河童メソッド。極度の美化は滅亡をまねく。心にばい菌を。

PC版に一覧等リンクあり。
OCNから2014/12引越。タイトルや本文が途中で切れているものがあります。

2599- オスカー・レヴァント 8-CD WSJ 2018.8.21

2018-08-30 17:42:40 | 音楽

WSJ
Aug. 21, 2018
MUSIC REVIEW By Will Friedwald

‘A Rhapsody in Blue: The Extraordinary Life of Oscar Levant’ Review

The eight-CD set is an outstanding collection of epic showcases for classical keyboard and a celebration of the Gershwin canon.

Beats there a heart so dead that it doesn’t love George Gershwin’s “Rhapsody in Blue”? This is one of those pinnacle achievements, a work that makes you feel good to be alive. Whose soul doesn’t soar at the sound of that remarkable opening, with its clarinet glissando? And even more so at the finale, with its fortissimo crashes, as Gershwin piles on the suspense and the drama with one great staccato burst of melodic energy after another? It’s hard to imagine any work of art—musical, visual, literary, theatrical, or even cinematic—that moves us and thrills us like this extraordinary piece of American music from 1924.
The closest thing this Gershwin classic has to a flaw is the middle; it simply can’t compete with the beginning or the ending. In the hands of most pianists, that middle section is merely a meandering placeholder, a respite between two colossal moments of musical brilliance. I personally prefer the first recording, a truncated 1924 performance with the composer himself and Paul Whiteman’s orchestra, because—at just nine minutes—it condenses the middle section. The only performance I’ve ever heard of the complete “Rhapsody” whose middle section justifies its existence is the brilliant 1945 recording by Oscar Levant, the highest-paid classical artist in America in the 1940s and 1950s.
Levant (1906-1972), whose recorded work is the subject of “A Rhapsody in Blue: The Extraordinary Life of Oscar Levant,” a new eight-CD boxed set from Sony Classical, impels the middle section with amazing force and feeling—his piano propelling the entire Philadelphia Orchestra the way that a great drummer drives a jazz band. Levant has all the technique and volume of an orchestra unto himself, and thus his pairing with conductor Eugene Ormandy often sounds like two full ensembles playing at once, both in cooperation and competition.
Making his work all the more remarkable, Oscar Levant wasn’t even best known as a musician. He was also a songwriter (whose best known number, “Blame It on My Youth,” was sung brilliantly by both Frank Sinatra and Nat King Cole) as well as an actor and TV personality. No less than his contemporary Dorothy Parker, Levant with his hundreds of brief, quotable quips foreshadowed Twitter. And he was ahead of his more buttoned-up times, as well, in talking openly about his neuroses on national television during talk-show interviews in the 1950s and 1960s.

The new set contains 109 tracks recorded between 1941 and 1958, the last sessions in stereo, and was produced by Robert Russ.Michael Feinstein supplied a biographical essay and many of the dozens of rare illustrations and photographs for the 124-page hardcover book that housesthe whole package. Levant is best remembered for his interpretations of the Gershwin canon, and the performances here of the “Piano Concerto in F Major,” “Second Rhapsody for Piano and Orchestra,” the “‘I Got Rhythm’ Variations,” and the three remarkable “Preludes” can all be considered definitive. (He also appeared as actor and performer in two classic Gershwin-centric movies, the “Rhapsody in Blue” biopic and “An American in Paris.”)
Yet well beyond the music of his close friend, this set is an outstanding collection of epic showcases for classical keyboard. The eight discs contain dozens of virtuoso pieces that would have been very familiar to mainstream listeners in the 1940s and 1950s, like de Falla’s “Ritual Fire Dance,” Lecuona’s “Malagueña,” and the number that launched a thousand plate-spinners on “The Ed Sullivan Show”: Khachaturian’s “Sabre Dance.” These works were ensured—as if by Lloyd’s of London—to generate a tumult whenever Levant played them, and he delivers them with maximum muscularity and irresistible, driving rhythm.
Still, Levant played in other styles as well. He renders the famous “Liebestod” from “Tristan und Isolde” in a rather dramatic adaptation by film composer Franz Waxman that makes it sound like a vintage Hollywood romance, or, as is Levant himself were playing the leading man in the opera. He plays Brahms’s “Waltz No. 15 in A-Flat Major, Op. 39” and Schumann’s “Träumerei” with uncommon tenderness. He’s no less adept at interpreting the Impressionists than the Romantics: Here’s a “Clair de lune” (Debussy) for the ages and two Ravel masterworks, “Sonatine” and parts of “Le Tombeau de Couperin.” These works were extremely influential among superior jazz and pop orchestrators of the 1950s, like Nelson Riddle, who were especially inspired by his use of polyphony.
Two works here, the Bach “Partita No. 1 in B-flat Major” and “Blue Plate Special,” are previously unreleased; the latter, by Levant himself, is particularly fascinating in the way it combines stride-like techniques, quixotically repetitive patterns and angular dissonances. In fact, they reveal nothing less than the same antic wit and humor as his talk-show appearances. As we hear on these discs, he channeled that energy into performances that changed the way we understand the classics. Levant famously said, “I don’t want to be known as a wag, I want to be known as a serious musician.” Any one of the performances on this set will leave the listener with no doubt as to what his most valuable legacy actually was.
—Mr. Friedwald writes about music and popular culture for the Journal.

