河童メソッド。極度の美化は滅亡をまねく。心にばい菌を。

PC版に一覧等リンクあり。
OCNから2014/12引越。タイトルや本文が途中で切れているものがあります。

1060- サヴァリッシュ N響 ブルックナー第8番1980.3.28

2010-08-30 00:10:00 | インポート


昔聴いたコンサートより。
1980年に聴いたコンサートはこちら
.
この日はサヴァリッシュのブル8を聴きました。
.
1980年3月28日(金)6:45pm
NHKホール
.
ブルックナー 交響曲第8番(ノヴァーク版)
.
ヴォルフガンク・サヴァリッシュ指揮
NHK交響楽団
.
それでは例によって昔書いたメモの写し書きです。

サヴァリッシュはいつからこのようにロマンティックになったのだろう、と思うほどであった。
白眉は第3楽章であったが、第1楽章から第4楽章までスケールの大きさは変わらず、金管の音響自体を楽しむブルックナーの音楽から、こまやかな弦の響きまでまんべんなく生かされていたように思う。最前列で聴くとサヴァリッシュの気の入れようはものすごいものがあり、特に弦の響きは第1ヴァイオリンの高音の金切音を除けばまったく素晴らしいものであった。
それにしてもサヴァリッシュの作る音楽は少し変わったと思う。ロマンティックで、激しさを増したのではないか。2,3年前に聴いたブラームスの第4番のあたりからそう思っていたが、なんというか音の作りが柔らかになり、またぶ厚さを増したように思う。ショスタコーヴィッチの第14番はまた別の意味で素晴らしいものではあったが。
第一に感じたのは、あるフレーズから次のフレーズへ移るとき、オーケストラが息をするように聴こえたことである。フレーズの最後の方で少しずつ遅くなり、はっと音が止まりまた流れ出す。この感じで第3楽章を歌うその音楽はいつになく素晴らしいN響であった。またそのコーダのホルンの朗々と歌う雰囲気はまさにオルガンの響くヨーロッパの自然にふさわしいものであった。こっちもいつになく感動してしまった。本当にサヴァリッシュの作る音楽は変わったというよりも血が通ってきたと思う。これはまた、N響との仲の良さもあると思う。とにかく安心して音楽が楽しめる。
第2楽章の音を割ったホルンの強奏を許したのもそれが目的のための音作りではないなにかを感じさせるし、第4楽章の爆発的かつ圧倒的な音楽もブルックナーならではのものであろう。
あとはトランペットが一流になり、第1ヴァイオリンの高音部が金切音にならなければN響も一流のオーケストラである。もちろん、日本以外での。
まあ少し気を使ってアンサンブルの乱れを聴くのも、ブルックナーの8番を生で聴くとき、そんなに完璧なオーケストラで聴くのよりもよいのではないか。とにかくサヴァリッシュは僕の持っているレコード(10年ほど前)のような音楽造りはしなくなった。

1980年の頃の感想メモはこんなものだ。そのときに10年前のサヴァリッシュのLPをもっていたわけだから、たぶんブラームスあたりだ。
サヴァリッシュの震えの止まらぬ左手の動きは独特というか抑揚のコントロールとしてはひとつの正解だった。

人気ブログランキングへ

コメント (2)

1059- 若杉弘 ケルン放送交響楽団 マーラー5番1980.3.19

2010-08-25 00:10:00 | インポート

2


昔聴いたコンサートより
1980年一覧は1

人気ブログランキングへ

コメント

1058- 金魚の国より 幸水 いただきました。

2010-08-24 00:00:32 | 食・レシピ

100823_223101


最近、いただきものが多くて、感謝なんですけれど、
本当にクラシックブログなのか、といった疑念の声もあがっている模様。
でも、
今日もいただきものアップ。
いただきものとはいえかなり遠くまでピックアップにいってきました。
おかげさまで甲斐があり6個も。。
ありがとうございます。
.
お味の方は、まだ。
冷蔵庫で冷やして明日以降にいただいてみたいと思います。

100823_223201

人気ブログランキングへ

コメント

1057- さらば渋谷HMV 2010.8.22閉店

2010-08-22 21:48:27 | 日記・エッセイ・コラム

渋谷のHMVには最初のころは頻繁に通った。クラシックフロアだけだったがずいぶんとお世話になった。しかし、何年か前にクラシックフロアにジャズフロアが越してきて同居を始めたのを境にほとんど行かなくなってしまった。個人的にはあの時点で渋谷HMVは終わっていた。

.

