碓井広義ブログ

<上智大学教授のメディア時評> 見たり、読んだり、書いたり、話したり、時々考えてみたり・・・

週刊新潮で、ドラマ「僕坂」の加賀まりこさんについて解説

2018年11月14日 | メディアでのコメント・論評


「僕坂」で好演の加賀まりこ、
現実でも愛猫と生活 本人語る

「嵐」の相葉雅紀主演の連続ドラマ「僕とシッポと神楽坂」(テレビ朝日系)。動物病院を舞台に獣医の相葉、看護師の広末涼子らと、動物や飼い主たちとの心の交流を描く物語だ。

初回視聴率は6・6%、2回目は5・4%と、テレ朝の金曜23時15分からの枠としては、やや苦戦が続く。

10月26日放送の第3話には、加賀まりこが神楽坂の老舗扇屋の女将役で出演。夫に先立たれ子供もおらず、愛猫と暮らす孤独な女「千津(ちづ)」をしんみりと演じてみせた。

「相葉や広末に比べ、存在感は別格。加賀さんの貫禄を感じさせる回でしたね」

とは、上智大学教授(メディア文化論)の碓井広義氏。

「最後は唯一の家族であるネコに見守られ、眠るように息を引き取っていく。ほのぼのしたドラマの中、彼女の演技で、生と死のテーマが重くならず、でも訴えかける内容で“引き締まって”いました」

若い頃は“和製ブリジット・バルドー”との異名を取った彼女も74歳。昨年放送された倉本聰脚本の「やすらぎの郷」では、かつて大女優で、今では老人ホームで暮らす老女を浅丘ルリ子らと熱演し、話題となった。

「『やすらぎの郷』の出演が転機となったんでしょう。ありのままの自分を出せるようになり、生き生きとした美しさを感じさせるようになりました」(同)


実は加賀さん、実際でも神楽坂に長年住み、ネコを飼っている。

「だから演技も入りやすかったんですよ。ドラマで登場したネコも私が飼っている子にそっくり。ただ、今回のような寂しげなお婆さん役は、本当は苦手かな」

そう話すのはご本人。

「でも、今回のドラマで自分と重ねて感じたことは、“命”に対する思い、そして“死”に対して。今、飼っているネコは16歳。人間なら私と同じくらいか、年上。できるなら一緒、同時に逝きたいわね。私が先に逝った場合、一人残すのは心配。その気持ちは千津と同じ」

1回だけのゲスト出演ゆえ光る、いぶし銀の名演であった。

(週刊新潮 2018年11月8日号)
『テレビ(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« ドラマ「大恋愛」 ムロツヨシ... | トップ | 【気まぐれ写真館】 霜月の夕景 »
最近の画像もっと見る

メディアでのコメント・論評」カテゴリの最新記事