コメント

2474- ベスト・ワースト2017

2017-12-28 15:24:33 | 音楽

2474- ベスト・ワースト2017

今年2017年は213回通いました。一覧は下記リンク。

2016-2017シーズン(一覧その1)
2016-2017シーズン(一覧その2)
2017-2018シーズン(一覧その1途中)

今年もいい演奏会がたくさんありました。オペラは昨年2016年とだぶっている公演はスキップ、それに来日団体も昨年ほどは無くて、いまひとつでした。ほかは色々と聴くことが出来て、総じて手応えのあるものでした。
昨年2016年のベストワーストはこちら。
2252- ベスト・ワースト2016

今年2017年は素晴らしい企画がありましたのでそれを神棚にしました。

【神棚企画】
ベートーヴェン ピアノ・ソナタ全曲、5/2、5/3、5/4、5/5、ガル祭2017


【オペラ・オケ伴付き歌 ベスト12】
1.蝶々夫人、笈田プロダクション、バルケ、読響、2/18
2.神々の黄昏、飯守、読響、10/4、10/11、10/17
3.ラインの黄金、ハンペ、沼尻、京響、3/4、3/5
4.神々の黄昏、ヤノフスキ、N響、4/1、4/4
5.角笛、ゲルネ、ワルキューレ1幕、ペトレンコ、バイエルン、10/1
6.ラ・ボエーム、園田、新日フィル、6/24
7.タンホイザー、ペトレンコ、バイエルン、9/25
8.ジークフリート、飯守、東響、6/1、6/4、6/7
9.ダムラウ、テステ、オペラ・アリア・コンサート、11/10
10.ノルマ、デヴィーア、沼尻、TMP、10/22
11.ヘンデル、ベルシャザル、三澤寿喜、キャノンズ、1/9
12.ラインの黄金、インキネン、日フィル、5/26、5/27


【管弦楽ベスト21】
1.ハイドン受難、亡き子、小野美咲、シュベ5、未完成、プレトニョフ、東フィル、10/18
2.ペトルーシュカ、ラフマニノフ3番、ラトル、ベルリン・フィル、11/25
3.浄夜、ハルサイ、ノット、東響、7/22
4.ツァラ、死と浄化、ティル、シャイー、ルツェルン、10/8
5.コープランド3番、スラットキン、デトロイト響、7/17
6.ブルックナー3番、上岡、新日フィル、5/11
7.復活、チョン・ミュンフン、東フィル、7/21、9/15
8.ブルックナー5番シャルク版、ロジェストヴェンスキー、読響、5/19
9.ショスタコーヴィッチ11番、井上道義、大阪フィル、2/22
10.ブルックナー5番、ノット、東響、5/20
11.ショスタコーヴィッチ11番、ネルソンス、ボストン響、11/7
12.コリリアーノ、サーカス・マキシマス、クワハラ、佼成、1/28
13.ブラレク、ブロムシュテット、ゲヴァハウ、ウィーン楽友協会、11/13
14.クレルヴォ、リントゥ、都響、11/8
15.マーラー6番、ヤルヴィP、N響、2/23
16.青ひげ、カンブルラン、読響、4/15
17.大地の歌、インバル、都響、7/16
18.ブルックナー9番、佐渡裕、東フィル、1/27
19.運命、ブラ1、ジョルダン、ウィーン響、12/3
20.第九、ゲッツェル、読響、12/20
21.エロイカ、ドゥネーヴ、ブリュッセル、6/11


【協奏曲ベスト10】
1.ラフマニノフ、PC3、PC4、マツーエフ、ゲルギエフ、マリインスキー、12/10
2.モーツァルト、hr協4曲、シュテファン・ドール、7/11
3.ラフマニノフ、PC3、反田恭平、秋山和慶、東響、8/11
4.ハチャトゥリアン、ピアノ協奏曲、ベレゾフスキー、リス、ウラル、5/6
5.リスト、PC1、田中正也、三ツ橋敬子、東フィル、2/10
6.シベリウスVn協、サラ・チャン、アッシャー・フィッシュ、新日フィル3/25
7.ベトコン3、ソンジン、サロネン、フィルハーモニア管、5/15
8.タコpfコン1、上原、シモノフ、モスクワ・フィル、7/3
9.ベトコン3、紗良、ウルバンスキ、エルプ・フィル、3/12
10.モーツァルト、PC12、PC9、小菅優、東響、8/26


【リサイタル・室内楽ベスト17】
1.ベトソナ32、竹田理琴乃、5/4
2.ベトソナ29、バリー・ダグラス、5/5
3.イーヴォ・ポゴレリッチ ピアノ・リサイタル、10/20
4.ベトソナ32、創作32、ディアベッリ、コンスタンチン・リフシッツ、10/6
5.バッハ、ブリテン、無伴奏チェロ組曲全曲、上森祥平、9/2
6.アンドラーシュ・シフ、ピアノ・リサイタル、3/23
7.シューベルトD959、D960、今峰由香、12/22
8.ベトソナ27,30,31,32、イリーナ・メジューエワ、8/26
9.カティア・ブリアティシヴィリ、ピアノ・リサイタル、11/6
10.ベトソナ11,23,30,31、変2曲、浜野与志男、菊地裕介、田部京子、6/18
11.ディートリヒ・ヘンシェル、岡原慎也、2017.2.19
12.小菅優 ピアノ・リサイタル、Water、11/30
13.ベトソナ17,31、チャイコフスキー、ドゥムカ、大ソナタ、マツーエフ、12/9
14.室内楽、上野優子、西江辰郎、工藤すみれ、12/19
15.大公、アキコ・マイヤーズ、レイコ・クーパー、バリー・ダグラス、5/5
16.ブラームスの室内楽、川本嘉子、竹澤恭子、マルディロシアン、4/14
17.バッハ、マルティヌー、ラフマニノフ、山崎伸子、小菅優、5/25


