Utsuke Bron

みなさんお元気ですか

牡丹

2017年04月30日 | 日記


4月30日より「穀雨」末候「「牡丹華(ぼたんはなさく)」となります。読んで字の如しで解説は不要でしょう。上代に大陸から日本に伝わり、その後大いに愛されて、鑑賞に、日本画や着物、焼き物や彫刻、刺青などの意匠となった牡丹。でも現代の日本人は牡丹がどんな花か、昔の人のように明確に思い起こせない人が多いのではないか?
ともすると、あるまったく異なる花と取り違えている人が多いような気がします。どうしてなのか、考察してみました。




百花の王のはずなのに…なぜか影が薄い牡丹の謎

ボタン(牡丹 Paeonia suffruticosa)は、ボタン科ボタン属の落葉低木。その豪奢で圧倒的に美しい花の姿は、「富貴花」「百花の王」と呼ばれ、間近で見ると息を呑んで見つめずにいられません。
ところが、桜(ソメイヨシノ)の花見季節に近接しているためか、GWの直前・最中頃に咲くためか、洋花の王様・薔薇とどことなく姿や花色がかぶるせいか、あまり牡丹の開花が大々的に報じられたり巷間に上ることはありません。かえって藤やツツジ、芝桜やネモフィラなどの開花情報のほうが、ずっと多いくらいではないでしょうか。
もちろん、奈良桜井市の牡丹で有名な長谷寺や、東京上野東照宮の冬ぼたんを訪れて楽しむような、牡丹好きの方には関係ない話です。しかし、特別花に造詣の深くない人にとっては、「牡丹」というとその本物の花よりも、「牡丹雪(ぼたゆき)」や「牡丹鍋(イノシシ鍋)」、「牡丹餅(ぼたもち)」、あるいは花の少ない冬の庭園や公園の花壇に植えられておなじみの「葉牡丹(はぼたん)」など、牡丹の名を与えられた別物のほうが、見る機会が多いのではないでしょうか。
そして、筆者は以前からある憶測を抱き、ときどき知人に「ボタンってどんな花だと思う?」という質問をしています。すると、ほとんどの場合はぼんやりしたイメージで、葉や全体の姿も思い浮かばないことが多く、しかも椿や山茶花(サザンカ)と混同している人が一定数いることに気がつきました。
巨大な花をつける牡丹は落葉低木で、葉は切れ込みが深く薄い華奢な葉です。かたや椿は常緑高木で、「艶葉木(つやばき)」が語源といわれるとおり、分厚く、つやつやとした濃い緑の葉が特徴です。
花は牡丹とは大きさも形も比べ物になりません。もちろん椿は椿で、わび茶の世界で愛される、枯淡の滋味深い趣があり、また、花盛りに木一杯に真っ赤な花をつけるときには妖しい美しさがあります。が、とうてい似ても似つかない両者なのに、「現代の日本人のかなり多くの人が牡丹と椿を混同している」という不思議な傾向があるようなのです。それはなぜだろう、と考えるようになりました。


大きな花と幾重にもなる花びらが特徴です




ぼたぼたと落ちる椿がいつしか…

「牡丹雪」は空中で合体して大きな雪片となって落ちてくる雪のことをさし、そのさまが牡丹の花びらが落ちてくるようなので牡丹雪と言いますが、新潟県・福井県・石川県・山形県庄内地方・大分県などでは「ぼた雪」を「ぼたぼたと落ちてくるから」ぼた雪というそうです。
そもそも、大きな雪片を花びらに見立てるのはよくわかりますが、なぜそれが「牡丹」になるのかやや説得力がなく、本来「ぼた雪」といっていたものを後から風流に「牡丹」にむすびつけたのではないか、とも考えられます。
「牡丹餅」についても、「春の彼岸ごろに咲くから牡丹餅」というが、秋の彼岸ごろに咲く萩が「おはぎ」につながるのはわかるけれど、牡丹の開花時期は実際には春の彼岸ごろではなく今頃です。和漢三才図会に「牡丹餅および萩の花は形、色をもってこれを名づく」と記されているために疑いをもたれませんが、本来はおはぎよりも大きなものをぼた餅と呼んだという説もあり、とすると「ぼたぼたしている」からぼた餅で、あとから牡丹につなげられたのかもしれません。考えてみれば「棚からぼた餅」という成語も、上から「ぼたっと落ちてくる」からぼた餅なのではないでしょうか。
そして、椿は花びらが散らずに首から「ぼたっ」と落ちる花の代表です。ややこしいことに、椿の八重咲きは「牡丹咲き」と名づけられていて、牡丹咲き椿を「牡丹咲き」と呼ぶことも多いのです。これをよく知らない人が「ははあこれが牡丹か。ぼたんという名の通り、花もぼたんと落ちるね」と思うこともあったでしょう。
「ぼた雪」や「ぼた餅」、そして「ぼたっと落ちる」「牡丹咲き椿」。こうしたイメージ、連想からいつの間にか、まるで似ても似つかない牡丹と椿が混同されるという事態が起きてしまったのではないかと思われます。


こちらは椿。どことなく似ていますか?