今の渋谷のHMVは昔の万葉会館跡に引っ越したもので、その前は東急本店通りにあった。センター街に20年あったわけではない。

駅を降りて東急本店通り(今の文化村通り)を東急に向かって歩いていくと右側のビルの一階に最初のHMVはあった。クラシックは例によって冷遇されていて、手前右隅にこじんまりとコンパクトにおさまっていた。ここに寄ることはほとんどなく、CDの大型店の概念ができる前で、またバブル真っ逆さまの少し前で、お酒ついでの六本木のWAVE方面が多かった。

今でこそ、N響定期を聴いた後タワーレコードで物色して帰ることもあるが、当時NHKホールを後にしてCDショップに寄って帰るという発想がなかったようだ。

.

タワーレコードとHMVは歩いて10分ぐらいの距離。クラシックファンというのはCD1枚買いという人はあまり多くなく、バケツをぶら下げて買い漁る人が割と多い。こんな買い方なので価格にも割と無頓着な人が多い。でも輸入盤は微妙に値段が両店で異なっているので、また電車代をかけずに行ける距離なので、ふらふらと気になるところもあった。

またタワーレコードとのすみわけは販売戦略で当然やっていたと思うのだが、クラシックの新譜など限られており、輸入盤で濃淡をつけるか、あとはジャンルで力の入れ具合を施すぐらい。

同じCDをべたべたとのべつまくなしに置く手法をなんというか知らないがタワーレコードはその典型であり、HMVはそのような並べ方はしていなかった。これも販売戦略というものなのだろうか。CDを手に取ってさわってみてみることをほとんどしないので、置き方視覚的要素などどうでもよくて、なにがどこにあるのかがわかればよかった。いずれにしてもだんだんとタワーレコードの圧倒的品数に明らかに勝負がついたのも、ネット買いが流行るより前だったと思う。

その昔、悪友S君とは渋谷で飲む機会が多く、そのときはHMVを待ち合わせの場所によく使わせてもらったものだ。ソファが置いてあるので、CDをまとめて手に取り座ってじっくり見たりして。

センター街から道玄坂にでて上り、今は昔、無残な姿となってしまった百軒店にもいいお店があった頃ですね。

HMVCDを買い、百軒店のいつもの小料理屋にはいり、音楽談義だけでは飽き足らず、買ったCDの見せっこ。子供みたいなもんだが、深夜まで会話がはずんだものだった。

終わり。

(記憶だけで書いてます)

人気ブログランキングへ

コメント

1056- お盆休みは悪天候

2010-08-15 23:15:35 | インポート

100815_172701_2

今年のお盆休みは天気が良くなく、なにもできず。

天気が良くても墓参りだけですので、とくにどうということもありませんが、

でも、

いいに越したことはありません。

近くにちょこっと食事をしにいっただけ。

コメント

1055- トリノのオペラの後は銀座でイタリアン

2010-08-13 23:04:00 | インポート

トリノの王立歌劇場の椿姫の公演を観劇した後、銀座に移動してイタリアン。

日曜日でしたので、クラキチさんもあまりいいレストラン探せなかったみたいです。

.

オルヴィエート

人気ブログランキングへ

コメント

1054- コンサートはしごのあとは六本木へ

2010-08-12 23:57:00 | インポート

お昼は赤坂で、夜は上野で、演奏会をはしごして、そのあと六本木で行ったお店。

クラキチさんもアップしているようですが、ちょっと不満だったみたい。

.