【いわゆる現代もの系・発掘系ベスト13】
1.メシアン、幼子イエスに注ぐ20のまなざし、スティーヴン・オズボーン、5/18
2.メシアン、アッシジの聖フランチェスコ、カンブルラン、読響、11/19、11/26
3.メシアン、彼方の閃光、カンブルラン、読響、1/31
4.アダムズ、シェヘラザード.2、ジョセフォウィッツ、ギルバート、都響、4/17、4/18
5.大澤壽人、cb協、佐野、神風、福間、交響曲第1番、ヤマカズ、日フィル、9/3
6.オール・タケミツ・プログラム、井上道義、新日フィル、1/26
7.尾高尚忠、山田一雄、伊福部昭、諸井三郎、下野竜也、東フィル、9/10
8.芥川、トリプティーク、團、飛天繚乱、黛、饗宴、千住、滝の白糸、大友、東響、8/20
9.ツェルハ、ハース、ボールチ、イラン・ヴォルコフ、東響、9/7
10.メシアン、幼子イエスにそそぐ20のまなざし、エマール、12/6
11.黛敏郎メモリアル VOL.1、オーケストラ・トリプティーク、4/5
12.一柳慧、湯浅譲二、杉山洋一、都響、10/30
13.From me武満、広上淳一、京響、9/18


【ワースト4】
1.ベンジャミン・ブリテンの世界、3/26 トーク多過ぎで、
2.ノルマ、藤原歌劇、7/2 歌が、
3.ハイドン、ゲリエ、ベト7、鈴木秀美、読響、7/12 ソリストとオケが、
4.ブルッフVC、ロザコヴィッチ、グレイト、ゲルギエフ、PMF、7/31 来年頑張って

以上

コメント

2079- リッカルド・ムーティ 来日公演150回の記録

2016-03-18 11:27:12 | 音楽

2079- リッカルド・ムーティ 来日公演150回の記録

前ブログの2016.3.17東京春祭でのムーティの指揮が、来日150回目の節目の公演だそうです。プログラムに記録が挟んでありました。
これに曲目一覧があるとさらに凄いものになるでしょうが、色々と調べる手がかりとしてはいいものですね。









コメント

1496- 東京フィルハーモニック・プレゼンツ、「ヘンツェを語り、奏でる夕べ」2013.7.17

2013-07-21 14:00:00 | 音楽

2013年7月17日(水) 7:00pm ドイツ文化会館ホール

第1部
講演「ヘンツェのイントロダクション」長木誠司

対談「ヘンツェ回想」高島勲、長木誠司

座談会「10月定期演奏会の愉しみ」
    長木誠司、高島勲、沼尻竜典、小菅優


第2部
「ヘンツェを奏でる」
・無伴奏ヴァイオリンソナタより第1,3楽章
  ヴァイオリン、荒井英治
・セレナーデ
  ヴァイオリン、荒井英治
・ケルビーノより第2番
  ピアノ、小菅優
・ヴァイオリンとピアノのためのソナタより第2,4楽章
  ヴァイオリン、荒井英治、ピアノ、小菅優

レセプション


レセプションでヘンツェの好んだケーキが出たようでしたが食べそこねました。グラスワインをいただき、小雨の中を帰りました。
充実した企画でよかったと思います。
ありがとうございました。

この日の登場人物は有名な方ばかりで名前も顔もみんな知っていると思います。個人的に知っている方はもちろんおりませんが、長木さんについては著書のブゾーニ本を随分前に読んだことがあり、今でも折に触れて引っ張り出したりしている。新橋の居酒屋が合いそうな方です。(雰囲気)
あのブゾーニ本を読んで以来、大変に尊敬するようになりました。

マエストロ沼尻は、棒以外の場では初めて見ましたが、動きも声も完全にイメージどおりでした。日本の指揮者としては大野さんとともに好きなタイプです。

高島さんは他のオーケストラの話しからはいって、読響のパルジファルの演出、アルブレヒトの棒のものかな、あれは面白かった。高島さんが一番経験豊富なせいかよくお話をされていました。

小菅さんは、なにか、自由で独創的な雰囲気。

結局、第1部、長木さんの回転のよさもありあっという間の一時間でした。面白くて内容のある話でした。
ヘンツェのオペラ作品の話しが割と多かった。個人的には、ヘンツェを知ったのは、1978年5月14日(日)に買ったイエローレベルの自作自演のトリスタンのレコード、突然出てくるブラ1冒頭、最後の奇妙な声と心臓のバクバク音。あれは強烈で忘れられない。その後、この曲は自作自演も含め何度か実演に接している。

797-Horizon’s 1984 Festival二日目 ヘンツェ ペンデレツキ 両方自作自演1984.5.31 HF-2

他の曲はよくしらないが、このトリスタンへの興味一点でヘンツェとはつながっている。

 