男性のヤル気スイッチはフェロモンで♪ベッドタイム専用香水【Viens Floral(ヴィヤンフローラル)】


男気・任侠・剣士のシンボルとなった牡丹


唐獅子牡丹

「牡丹」という変わった花の名は、分解すると「牡」つまりオス(牡馬など競馬用語で使われますね)と、「丹」つまり辰砂、赤い色のこと。一説では、花に赤い色が多いことと、また栽培種は結実をさせず苗から育て、代木に接木することから「子をなさない」=オスと見立てられ、「赤いオス」という意味から名づけられたといわれます。
そのせいか、男気や強さの象徴ともとらえられ、滝沢馬琴は代表作「南総里見八犬伝」では、八人の犬士の体のどこかに「牡丹のあざ」がある設定にしていますし、また同じく馬琴の大ヒット作「傾城水滸伝」から巻き起こった江戸の水滸伝ブームに乗り、歌川国芳が「通俗水滸伝豪傑百人之一個」の錦絵シリーズにおいて、百八人の英雄の全身に極彩色の刺青をほどこして描き、わけても浪士燕青の背には見事な「唐獅子牡丹」の刺青を描いて当時の江戸っ子たちを魅了し、町火消しや鳶・大工、あるいは博徒などの職種の人々は、競ってこの錦絵を真似た刺青を彫るようになり、いわゆる「紋々」といわれる日本風の筋物の刺青は、この頃に確立したものだといわれます。
こうした理由から、一方では「立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花」という江戸美人をあらわす代名詞をあらわし、振袖などの図柄としても使われながら、どことなく牡丹の花は任侠や暴力、ガラの悪さのイメージも醸成されてきたようです。そして、多くの刺青の唐獅子牡丹の図柄では、メインの唐獅子の背景をうずめるような複雑な波模様と交じり合い、牡丹の絵柄はかなりデフォルメ・単純化され、正確な葉の形や全体の姿を描かれてはいません(国芳の錦絵はさすがにかなり正確に細かく描いていますが)。
映画「唐獅子牡丹」で高倉健が背負う刺青の牡丹も、牡丹というよりは棘こそないが薔薇の花のようで、これでは絵でしか見たことがない人が牡丹を正確に思い浮かべることは出来ず、椿と混同した人がそのイメージを修正する助けにはならなかったでしょう。




「獅子に牡丹」も由来は謎でした


神社の狛犬

「獅子に牡丹」という取り合わせは、「竹に雀」「波に千鳥」「梅に鶯」「竜に雲」などと同様、おめでたい吉祥の組み合わせの意匠として成立しているのは確かですが、ではどうして、いつごろ、どんな意味があってこの組み合わせになったのかは実のところはっきりわかっていません。
ネット上では、牡丹の朝露が無敵の獅子の唯一の天敵「獅子身中の虫」を殺すため、獅子は牡丹の花の下で憩うのである、という説が散見されるのですが、どこかこじつけのようにも感じます。猫が胃腸の調子を整えて雑草を食べている姿を見て、百獣の王の獅子ならば百花の王牡丹を食べるのがふさわしい、という連想かもしれません。それがいつ、誰によって語られるようになったのかは不明で、出典は皆目わからず(ネットでの出所は臨済禅・黄檗禅公式サイト所収の法話のようです)、近世ごろからの俗説の可能性もあるように思われます。
ただ、能で有名な演目「石橋(しゃっきょう)」では、獅子口を着用した舞の舞台には牡丹が飾られ、また同じく歌舞伎の「石橋」「風流相生獅子」「連獅子」(総称して『石橋もの』)でも牡丹の前で獅子が踊ることになっていて、「獅子と牡丹」は鎌倉・室町期ごろにはセットのものとして扱われることになっていたようです。神社の狛犬(狛犬というのは本来有角ですので、実際には現在の神社の狛犬の姿はほとんどが唐獅子です)の中でも江戸期から明治にかけて盛んに作られた島根の来待石(きまちいし)を用いた狛犬では、台座の多くに牡丹が彫られていて、江戸期以降は、ますますセットとして扱われることが多くなっていたようです。狛犬の中には、牡丹とおぼしき草をむしゃむしゃと食べている変った石像もあったりします。
ちょうど牡丹の花の季節。ふとした農家の庭先に、丹精こめた牡丹が咲いていて、はっとなることもあります。お近くの牡丹の名所にお出かけになってみてはいかがでしょうか。そのゴージャスさに驚嘆すること請け合いです。






https://www.wowapp.com/w/kaoru.ikeda/Kaoru-Ikeda

http://plaza.rakuten.co.jp/kaoruikeda/

http://kaoruikeda.hatenablog.com/

blog.goo.ne.jp/kaoru_ikeda/

http://ameblo.jp/kaoru19721023

http://kaoruikeda72.blog.fc2.com/

http://kaoruikeda.blog.shinobi.jp/




コメント

鯉のぼり探訪

2017年04月30日 | 日記


いよいよゴールデンウィークに突入しました。ゴールデンウィークと言えば子供の日。子供の日と言えば鯉のぼりです。ゴールデンウィーク中は各地でさまざまな鯉のぼりイベントが開催されていますね。青空を背景に泳ぐ数百匹もの鯉のぼりは圧巻。今回は代表的な鯉のぼりイベントを一部ご紹介。全国各地で同様のイベントが多数開催されているので、ゴールデンウィークのお出かけの候補地として、検討されてみてはいかがでしょうか。




