クレジットカードほのぼの日記

クレジットカードがテーマで、思いついたことやクレジットカードのニュースなどをほのぼのに日記にしました。

日本政策金融公庫→沖縄海邦銀行→続く雑談

2018-05-25 | クレジットカードにちなんだ雑談
【日本政策金融公庫】  

2008年に設立された財務省所管の特殊会社です。

株式会社日本政策金融公庫法に基づきます。

前身は、国民生活金融公庫、農林漁業金融公庫、中小企業金融公庫です。

略称は、当初「政策公庫」といわれたようですが、2009年からは「日本公庫」といわれるようになりました。







【沖縄海邦銀行】  

沖縄県にある第二地方銀行です。

本店は那覇市久茂地にあり、他県に支店はないようです。

海銀という略称で呼ばれます。

2000年に沖縄海邦サッカークラブのスポンサーとなり、沖縄海邦銀行サッカークラブと名前が変わったことでもしられます。

2016年にはくにがみ球場と国頭陸上競技場の施設命名権を取得したことも話題になりました。






【紙幣】 

お金には効果と紙幣があります。

一般的には少額が硬貨、高額が紙幣というすみわけがあります。

紙幣は財布に納まりやすく、とても使いやすいですね。

硬貨のように重くもならないので、ポケットにいれても邪魔にならないです。

偽造されないように最先端の印刷技術が使われます。







【スターリング・ポンド】 

イギリスで使われている通貨です。

紙幣の流通は5ポンド、10ポンド、20ポンド、50ポンドの4種類です。

硬貨は、2ポンド、1ポンド、50ペンス、20ペンス、10ペンス、5ペンス、2ペンス、1ペンスなどがあります。

イギリス・ポンドとも呼ばれ、世界での取引量が、米ドル・ユーロ・日本円に次いで多いです。






【宇佐美ビジネスカード】  

宇佐美と出光の提携カードで、その名の通りビジネス向けのクレジットカードです。

全国に展開する、宇佐美や出光のサービスステーションで使えます。

あちこちにあるSSだからこそ、出張の時にも便利そうです。

もちろんETCカードもありますし、給油や整備の履歴も明細書で簡単チェックできるみたいです。


この記事をはてなブックマークに追加

日本政策投資銀行→南日本銀行→続く雑談

2018-05-20 | クレジットカードにちなんだ雑談
【日本政策投資銀行】  

財務省所管の特殊会社で、株式会社日本政策投資銀行法に基づき設立されました。

2008年に発足しましたが、その過程では日本政策投資銀行を解散しています。

もともと完全民営化する流れでしたが、2011年の東日本大震災の影響で見直されたのでした。

本店は東京都千代田区大手町にあります。







【南日本銀行】 

鹿児島県にある第二地方銀行で、本店が鹿児島市にあります。

1913年設立の同仁貯金合資会社がスタートだったようです。

1951年に相互銀行となり、旭相互銀行と名前を変えました。

そして1989年、普通銀行に転換したときに南日本銀行になりました。

略称は「なんぎん」です。







【硬貨】  

現金には硬貨と紙幣がありますが、硬貨は金属のお金です。

主に少額の価格を示す現金として用いられます。

時には記念硬貨というのも発行します。

効果には穴が開いたものや、縁が波打ったかたちのものなど、世界を見ると珍しいものもあります。

いろいろ調べてみるのも面白そう。







【日本円】  

円は日本のお金です。

でも日本だけじゃなく世界でも存在感のある通貨です。

外国為替市場で取引高が、米ドルやユーロに次ぐほどの位置づけです。

ところで、円といえば、二千円札っていったいどこに行ったのでしょうか。

ほとんど日常で見かけることがないのはなぜでしょうか。






【ライフカードゴールド】 

その名の通りゴールドカードで、通常カードよりランクアップしたカードです。

そのため国内・国外とも旅行傷害保険の金額も高く、最高1億円です。

専用ラウンジを空港で利用できますし、自動車のトラブル時のロードサービスもついています。

弁護士の無料相談も利用できるそうで幅広く特典があるのでした。



車の価値を販売店の下取りだけで判断していたのは昔のことになりつつあるのかも。買取業者が販路を広げ、昔では考えられないような車も買取りされています。廃車手続き前の愛車の価値調べ・木更津市の方法が見落とせないと思う。査定比べが簡単になったことで、比べないのは逆にもったいないことかもしれないです。

