碓井広義ブログ

<上智大学教授のメディア時評> 見たり、読んだり、書いたり、話したり、時々考えてみたり・・・

参院選挙、そしてテレビ東京「池上選挙特番」の結果は!?

2016年07月10日 | メディアでのコメント・論評



10日は参院選挙。

出張と重なるため、期日前投票を済ませてありますが、さて、どんな結果になるのか。

週刊新潮で、選挙特番についてコメントしました。


選挙特番、池上彰のテレ東がV3濃厚 
恵俊彰のTBS、宮根誠司のフジが対抗

7月10日の参院選挙にむけ、業界は特番モードだ。このところの変化といえば、何といってもテレビ東京の躍進である。

同局は2010年の第22回参議院議員選挙より、池上彰氏を司会に起用し選挙特番を放送している。この前年の衆院選では2・4%(もちろん最下位)しか取れなかった視聴率を9・3%に押し上げ、民放2位に。13年の参院選では10・3%となり、民放1位を獲得(NHKは16・5%)。

そして一昨年の衆院選でも民放1位(11・6%)となり、瞬間的(21時台)ではあったが、NHKをも抜いた。

上智大学教授の碓井広義氏(メディア論)は、

「わかりやすい解説を旨とし、政治家を相手に鋭く突っ込むのが真骨頂。14年の衆院選では他局が安倍首相を相手に媚びへつらう中、池上さんは解散権の乱用や、集団的自衛権について質問し、首相の顔色を変えさせていましたからね」


公明党議員を推して活動中の創価学会員から「選挙をやると功徳がつく」という言質を取ったこともある。

「他局を見ても、日テレは『NEWS ZERO』、テレ朝は『報道ステーション』の拡大版。TBSは恵俊彰、フジは宮根誠司らを司会にしたワイドショーですから、今回もテレ東が強そう。素材が同じなだけに、何を伝えようとしているのかが際立つんです。昔から、テレ東は速報の中に再現ドラマを挟んだり、わかりやすさを求めて工夫はしてきましたから」(同)

NHKを超えるなんてことになったら、事件だ。

(週刊新潮」2016年7月7日号)

【気まぐれ写真館】 太郎吉蔵デザイン会議 2日目 2016.07.09

2016年07月10日 | 気まぐれ写真館
パネラーの皆さん




オークションで入手!


新十津川町へ


新十津川町文化伝習館


アウンの藤島保志さん、デザイナーの梅原真さん、原研哉さんと


新十津川町の安中経人さん、川端慎治さん、吉田智博さん