碧海

人気ブログランキングへ

コメント

1053- サンソリット・スキンピールバー と モフィ

2010-08-11 20:56:48 | インポート

100811_202201


今週は音楽クラシックブログになってませんけど、お盆休みということで。
.
これが何かと言われても説明できませんが、洗顔石鹸の方は使えそうです。
形がなくなる前におさめておきました。

人気ブログランキングへ

コメント

1052- 唯一無二 舟納豆 常陸乃国奥久慈産高級納豆

2010-08-10 00:02:10 | グルメ

2_2

3

水戸の納豆をいただきました。かなり重量感のあるものです。
こごいら詰合
さっそく「大むぎ入り舟納豆」を一個いただきました。
昔のわら納豆を思い起こさせる作りですね。
内容量が90グラムありヘヴィー。
まず、そのままで一口。遺伝子組み換え大豆が使われていないせいか、体にしっくりきます。
次に、全部取り出して、少しかきまぜて食べようとしましたが、粘りがすごい。濃厚な粘りで力が要ります。
しっかりとかきまぜて十分な粘りが出たところで、とりあえず、そのまま口にしました。
豆の味を限りなく楽しめますね。ビールにもちょうど合う気がします。
そして添えられている「納豆のたれ」をたらして混ぜ合わせいただき。
この納豆のたれですけれど、これまた非常に濃厚。これだけでお酒の肴になってしまいそうなぐらいうまい。
.
夏の夜はあまりコメを食べることがないのですけれど、この日だけはアツアツのご飯の上に極上の納豆を落として食べました。
今日もいただきものありがとうございました。

人気ブログランキングへ

1

コメント

1051- 自家製珈琲リキュール

2010-08-09 00:24:09 | グルメ

100808_212801

自家製といっても筆不精の自分が作ったものではありません。例に寄っていただきものです。
いただいたその日のうちに常温で軽く喉にたらしましたが、そのあとしばらく冷蔵庫にいれて置きました。
体調的に気分的にリキュール日和でしたので、本腰を入れて飲んでみました。
.
西麻布のウォッカトニックで飲む珈琲リキュールまではいかないが、かなりいいお味でした。
ちょっと、アルコールと珈琲豆の味が強調されているようにも感じますが、じゃぁその二つ以外なにがはいっているの?と訊かれればたしかにそれだけですね。
要は混ざり加減でしょうか。常温のときには感じなかったので、ちょっと温度を戻してからもう一度味わってみますね。
それにしても、一日少なくてもストレート珈琲を4杯飲む河童にとってはこの濃厚さは何物にも代えがたいものがあるのも事実。
いただきもののお礼を言わなければなりません。

人気ブログランキングへ

コメント

1050- 再掲 こくのある硬めの棒 ノセダ NHKso. 2008.10.18

2010-08-06 00:10:00 | インポート

20107月トリノ王立歌劇場と来日したノセダの昔の演奏会より。

.

.

698- こくのある硬めの棒 ノセダ NHKso. 2008.10.18

.

.

人気ブログランキングへ

コメント

1049- 爆発のコルンゴルド ジャナンドレア・ノセダ N響2005.2.24

2010-08-05 01:08:26 | インポート

20107月トリノ王立歌劇場と来日したノセダの昔の演奏会より。

.

2004-2005シーズン聴いたコンサート観たオペラより

2004-2005シーズン一覧はこちら

.

2005224()7:00pm

サントリーホール

.

ウェーベルン パッサカリア

コルンゴルト ヴァイオリン協奏曲

チャイコフスキー 交響曲第2番

.

ヴァイオリン レオニダス・カヴァコス

ジャナンドレア・ノセダ 指揮 NHKso.

.