第2部、ピアノの小菅さんとコンマスの荒井さんの組み合わせによる室内楽演奏。
個人的には理解不可能な音楽でした。なぜ音楽をあすこまでギリギリ追い込まないといけないのか、響きは斬新なのか、形式はどうして昔のまま存在し続けなければならないのか、ヘンツェの思いのようなものはある程度伝わってくるような気がするが、苦渋が充満している。最後のヴァイオリンとピアノのソナタは少し聴きやすくなりました。ヘンツェの曲は出来れば人数の多いオーケストラ作品を聴きたいというのが本音です。



好企画で盛況な一夜。このようにクローズアップしてスポットライトをあてられた作曲家は幸せ。そしてなによりもこの日の登場人物たちがその価値を大いに高めている。勉強になりました。
ありがとうござました。
おわり

コメント

899- サマーフェスティバル2009 それにnypo好きな人に昔のプログラムあげます。

2009-09-02 21:23:17 | 音楽

今回、

サマーフェスティバル2009を聴いて、ブログをいろいろ拝見してわかったことは、ファンの方々の熱のこもった内容でした。

河童はアメリカの現代音楽、そしてもはや時代の流れに組み込まれている時代音楽を割と聴くのですが、そのアメリカの音楽を聴いていても、こんなに熱はありません。微熱ぐらいのもんです。

サマーフェスティバルを聴いた感想は、2008-2009シーズン891-から898-に書きました。

それはそれとして、じゃ、昔、といってもほんの四半世紀前ですが、娯楽の殿堂マンハッタンでは、その時代の音楽を聴衆とどんな感じで共有していたんでしょうか。

その一端を垣間見れるかもしれないニューヨーク・フィルハーモニック主催の現代音楽イベントのプログラムを一部、どなたかに差し上げようかと思います。

写真にアップしているものです。

28ページものです。

かいつまんだ内容は

1983-1984シーズン演奏会感想

の、795-から811-に書いてます。

これを全部読んでもらった人に差し上げます。

それとポチも。。

たくさんいらした場合は抽選ですね。

だいたい911日ぐらいまで待ちます。

メールで連絡ください。プロフィールのところにあります。

最初は住所とかなくてもいいです。

こちらから返信あった場合だけ送付先住所おしえてもらえればと思います。

何回も行っているのでプログラムはたくさんありますが、今回は1部だけです。

誰もメールくれなかったらヤフオクいきかなぁ。。

人気ブログランキングへ

Scan10009

Scan10010

Scan10011

コメント

898- グルッペン シュットクハウゼン2009.8.31 サマーフェスティバル2009

2009-09-01 00:07:24 | 音楽

Scan10060

サマーフェスティバル2009

<MUSIC TODAY 21>

最終日の特別演奏会。

.

2009831()7:00pm

サントリーホール

.

●一曲目

ジョルジ・リゲティ/時計と雲

 ~12人の女声とオーケストラのための

東京混声合唱団

??? 指揮 NHK交響楽団

.

●トーク

グルッペンに関するトーク

スザンナ・マルッキ、岡部真一郎

.

●二曲目(一回目)

シュトックハウゼン/グルッペン

 ~3群のオーケストラのための

.

指揮 スザンナ・マルッキ (オーケストラⅡ)

指揮 パブロ・ヘラス=カサド (オーケストラⅠ)

指揮 クレメント・パワー (オーケストラⅢ)

NHK交響楽団

サウンド・ディレクター、杉山洋一

.

休憩

.

●三曲目 (二回目)

シュトックハウゼン/グルッペン

 ~3群のオーケストラのための

.

指揮 スザンナ・マルッキ (オーケストラⅡ)

指揮 パブロ・ヘラス=カサド (オーケストラⅠ)

指揮 クレメント・パワー (オーケストラⅢ)

NHK交響楽団

サウンド・ディレクター、杉山洋一

.

感想

書けません。

チケットとれませんでした。

ほかのかたの感想を検索してさがしてくださいませ。

.

また、ほかの日は、班女以外は聴いてます。

20082009シーズン聴いたコンサート観たオペラ、一覧にあげてますので、ご覧くださいませ。

ここ→2008-2009シーズン

人気ブログランキングへ

コメント

897- 第19回芥川作曲賞選考演奏会2009.8.29 サマーフェスティバル2009

2009-08-30 17:32:46 | 音楽

Scan10061

サマーフェスティバル2009

<MUSIC TODAY 21>

これの一環として行われた、

「第19回芥川作曲賞選考演奏会」

を聴きました。

2年前に受賞した作曲家がオブリゲーションとして作曲したものが冒頭にあり、続いて選考曲が3曲演奏されました。

演奏後、50分のトークがあり、最後にその流れで、これにしましょう、という感じできまります。

16時からコンサートは始まりましたが全体が跳ねたのが19時半頃です。

2009829()4:00pm

サントリーホール

.

●零曲目 10分 世界初演

小出稚子(こいでのりこ)

 ChOcoLAtE チョコレート

(第17回芥川作曲賞受賞記念

 サントリー音楽財団委嘱作品)

小松一彦 指揮 東京フィル

.

一昨年の受賞者が受賞時50万円もらい、2年後に委嘱というオブリゲーションつきでさらに100万円いただける。その100万円のほうの曲。

タイトルと中身がどのようにリンクしているのかわからない。小文字大文字の意味もわからない。聴く前に惑わしておいて、聴いてさらに惑わす作戦か。

楽器の通常ではない使い方、楽器ではないものから出た音も音楽、このような部分が見られるが、今の時代、普通の出来事。

プログラムに、「作品の核を作曲者と疑似共有した友人が、それを文字と言葉でもってアウトプットしたもの」ということで、文字、文章のようなものが載っている。

でも、音楽の出現音の結果出てきた文字を見せられても、どうしろというのか。通常、逆なら話はわかるが。疑似共有した結果をみて音楽を聴き直してくださいということなのだろうか。でも、聴衆ははじめて聴くんですよね。世界初演ですから。

ここらあたりやっぱり少し説明が欲しい、というか、プログラムにそもそも一切載せないというてもあるのではないか。誘導しないのもてだと思うんだ。

曲は、ありがちな色彩の広がりを示すもの。

.