この記事をはてなブックマークに追加

資産管理サービス信託銀行→宮崎太陽銀行→続く雑談

2018-05-15 | クレジットカードにちなんだ雑談
【資産管理サービス信託銀行】  

日本の信託銀行の一つです。

2001年に、みずほ信託銀行、朝日生命保険、第一生命保険、富国生命保険、安田生命保険が出資して設立したのでした。

非上場の信託銀行です。

事業内容は、マスタートラスト業務や、有価証券資産・確定拠出年金資産の管理業務などです。






【宮崎太陽銀行】  

第二地方銀行の一つで、宮崎県宮崎市に本店を構えて営業しています。

宮崎県だけではなく、福岡県や大分県、鹿児島県にも店舗はあるそうです。

1941年設立の宮崎無尽株式会社がルーツです。

途中、相互銀行へを経由して、普通銀行となりました。

普通銀行になった時に今の銀行名になったのでした。







【日本仮想通貨交換業協会】 

2018年4月23日に発足しました。

仮想通貨業界の自主規制団体になります。

一般社団法人です。

金融庁から仮想通貨交換業の登録を受けた16社で構成されました。

メンバーとしては、マネーパートナーズのほか、QUOINEや、bitFlyer、ビットバンク、SBIバーチャル・カレンシーズなどです。






【株式会社きらぼし銀行】  

信用組合からスタートし、信用金庫になったときには代々木信用金庫。

そして合併で八千代信用金庫となりました。

その後も信用金庫や信用組合と合併を繰り返し規模を拡大。

そして第二地方銀行の普通銀行に転換したときに八千代銀行となりました。

さらに東京都民銀行と新銀行東京を合併して、きらぼし銀行です。







【シネマイレージカードセゾン】 

映画にちなんだ特典とポイントが嬉しいクレジットカードです。

映画をよく見る人には便利な一枚になることでしょう。

ユニークなのが映画の時間がマイレージになること。

長い映画ほどマイレージが貯まるって変な話だけど、はまりそうです。

会員価格での映画鑑賞の特典も素敵です。


この記事をはてなブックマークに追加

クラウドファンディング→豊和銀行→続く雑談

2018-05-10 | クレジットカードにちなんだ雑談
【クラウドファンディング】  

不特定多数の人からインターネットなどで小口の資金を集める資金調達の手法です。

ソーシャルファンディングともいわれます。

ファンのアーティスト支援とかにも使われるようです。

ほかには、ベンチャー企業の資金集めなどもあります。

個人の活動資金などでも利用されることがあるようです。






【豊和銀行】 

大分県の第二地方銀行であり、大分市に本店を構えます。

読みは「ほうわぎんこう」です。

タメルーニャ、カリルーニャなどの「5匹のきょうだいネコ」が、イメージキャラクターです。

1949年設立の大豊殖産無尽がルーツで、相互銀行を経て、今の普通銀行になりました。







【円切上げ】  

1971年末に行われた円の対ドル為替レートの切上げです。

昔は1ドル=360円の固定相場だったんですよね。

ニクソン・ショックを発端とする一連の出来事が引き起こしました。

その後、円高が進んで、2011年には1ドル=70円台ということもあったのでした。

ものすごい変化ですね。






【ユーロ】 

世界的に注目度の高い通貨です。

ヨーロッパ連合の通貨で、現金としてスタートしたのは2002年のことでした。