卓球で言うところのフォアのロング、床からしゃくりあげてノーガードの殴り合い、のような棒である。コルンゴルドの最後の振りもすごかったが、チャイコフスキーのコーダのすさまじさは尋常ではない、という表現をはるかに通り越している。徹底的に振りぬいた棒。あそこまでおたまじゃくしを一つずつ振る必要があるのか。しかし、あのNsoの弦が最後にうなりをあげたのだから本物だ。あんな音のうねり、聴いたことがない。圧倒的。とにかくすさまじい棒だ。一見の価値は確かにある。年とともにあのような振りは出来なくなるわけだから。

しかし、音楽である。これがまた素晴らしいのである。ダイナミックである。綿々とすることはない。それでも音が少しずつ加熱していく。音楽に語らせ積み上げた音がいつのまにかほてっている。コーダの区切りも何も無く突進していくが奇妙に説得力がある。全体の構造が見えているからか。この振りだとあすこはそうするしかないだろう、といった感じ。

巨大なチャイコフスキーは言うに及ばず、大伽藍を構築し圧倒的な音響の説得力に驚かされたコルンゴルド。そして全くつぼにはまったウェーベルン、と全部何も言うことはない。

.

人気ブログランキングへ

コメント

1048- ジャナンドレア・ノセダ N響2005.2.19

2010-08-04 00:22:59 | インポート

20107月トリノ王立歌劇場と来日したノセダの昔の演奏会より。

.

2004-2005シーズン聴いたコンサート観たオペラより

2004-2005シーズン一覧はこちら

2005219()3:00pm

NHKホール

.

シュトラウス 「カプリッチョ」から 月光の音楽

シュトラウス 「インテルメッツォ」から 4つの交響的間奏曲

シェック ホルン協奏曲

ブラームス ハイドンの主題による変奏曲

.

ホルン:松崎 裕

ジャナンドレア・ノセダ 指揮 NHKso.

.

あまりに激しい指揮振りである。ものすごいしゃくりあげは度を越している。本人は外見を全く気にすることなく、まじめな顔でひたすら振りまくっている。このミスマッチが誠実さを助長させる。本人はいたって生真面目。違和感が無く音楽も指揮に沿ったものであり好感度が高い。現在、昇り竜のごとき活躍のようだが全くうなずけるものがある。動きと音楽の流れの一致が見事だ。日本にも振りまくりの指揮者がいるがほとんどが空振り以外の何物でもない。

当初は松崎のホルンが目当てであったが結果はノセダの一人勝ちだ。ホルン協奏曲はかなり難しい曲だと思うのがいまひとつぱっとしない。カプリッチョは樋口が吹いていたので今日は豪華といえば豪華ではあるが。

シュトラウスを一聴しただけでオペラの指揮者だとわかる。音楽が大きい。何気なく音楽にはいり、だんだんとヒートしてくる。表現に起伏があり、音楽がオペラの一場面のように燃え、場面が想像できる。現場経験が全く素晴らしい音楽を作り上げる。

ハイドン・バリエーションもしゃくりあげがすごいが、音楽自体はうるさくならず盛り上がる。自然に熱くなる、といったところか。これだけのアクションでありながら、主体は飽くまでも音楽であるということが聴こえてくる音からよくわかる。素晴らしい指揮者である。

人気ブログランキングへ

コメント

1047- 椿姫 ナタリー・デセイ トリノ王立歌劇場 ノセダ 千秋楽 2010.8.1

2010-08-02 23:54:31 | インポート

100801_180201

Ts330020

2009-2010シーズン聴いたコンサート観たオペラより

2009-2010シーズン一覧はこちら

.

この日は初来日のトリノ王立歌劇場の千秋楽

201081()3:00pm

東京文化会館

.

ヴェルディ ラ・トラヴィアータ

 第1+2幕第1

 休憩

 第2幕第2+3

.

演出 ローラン・ペリ

合唱指揮 ロベルト・ガッビアーニ

指揮 ジャナンドレア・ノセダ

トリノ王立歌劇場

.

ヴィオレッタ ナタリー・デセイ

アルフレード マシュー・ボレンザーニ

ジェルモン ローラン・ナウリ

.