休憩 20

.

ここから3曲が、選考曲となります。

.

●一曲目 20分 日本初演

藤倉 大/

 --- as I am ---

メゾ、ローレ・リクセンベルク

-->

コメント   トラックバック (4)

896- ウンスク・チン 管弦楽2009.8.28 サマーフェスティバル2009

2009-08-30 10:32:30 | 音楽

Scan10058

サマーフェスティバル2009

MUSIC TODAY 21

.

このサマーフェスティバルも後半。

今日はウンスク・チンの管弦楽集。といってもほかの作曲家の作品もはいっている。フル・オーケストラの曲はあまり多くないのかしら。。

.

2009828()7:00pm

サントリーホール

.

昔、N響を振って現代音楽をやったとき棒を振り間違え、こんがらかってしまい、ストップし、聴衆に一礼し、頭から振り直したことがある秋山が今日の棒だ。

今日は5曲。ウンスク・チンの曲は2曲だけ。

.

●一曲目 15

ジョルジ・リゲティ/

 サンフランシスコ・ポリフォニー

秋山和慶 指揮 東京交響楽団

.

リゲティの1974年の作。初期のクラスター音楽。いわれてみれば確かにそんな雰囲気を感じるが、それは今となってみればということだろう。房とは言え、それぞれの粒が集まり房というもうひとつのまとまりを示しているかというとそうでもない。たしかに初期だなぁ。音色の色彩とリズムが同時に変化していき、細かい流れのなかに引き延ばされたハーモニーがあらわれるあたり過去を引きずっているようにも聴こえる。いわゆるポリフォニーなところはあまり強調されていない。というか、

昔のいわゆるクラシック、覚えやすい節(ふし)であれば、ポリフォニーは明確に聴き分けられるであろうが、現代音楽においてはその節の覚えにくさ、つまり作為的なもの(芸術はみんな作為的なんだろうけど)が自然に見えない、聴こえない、そうゆうところが一面としてあり、それに対して既存単語のポリフォニーという言葉を当てはめてしまうのは多少問題がある。

タイトルはサンフランシスコ・ポリフォニーとなっているが、サンフランシスコ交響楽団創立60周年のために書かれたのでそのような語句になっているだけ。

モダン・ポリフォニー

ということだなぁ。当時としてみれば。。

.

●二曲目 5

アントン・ウェーベルン/

 オーケストラのための5つの小品、Op.10

秋山和慶 指揮 東京交響楽団

.

ドライなベルクよりウェットなウェーベルンを。オーケストラの編成がかなり絞られている。あっという間に終わる。音色変化の保持時間は必然的に短くなるものなのか。象徴的な曲なのかもしれないが、それならばオタマジャクシの普線上の12の数と楽器数の勝負になるのかしら。微分音なんていう発想、出てきて当たり前?ということになる。

あとはダイナミズムとリズムの変化。

.

●三曲目 17分 日本初演

ウンスク・チン/≪ロカナ≫

 ~大オーケストラのための

秋山和慶 指揮 東京交響楽団

.

全く西欧の響きに聴こえるのだが、本人によると、

「文化的に異なる出身地を持つからか、シンフォニーオーケストラというものの音響にある種の反発を覚える。19世紀的美学の残滓については特にそう。ヨーロッパ以外の音楽文化に惹かれる。ヨーロッパ以外の音楽体験を通して、異なる音色を持ちこんでいきたい。」

つまり、全く逆のことを考えているようだ。

裏も表ということか?

聴いていると、まず形式感はない。構造物だ。

絞り出すような響きが苦しげで印象的。また、音の保持も特色があり響きの継続を感じさせる。音色構造物に光をあてる、光の多くの色を放射する。そんな雰囲気で、さらに聴き進めると拍子も含めロシア的な荒々しさがときに表出される。

ウンスク・チンの民族的なバックボーンはなんなのか、韓国の民族的は響きとはどういうものなのか、そもそも聴いているほうがわかっていないというところもあり、この初めて聴く作曲家の作品を勝手に決めつけてはいけないのだろう。聴衆は今まで聴いてきた音楽をもって判断、楽しむ、それだけだ。

824日の室内楽とは別の響きの多様性、多様な表現などを感じるが、24日の曲のほうがより緻密というか、全てのことにいきとどいていた。オーケストラ表現力についてはこの先まだ可能性が広がる。

.

●四曲目 9分 日本初演

スキ・カン/≪カテナ≫

 ~大オーケストラのための

秋山和慶 指揮 東京交響楽団

.

例によって曲の説明がプログラムに載っている。60個の断片の変化、バリエーション等ということのよう。オーケストラ曲であるから、一つの楽器、複数の楽器によるハーモニー等音色変化もある。つまりその国の特色、民族に継承された響きといったあたりは関係ないのだろうか。聴いていてもなにがどうなのか今一つ分からない。理解不足というか、事前に知っておかなければわからないことがたくさんある、不勉強?経験不足、聴き不足、たぶんそういうことなんだろう。

.