ちなみにその3年前の1999年から決済用の仮想通貨としてはスタートしていました。

公式導入している国以外でも使用できたりするのもまたちょっと複雑ですね。







【MUFGカード スマート】  

ATM利用手数料優遇があり、ポイントが自動でキャッシュバックされるクレジットカードです。

年会費無料の優遇制度もあります。

普通に旅行傷害保険は国内・海外ともにありますし、ショッピング保険もついています。

登録型リボの「楽Pay」も使えます。

ETCカード・銀聯カード・家族カードも追加できます。


この記事をはてなブックマークに追加

商工中金の2017年→熊本銀行→続く雑談

2018-05-05 | クレジットカードにちなんだ雑談
【商工中金の2017年】  

商工中金(商工組合中央金庫)は2017年5月に業務改善命令を出されました。

危機対応融資をめぐる不正によるものです。

複数の職員が財務諸表を改ざんしていたようで、対象外の企業にも不正に融資していたんだとか。

貸し倒れになっても税金などで穴埋めする仕組みだけに気になるところです。






【熊本銀行】  

熊本県にある第二地方銀行であり、本店は熊本市にあります。

通称は「くまぎん」です。

肥後ファミリー銀行との合併を機に、一時期「熊本ファミリー銀行」になりましたが、2013年に再び熊本銀行に戻ったのでした。

熊本銀行のほうが、シンプルですっきりした感じです。







【通貨危機】  

為替レートが、ものすごく値下げすることです。

通貨危機はその国の通貨が、信用をうしなっていることを示しています。

大変ゆゆしき事態ですね。

国が信用を失うのは、財政の悪化などが関係します。

そういう意味では、どんどん国債を発行している状況はどうなのかな。







【米ドル】 

日本にいてもよく知られた通貨です。

いつもドルに比べて、円安や円高などがニュースになります。

世界でもっとも使われている国際通貨です。

国際決済や基軸通貨としても知られています。

1ドルより細かい金額は、セントが使われています。

100セントで1ドルです。







【Usappy Card プラス+】  

全国に展開している宇佐美SSのポイントカードにクレジットカードが合体してできたカードです。

宇佐美SSをよく利用する人には便利なカードです。

年会費も初年度は無料ですし、前年度に利用が1回でもあれば年会費が無料とのこと。

だからこそ気軽に持てるカードのひとつです。


この記事をはてなブックマークに追加

日本トラスティ・サービス信託銀行→長崎銀行→続く雑談

2018-04-30 | クレジットカードにちなんだ雑談
【日本トラスティ・サービス信託銀行】 

大和銀行と住友信託銀行の共同出資で設立された信託銀行です。

大和銀行は現在、りそな銀行になってますし、住友信託銀行は現在、三井住友信託銀行になってます。

非上場で、資産管理特化型の信託銀行です。

東京都中央区に本社があります。

2000年に設立された銀行です。







【長崎銀行】 

1912年に設立された長崎貯金がこの銀行のルーツです。

いくつかの合併の後、1951年に相互銀行となり長崎相互銀行になりました。

そして1989年に普通銀行に転換して長崎銀行となりました。

2001年に当時の福岡シティ銀行の関連会社になり、2014年には西日本シティ銀行の完全子会社になりました。







