておりました。・・・まあ、それなりにキツかったですが(苦笑)
福崎に到着してから、左足小指が水ぶくれになってたらしく、それが潰れてしまった・・・(マメではなく水ぶくれでした、タカサカさん)

では、今回の地どりコースをご紹介。

<1日目>
昼頃、阿倍野・天王寺で待ち合わせ。昼食後、住道矢田へ。4丁目の一部を歩いて雰囲気を味わう。
   ↓
阿倍野・天王寺に戻って、周辺を案内。
天王寺公園から天王寺動物園、ジャンジャン横丁、阪堺線、新今宮など。
   ↓
動物園前駅から心斎橋駅へ。
休憩後、心斎橋筋のアーケードを歩き、アメリカ村、三角公園。
   ↓
梅田駅到着で1日目終了。

<2日目>
9:00頃、中之島散策。
堂島川沿いと土佐堀川沿い、江口商事、橋めぐり、裁判所、中之島図書館、住田銀行など。
   ↓
梅田駅に行き、阪神電車で姫島へ。姫里の教会の周辺を歩く。
   ↓
梅田に戻り、難波で昼食、休憩。
   ↓
地下鉄四つ橋線で住之江公園駅へ。住之江競艇場。
ニュートラムに乗り換え、平林へ。
隠してある拳銃を奪った(苦笑)貯木池や住吉川。
   ↓
住之江公園駅へ戻って、市バスで新なにわ筋を北上、千本松大橋へ。
千本松渡船場から木津川を渡る。
   ↓
市バスと徒歩で甚兵衛渡船場に到着、尻無川を渡って福崎へ。
   ↓
三十間堀川、天保山運河など、福崎を散策。
李歐と一彰が別れた名場面を偲ぶ。
   ↓
徒歩と市バスで弁天町駅へ。大阪駅へ向かい、阪急・梅田駅でお別れ。

初めて訪れた場所が、2日目の後半です。
これで大阪湾周辺(『わが手に拳銃を』 『李歐』)は、いつでもご案内できますよん♪

今回は「地どりの神様」か「地どりの仏様」がついていたんじゃないかというくらい、運に恵まれてました。
それは<高村薫作品カレンダー>と併せて、記事とレポートでおいおいご紹介していきますね。

今日は3月10日。忘れちゃいけない、『リヴィエラを撃て』 の重要な出来事のあった日なのでね・・・。
これから作成します。

***

「AERA」2008年3月17日号の「平成雑記帳」は、ロス疑惑と裁判官制度について。


コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 3月9日 | トップ | 3月10日 »

コメントを投稿

トラックバック

大阪地どり記(3/8~3/9)? (DOTS & BORDERS)
3月8日から9日まで、高村作品のブログ(あるタカムラーの墓碑銘)を運営していらっしゃるからなさんと大阪地どりを敢行しました。 二日間の...