●五曲目 18分 世界初演

ウンスク・チン/シュウ

 ~中国笙とオーケストラのための協奏曲

笙、ウー・ウェイ

秋山和慶 指揮 東京交響楽団

.

2009年出来上がったばかりの作品のよう。

笙という楽器の音は意識して聴いたのは初めて。雅楽や雅楽のはいったオーケストラ曲で聴いたことはあるはず。ただマウスピースというか吹き口というかこのようなスタイルのものはどうなのだろう、よくわからない。

日本の古典楽器もそうなのだが、一般に周波数ヘルツが高く、音域が限られ、西欧発のその気になって聴くとかなり低域で動き回るオーケストラと様相が異なる。笙のサウンドはオーケストラとミスマッチであり、逆にその妙というのはあるかもしれないが、曲想も多様性に富んだものではなく、一番に音楽の閃きみたいなものが感じられない。

プログラムの本人説明が長すぎる。それだけ聴くほうの前提不足を認識しているということなのだろうが、音楽の閃き、というのはそこらへんとはちょっと違っていて、音楽を聴きこんでいる人にはわかると思うのだが、音楽の一瞬だけでもいいからなんか、

「作曲家は相応の試行錯誤、努力、勉強などの積みかさねの結果なのだろうが、聴くほうは、天才の閃きのように感じる音楽の瞬間。」

そんなものが感じられない。例としてはどうかと思うが、メシアンのトゥーランガリカ交響曲って、全部最初から最後まで天才の閃きの連続のように感じる。あすこまで極端でなくてもいいから、これぞ音楽の表現、といったあたりが少しは欲しい。聴いているほうとしては。。

現代の音楽では、こんなこと、忘れられて久しい?

.

おわり

人気ブログランキングへ

コメント   トラックバック (2)

895- 音楽の現在 管弦楽2009.8.25 サマーフェスティバル2009

2009-08-28 00:45:13 | 音楽

Scan10059

サマーフェスティバル2009

<MUSIC TODAY 21>

より

今日は2007年、2008年の新作管弦楽曲を2曲ずつ。

.

2009825()7:00pm

サントリーホール

.

管弦楽といっても協奏曲が3曲。オーケストラ曲は3曲目の≪花輪≫だけだ。

いかにも不毛な現在の音楽の代表格的曲たちかなぁ。

はじまる前に、ロビーをうろうろしているダジャレ王池辺を発見。なんとなくやな感じがする。席も2階のごく近くで後半は空き席へ移動。

現在に生きる人たちの曲だか、池辺と今日の4人とは方針が全く異なると思いますよ。感想をちょっとだけ聞いてみたい気もする。

.

●一曲目 21分

サルヴァドーレ・シャリーノ/

リコーダーとオーケストラのための4つのアダージョ

リコーダー、鈴木俊哉

沼尻竜典 指揮 東京都交響楽団

.

凡作を越えた駄作と思う。楽器をこすっているだけの伴奏が音楽とは思えない。このような表現に至るそのプロセスを生んだ脳みそを見てみることにこそ意義があるのではないか。

リコーダーはまるで尺八のような吹きぶりであり、これはこれで何か意味があるのだろうか。スタッカート風に切れる音楽ではなく粘着質のリコーダー。それにこするだけの伴奏。

この曲の世界初演は昨年、ダニエル・ハーディング指揮スカラ・フィルというから、なんだか、彼の本意なのかどうか知らないが、このような一瞬の閃きもない曲を彼がどう表現したのかあえて聴いてみたいとは思わない。

21分以上はかけられない音楽だろう。もたないと思う。

.

●二曲目 20分

オーガスタ・リード・トーマス/

ヴァイオリン協奏曲≪楽園の曲芸師≫

ヴァイオリン、千々岩英一

沼尻竜典 指揮 東京都交響楽団

.

曲芸師ヴァイオリン、オーケストラは楽園。そんなイメージなのだそうだ。

ヴァイオリンの音が弱いのが気になる。それとも鳴りの悪い曲なのか。

長い文章をかけて本人解説をしなければならない曲、説明が饒舌であれば饒舌であるほど現実の曲とのかい離はひろがるだけだ。

それでも一曲目よりはましだ。少なからず閃きは感じる。オーケストラの横の広がりもあるように思える。広がりのあるオーケストラに乗るようにヴァイオリン。

楽想に限界があり、これもやっぱりこれ以上時間をかけるのは無理。展開がなくもたない。

.

休憩 20分

.

●三曲目 18分

ルーク・ベッドフォード/

オーケストラのための≪花輪≫

沼尻竜典 指揮 東京都交響楽団

.

この曲は本格的オーケストラ曲だ。

なんというか、‘節(ふし)’は一つだけ。展開もなにもあったものではないが、イメージの親近性ではリストのファウスト交響曲みたいなもんだ。

フル・オーケストラ曲は飽きないが、それでもあまりにも透けて見えるというか、現在の音楽でこれだけ透けて見える音楽というのはむしろ貴重?

単調な中にも単調さあり。やることに意味がるのだろう。

それでも瞬間の閃きはある。作曲家としての才能の開花はこれからだろうが、どちらの方向にいくのだろうか。

.

●四曲目 19分

ペーター・エトヴェシュ/

2台のピアノとオーケストラのための協奏曲

ピアノデュオ、瀬尾久仁&加藤真一郎

沼尻竜典 指揮 東京都交響楽団

.