【大きな支払いにカード】  

大きな金額の支払いには現金よりカードを使うという人が多いみたいです。

確かに現金だと大変ですからね。

現金の場合金額を数える手間もありますし、持ち運ぶときの不安もありますね。

その点、カードなどの決済であれば、現金に触れることなく、支払いができます。






【三菱UFJ銀行】 

銀行の名前が2018年4月に変更になりました。

三菱東京UFJ銀行から、東京の文字が落ちて、三菱UFJ銀行に短くなりました。

でもまだスイフトコードには旧東京銀行の名残が残っているようです。

BOTKです。

ちなみにニューヨーク証券取引所は早々にMTUからMUFGに変わりました。







【Barbieカード】  

女性向けのクレジットカードの一つといっていいでしょう。

世界で知られるファッションドールのバービーのクレジットカードです。

カードのデザインも可愛いですし、ライフカードの利便性とバービーがコラボしています。

バービーの最新情報を知ることができるメールマガジンも気になります。


この記事をはてなブックマークに追加

新銀行東京→佐賀共栄銀行→続く雑談

2018-04-25 | クレジットカードにちなんだ雑談
【新銀行東京】  

東京都新宿区に本店がある銀行です。

東京TYフィナンシャルグループ傘下の銀行です。

名称の末尾に「銀行」が付かない名前的には珍しい銀行です。

石原銀行といわれることもある理由は、2003年の東京都知事・石原慎太郎の選挙公約に基づいて発足した銀行のためです。






【佐賀共栄銀行】 

第二地方銀行の一つで、資産規模が小さいことでも知られる銀行です。

佐賀県佐賀市に本店があり、地元では「きょうぎん」と呼ばれています。

ボランティアや地元行事への参加でも知られるところのようです。

西日本シティ銀行や福岡中央銀行などいくつかの銀行のATMでの出金が自行扱いで利用できます。






【カード本体で指紋認証】 

カード本体が指紋認証機能を持つという技術があります。

これを利用すると、サインや暗証番号の入力を省けます。

指紋認証機能については、スマホやATMではすでに実用化しています。

カード本体というのは次のステップ。

登録はスマホのアプリで行うことになりそうなのでした。







【仮想通貨の相談】 

仮想通貨がらみの相談件数が、国民センターで2017年度は大幅に伸びたようです。

ビットコインの高騰が話題になり、世間で注目度が上がったことが影響しているのでしょう。

とはいえ価格変動の大きい仮想通貨ですので、トラブルになりやすいみたい。

事件も発生していますし、心配も多い仮想通貨です。







【JAPANカードセゾン】 

セゾンカードと日本サッカー協会のコラボのクレジットカードです。

永久不滅ポイントなどセゾンカードの便利さを持ったカードです。

そのうえで、JFA(日本サッカー協会)へ寄付される仕組みも備えています。

日本サッカーの強化資金に貢献できるカードなのでした。



自動車の任意保険の更新時期は年に一度の大きな節約チャンス。自動車保険の見積比較は簡単です。ネットの便利な仕組みを利用すれば保険会社の営業の話を聞くことなく、保険料比較ができます。愛車ポルテの任意保険比べて節約が今どきの常識になってきているのでした。格安保険の実力を知ることも大事なことだとおもいます。条件次第では、意外な保険が安くなることもあります。