劇場にはありがちなこととはいえ、ピアニシモが始まったとたんに咳き込んで止まらなくなってしまった御仁には退場いただきたかった。音楽はすすむしかないのだから。

最後はそんな些末なことは忘れさせてくれるいつものトラヴィアータには負けるしかない。

千秋楽のせいか、終演後のデセイのはしゃぎっぷりはかなりのテンションで、さっき悲劇の幕を閉じたタイトルロールとは思えない。なにはともあれ一件落着。

.

この日の公演は休憩が一回のみ。それも第2幕を第1場と第2場に分けた。まるで2枚組CDそのもの。

全体の長さはそうでもないが、第2幕第1場が長大であるため、それなら休憩を一回にしてしまえ、というのもわからなくない。

でも、これはローラン・ペリの演出のせいだったのだ。第2幕第2場と第3幕をアタッカで結ぶ。派手に終わる第2幕第2場、その舞台の中央にひとり立ったままのヴィオレッタが、まわりの合唱団らによる衣装転換をおこない、そのとき舞台も白装束、その一つのベッドに倒れこむところから第3幕が始まる。幕はあがったまま。

なるほど、このような演出もあるものかと思った。つまり演出は第2幕第1場と第2場の間に休憩をとることを求めている。

それにしてもだ、ここのアタッカの部分で拍手をしなかった今日の日本の聴衆は偉大というしかない。

.

椿姫はヴィオレッタの一人舞台みたいなもんだ。これだけ綿々と続く歌歌。インターミッションまで歌いっぱなし。

あとはアルフレッドとジェルモン、あわせて3人いればこの舞台は成り立つ。

ナタリー・デセイは有名すぎて今日の聴衆のうち何分の一かはお目当てで来ているに違いない。プログラムにはコロラトゥーラ・ソプラノとあるけれど、個人的にはメゾ音域の人が練習を重ねた成果のように聴こえなくもない。ジョン・サザーランドのような吹き上げる超高音のトリッキーな技はない。というかもっと幅があり、音域をぼかしても幅で圧倒、そんな風に聴こえる。表情は豊かでタイトルロールの心の変化を見事にあらわしている。ただ、アルフレッド役のマシュー・ボレンザーニもそうなのだが、劇的な刺激的な表現がもう少し欲しい。メリハリをもっと効かせてもいいと思う。

マシューは、柔らかくこれまた幅がある。柔らすぎで角が甘い。劇的さがもっとほしい。デセイと同じでこれまた贅沢な要求なのかもしれない。

第2幕第1場でヴィオレッタとアルフレッドが劇的に合う場面があるが、あすこはひとつの頂点をつくってほしいのだ。

ジェルモン役のローラン・ナウリはツボを心得ている。聴かせどころは数か所しかなく、そこをじっくりと聴かせてくれる。バリトンの魅力。デセイの次に拍手喝采でした。

.

オーケストラは先週聴いた特別演奏会とは別の側面をみた。ここの演奏家は個別にはそれほど上手いわけではない。クラリネットの伴奏はかなりきわどかったが、おしなべて他の楽器もそうだろうと思う。また、結果として、トランペットどこ、ホルンどこ、トロンボーンどこ、といった感じで目立たない。これはこれでいい。

音楽の歌、みんな一緒にプレイしている。これがなかなか日本人にはできない技。

.

ノセダの類を見ない明確な棒。といってもオペラでは棒をもたない。基本的に合唱などがはいるような演奏会では棒を持たないのだろう。気持ちはなんとなくわかる。長身で手が長く非常に雄弁。音楽そのもののように腕に音がからみつく。

最初はインテンポで押し通していたのだが、特に休憩後、場が進むにつれ、音楽は少しずつテンポを落としかえって劇的なものが表現できている。面白いものだ。

.

この日のオペラは十分に楽しむことが出来ました。千秋楽にプログラムが売り切れになるという大盛況。ちなみにお河童さんは最後の1部をゲットしたようです。

.

人気ブログランキングへ

コメント (2)