バルトークへのオマージュ。

ドラムから始まる音楽は明らかにバルトークの響き。第5楽章まであるが音の動きはそれぞれ明確。わかりやすい。バルトークのイメージがあるからだろう。

2台のピアノの動きは激しいが、大管弦楽曲と思ったほうがいいだろう。弦チェレほど主張は大きくないし。

沼尻はようやく水を得た魚状態になり、得意げにオーケストラをドライブ。指揮者の活躍もよく見える。

この曲もこの長さ以上はもたないだろう。

.

ということで、前日のような心地よい緊張感を得るまでには至らなかった。総じて曲があまり考え抜かれたものとは言い難い。展開はふんづまり、音楽の開花がない。

四曲とも忘れ去られてしまうだろう。

おわり

人気ブログランキングへ

コメント   トラックバック (1)

894- 室内楽 ウンスク・チン 2009.8.24 サマーフェスティバル2009

2009-08-27 00:59:00 | 音楽

Scan10058

サマーフェスティヴァル2009

<MUSIC TODAY 21>

より

今日は今回のテーマ作曲家ウンスク・チンの室内楽の特集

.

2009824()7:00pm

サントリーホール、ブルーローズ

10分遅れで始まったその1曲目、明りがいきなり中央の吉原すみれを照らすなか演奏開始。トイレットペーパーを破り、段ボール箱から布切れを出しステージに捨てまくる。

こんな感じで始まったMUSIC TODAY21は終演が22時を越え、それでも最後までほとんど帰らぬ客はいわゆるクラシック音楽の聴衆と一線を画す。

帰りに口ずさむような音楽ではないが、聴き手に与える緊張感が心地よい。

今日聴いた音楽は、昔1970年代頃の現代音楽を想起させる。今、流行りの(ネオ・クラシック+ネオ・現代音楽)みたいな雰囲気はない。30年前のガチガチの本格的ないわゆる現代音楽を完全に想起させる。

この作曲家はこれからだと思う。ヨーロッパ30年前の現代音楽の思考回路に到達したのであり、真の自分の表出はこれからのような気がする。

.

●一曲目 約15分 日本初演

ウンスク・チン/アレグロ・マ・ノン・トロッポ

      ~打楽器とテープのための

 打楽器:吉原すみれ

 ライヴ・エレクトロニクス:有馬純寿

.

トイレットペーパー、ぼんぼん時計、水、他、それにいわゆるパーカッション。山のような打楽器鍵盤楽器が音をたてる。

吉原はその今出る音に集中する。しかしイメージは常に先の先まで見ている。非常に流れの良い、見通しのきく演奏であり、これだけごった煮の曲を一瞬の停滞もなくすすめる。さすがだと思う。ステージ上のプレイヤーは吉原のみであり、ある意味やりやすい、しかし全部見える。

最後は、散らかしたものを段ボールにしまい、最初の行動の反転のように終わる。

音響音楽をこれだけ推し進めたのに形式は昔のまま踏襲といったスタイルはいわゆる昔の現代音楽が抜け出せなかった罠であり、やはりそうなのか。これも。。

いずれにしても、いつものクラシックなワールドとはなんとかけ離れた世界だろう。もうひとつの音楽世界が、宇宙の先の火星あたりで輝いているようだ。

.

●二曲目 約15分 

ウンスク・チン/3つのピアノ・エチュード

 ピアノ、中川賢一

.

12曲のエチュード。まだ創作中らしい。

今日の演奏は165番。

今日の演奏の中では一番つまらなかった。まず、音色変化がない。ピアノによる一本調子の演奏であり、角が立ったこれも昔の現代音楽のようだ。突っ立った音と、反射しあう音たちの響きの融合。曲の技が音楽というものの表現と必ずしも一体化していない。

.

●三曲目 20分 世界初演

イリャリン・チャン/BENU

  ~マリンバ、ヴィブラフォンと大アンサンブルのための

 マリンバ:加藤訓子

ヴィブラフォン:宮本典子

 杉山洋一 指揮

-->

コメント

893- 作曲家は語る ウンスク・チン 2009.8.22 サマーフェスティバル2009

2009-08-25 00:10:00 | 音楽

1_2

サマーフェスティバル2009

<MUSIC TODAY 21>

.

2009822()5:00pm

サントリーホール、ブルーローズ

.

テーマ作曲家

ウンスク・チン 陳銀淑

.

創作の軌跡と新作への思い出を語ります。

今年のフェスティバルのテーマとなる作曲家、つまりスポットライトをあてる作曲は韓国の作曲家ウンスク・チン。

今日は演奏ではない。

この種の講演にはめったに出かけないが、六本木で夜、お食事会があったので、それに掛け合わせて早めに電車で12分のサントリーホールまで足を運んだ。

2時間の話を聞いて、7時半待ち合わせにはちょうどいい。

.

ということで、前日、班女の日本初演が行われた舞台がそのままになっているブルーローズで講話。

生い立ちから最新作まで、CDDVDを交えての2時間。この作曲家のことは知らないので何とも言いようがない。24日に室内楽、28日に管弦楽の曲がそれぞれ演奏されるので、それらを聴いてからとなる。

.

雰囲気的には西欧の系譜の流れに取り込まれている作曲家のように感じる。

人気ブログランキングへ

Scan10058_2

コメント

892- 班女 2009.8.21 サマーフェスティバル2009

2009-08-24 00:10:00 | 音楽

Scan10010

サマーフェスティバル2009

<MUSIC TODAY 21>

.