この記事をはてなブックマークに追加

MIFGコイン→福岡中央銀行→続く雑談

2018-04-20 | クレジットカードにちなんだ雑談
【MIFGコイン】  

2017年10月、三菱UFJファイナンシャル・グループで開発中のデジタル通貨を発表しました。

ビットコインと同様に分散型のブロックチェーン技術を使います。

そのためコストが安いのが特徴のようです。

数百円単位の少額送金も現実的なものになるみたい。

そして例えば時間単位の保険契約なども可能になるのかも。






【福岡中央銀行】  

第二地方銀行の一つで、本店が福岡県の福岡市中央区になります。

名前の中の中央は、中央区を指すのかな。

通称は「福中銀」です。

1951年設立の正金殖産無尽株式会社がルーツのようです。

その後、相互銀行を経て、普通銀行に転換したときに今の名前になったのでした。






【コト消費】 

モノ消費とコト消費として対で考えると分かりやすいかも。

商品やサービスを購入したことの価値を考え重視する消費のことです。

楽しさだったり、不安の軽減だったりを価値に考えるということですね。

昔の消費をモノ消費と例えて、今の消費の考え方について対比した言い方ですね。






【新品・所有にこだわらない消費】  

所有することにあまりこだわりがないのが、今の消費の特徴かもしれません。

また新品至上主義だった昔と違い、中古を好む傾向もあります。

中古も所有にこだわらないのも、物に対する執着心が薄れたということなのでしょうか。

モノがあって当たり前の時代の消費行動なのかな。







【ゴールドプレステージ/ビジネス】 

ビジネスに便利な三菱UFJニコスのクレジットカードです。

旅行保険やショッピング保険などの他にもサービスや特典があり支持されています。

国際ブランドについては、マスターカードとVISAがあり、片方でもいいですし、両方でも使えます。

両方使えるとさらに安心できそうです。


この記事をはてなブックマークに追加

日証金信託銀行→高知銀行→続く雑談

2018-04-15 | クレジットカードにちなんだ雑談
【日証金信託銀行】  

信用取引の株券の貸付け、資金貸付けで知られる日本証券金融の子会社です。

東京都中央区に本店を置く信託銀行です。

対リテール業務を行っていないため、あまり名前を聞くことはないですね。

有価証券の信託、顧客分別金の信託、預金及び貸出業務などを行っているそうです。






【高知銀行】  

高知県の第二地方銀行ですが、県外にも支店がけっこうあります。

本店は高知市堺町に構えます。

1930年設立の高知無尽株式会社がそのルーツです。

1951年には高知相互銀行となりました。

そして1989年に普通銀行になり、高知銀行となりました。

東証1部上場は2013年のことでした。







【仮想通貨の不正送金公表】  

仮想通貨の不正アクセス事件の年間統計が初めて公表されました。

警察庁のまとめで2017年の分の公表です。

件数と被害総額ですね。

ちなみにコインチェックのNEM流出は含まない数字でした。

ビットコインが最も多く、次いでリップルが多かったようです。

そしてイーサリアムと続きます。






【仮想通貨の国際的連携】  

中国や韓国は仮想通貨に対してかなり厳しい規制で臨んでいます。

米国や欧州では対応が国や州によって違っています。

仮想通貨は国を超えて流通するものだけに、緩すぎる規制のとことがあると、資金洗浄などに悪用されかねないです。

国内だけではなく、国同士の連携も大事なのでした。






【丸亀町出光カード】  

香川県高松市の中心商業地区にある「高松丸亀町商店街」のクレジットカードです。

出光とのコラボで発行されたカードです。

ポイントで丸亀町商店街オリジナル商品券がもらえるなど、商店街の利用者なら便利な一枚だと思います。

年会費無料というのも嬉しい特典です。


この記事をはてなブックマークに追加

銀行の個人即日融資→愛媛銀行→続く雑談

2018-04-10 | クレジットカードにちなんだ雑談
【銀行の個人即日融資】 

銀行の個人向けの即日融資の存在により、銀行カードローンは空前の人気を得ました。

ところが、その即日融資が事実上停止されることになったのでした。

それは反社会勢力との取引をあぶりだすための警察庁への照会に時間がかかるようになるためです。

人気失速の理由は意外なところでした。






【愛媛銀行】  

第二地方銀行の一つで、愛媛県松山市に本店を構える銀行です。

JCBとコラボして、クレジットカード一体型キャッシュカードasitaを発行しています。

ひめぎんATM宝くじサービスは、ATMで宝くじが買えます。

そのほか、さまざまんた取り組みで注目されている銀行です。






【仮想通貨から業者撤退】  

2017年の改正資金決済法施行後、仮想通貨交換業者の撤退が話題になっています。

セキュリティー体制が金融庁の定める水準まで達することができずに断念したようです。

たとえば、来夢、ビットエクスプレス、ビットステーション、ミスターエクスチェンジ、東京ゲートウェイなどです。






【ゆうちょ銀行と地銀】  

ATMでの連携や、地域ファンドへの共同出資など、ゆうちょ銀行と地銀は歩調を合わせているようにも思えます。

でもかつては預貯金間で顧客・お金の獲得競争にしのぎを削っていた仲でした。

その関係をぶり返す火種が、貯金の限度額規制の撤廃にかんする論争なのでした。






【学生専用ライフカード】 

普通はクレジットカードといえば固定収入がある人のものかと思います。

でも学生専用と、おもいっきり肯定的な学生のためのクレジットカードです。

学生専用の問い合わせ窓口もあったりと便利そうです。

また無料で海外旅行傷害保険もついていて行動派の人にも便利です。


この記事をはてなブックマークに追加