2009821()7:00pm

サントリーホール、ブルーローズ

.

三島由紀夫 作

ドナルド・キーン翻訳

.

細川俊夫/オペラ『班女』

 一幕6場(英語上演 字幕付き)

 (日本初演)

.

花子/半田美和子(ソプラノ)

実子/フレドリカ・ブリレンブルク(メゾ)

吉雄/小森輝彦

.

ヨハネス・デビュス 指揮

東京シンフォニエッタ

この日の演奏会のチケットとれませんでした。

班女はこの日と、23日、26日の都合3回公演ですが、いずれも早い段階で完売。

したがって感想は書けません。

この公演はサントリーホールの入口はいってすぐ左にあるブルーローズで行われている。

キャパとしては300人以上はいるが、今回の舞台構成だと250人ぐらいしかはいれないのではないか。

日本初演とはいえ人気演目のよう。3回公演で1000人に満たない聴衆しか聴けないというのも情けないというか、もったいないというか。

大きいホールの場合、制約が多そうな舞台装置(翌日その舞台だけは観た!)なので困難がつきまとうのだろうが、サントリーホールが行っているホールオペラのような舞台を作ればよかったんだと思う。そうすれば1回公演でも2000人以上の聴衆がこのオペラに接することができたはず。

曲、演奏については観ていないので、なんとも言えず。。

Scan10057

人気ブログランキングへ

コメント (1)   トラックバック (1)

891- サマーフェスティバル2009

2009-08-23 19:59:04 | 音楽

1

サマーフェスティバル2009

<MUSIC TODAY 21>

サマーフェスティバル2009

.

821日から31日まで。

今年は、

サントリー音楽財団創設40周年記念

ということらしい。

かなりの人気。

.

<MUSIC TODAY 21>といいながら、

一番の目玉は1958年に世界初演され、日本では35年ぶりの演奏となるシュトックハウゼンのグルッペン。オーケストラ3群に指揮者3人。20分の曲を2回演奏する。

これは特別演奏会と称し最後の日に演奏されるが、定価5,000円のチケット(かなり安い)が、早々と完売。ヤフオクみてたら落札金額37,000円てぇのがあったから、いまさら、無理っぽい。他日5日分はゲットしてあるのだが、班女もいっぱいいっぱいで。

4

人気ブログランキングへ

コメント

890- ヒルデガルト・ベーレンス やすらかに

2009-08-22 09:24:26 | 音楽

ヒルデガルト・ベーレンスが2009818日、来日中のさなか死去。

メトではイゾルデからトスカまでよく観た。

以下再掲

.

●ベーレンス メトなつかしのプリマドンナ

ヒルデガルト・ベーレンスは、1976年にメトにデビューして以来、メトの聴衆お気に入りの個性派歌い手。

彼女の明快で明るい声は、同時代の最も重要なワーグナーの歌い手の一人。

1986922日、

ワーグナーの「ワルキューレ」のニュー・プロダクションの初日、

ブリュンヒルデ役で嵐のような熱演を絶唱した。

当日現場にいた河童は、茫然自失となってしまったが、ベーレンスはどこから湧いてくるのか無尽蔵のエネルギーで、メト4000人を全員うならせた。

客層がイタオペとワーグナーでは異なる、などと日本ではこれみよがしに言うが、メトではワーグナーに熱中するオペラファンはいつものオペラゴアーズ。

メトのオペラの長い歴史を感じた一夜であった。

おわり

こんな感じだったんだよね。

ベーレンスはたぶん20回以上は観てるな。

彼女の無尽蔵のエネルギーはオペラのもの。

やすらかに。

1

.

コメント

889- メト ニュープロダクション トスカで2009-2010シーズンがはじまる。2009.9.21 at 6:30pm

2009-08-21 00:10:00 | 音楽

Bbtoscaphoto

Web_1971_06_05jameslevinedebut

昨日はニューヨーク・フィルハーモニックの2009-2010シーズン初日の待ち遠しい紹介をしましたが、今日はその右ななめ前にあるメトロポリタン・オペラハウスの初日の紹介。

.

2009921()6:30pm

メトロポリタン・オペラハウス

.

ニュー・プロダクション

プッチーニ/トスカ

.

トスカ/カリータ・マッティラ

カヴァラドッシ/マルセロ・アルバレス

.

演出/リュック・ボンディ

指揮/ジェイムズ・レヴァイン

この日は新演出の初日ガラ・ナイトのため、高い。

1,750ドルです。17万円ぐらい。

開演1時間前にカクテルのレセプション。上演時の席は平土間の超シート。終演後、横奥のダムロッシュ公演にテントを張ってディナー。歌い手たちも参加。これで17万円。

上演だけだと1,250ドルだって。

トスカの演出は、けばかったゼッフィレルリに別れを告げ、新演出となる。

ゼッフィレルリの哲学はボエームによくあらわれていて、これは個人的には思い出深く、悪くない。トスカだって悪くなかった。メトならではの超ステージでなければ表現できないようなことだけをゼッフィレルリはやった。

ドミンゴとパヴァロッティのカヴァラドッシを観たことがあるが、同じ演出といいながら、振り付けは当然というか自然というか、かなり違った動きのものであった。

今回のニュープロダクションはどのような味付けになるのだろうか。楽しみではある。

アップした写真は1970年のジミーですからね。

人気ブログランキングへ

コメント