温泉街を彩る色とりどりの鯉のぼり

■北海道「第31回定山渓温泉渓流鯉のぼり」

定山渓温泉は、札幌の奥座敷ともいわれる北海道有数の温泉。定山渓温泉渓流鯉のぼりは、昭和62年、北海道に桜前線が訪れる4月中旬から5月初旬に、温泉街での思い出のひとつとして掲揚したのが始まりだそう。大小400匹の鯉のぼりが温泉街の豊平川上空を元気に泳ぐさまは定山渓の春の風物詩となっています。
[開催日時]2017年4月15日(土)~5月7日(日)
[開催場所]定山渓温泉街ほか







今年で33回目!食と芸能を楽しむ鯉のぼりフェスタ

■石川県「第33回大谷川 鯉のぼりフェスティバル」

今回で33回を数える伝統的な鯉のぼりフェスティバル。大谷川の河口付近に約450匹の鯉のぼりが泳ぎます。空に大小色とりどりの鯉のぼりが風にたなびく姿は壮麗! バーベキューや地場産品の販売、郷土芸能、鯉恋結婚式などのイベントも多彩。家族でおでかけして、丸一日楽しめるイベントです。
[開催日時]2017年5月3日(水・祝)~5月4日(木・祝)
[開催場所]石川県珠洲市大谷町






東京タワーを背景に泳ぐ333匹の鯉のぼり!

■東京「東京タワー鯉のぼり」

東京タワーの毎年恒例の春の風物詩は今年で9回目を迎えます。東京タワーの高さ333mにちなんで、彩り鮮やかな大小333匹の鯉のぼりと約6mの巨大さんまのぼりが東京タワーと青空を背景にして一斉に泳ぎます。17:00~23:00までは鯉のぼりをLEDサーチライトが照らすとともに、鯉のぼりを吊るワイヤーもレインボーに輝きます。
[開催日時]4月5日(水)~5月7日(日)
[開催場所]東京タワー正面玄関前






清流を悠々と泳ぐ紙の鯉のぼり

■高知県「第23回仁淀川(によどがわ)紙のこいのぼり」

いの町特産の紙『不織布』を使って思い思いに色塗した紙のこいのぼりが、清流仁淀川に泳ぎます。平成7年からはじまったこのイベントは年を追うごとに盛り上がりを見せ、平成12年には「第4回ふるさとイベント大賞自治大臣表彰」を受賞。仁淀川ふるさと市などの催しもあり、多くの人が訪れます。イベント中は道が混雑するので、公共の交通機関での移動がおすすめです。
[開催日時]2017年5月3日(水・祝)~5月5日(金・祝)
[開催場所]いの町波川河原(国道33号線仁淀川橋下) 吾川郡いの町波川






圧巻!! 3500匹の鯉のぼりが大群舞!!

■熊本県「杖立温泉鯉のぼり祭り」

熊本県北東部、小国町杖立温泉で30年以上続く鯉のぼり祭り。杖立川の上を約800mに渡って泳ぐ鯉のぼりはなんと3500匹!!思わず「なんじゃこりゃ~!」と叫んでしまいそうな鯉のぼりの大群舞を堪能できます。今年は全国各地の方言で「ありがとう」を意味するメッセージ入りの鯉のぼりや震災からの復興の決意が込められた鯉のぼりも揚がっているそう。夜間はライトアップされ、昼間とはまた違う風情を楽しむことができます。
[開催日時]2017年4月1日(土)~5月6日(土)
[開催場所]熊本県阿蘇郡小国町下城杖立





上記以外にも、全国あちらこちらで鯉のぼりイベントが開催されています。お近くのエリアでぜひ探してみてください。




https://www.wowapp.com/w/kaoru.ikeda/Kaoru-Ikeda

http://plaza.rakuten.co.jp/kaoruikeda/

http://kaoruikeda.hatenablog.com/

blog.goo.ne.jp/kaoru_ikeda/

http://ameblo.jp/kaoru19721023

http://kaoruikeda72.blog.fc2.com/

http://kaoruikeda.blog.shinobi.jp/


コメント

4月29日(土)のつぶやき

2017年04月30日 | 日記
コメント

スナップチャット

2017年04月29日 | 日記


http://ameblo.jp/kaoru19721023/entry-12269959003.html?frm_id=v.jpameblo&device_id=006bde5677cb4835bddd5313bb2ad489

https://www.wowapp.com/w/kaoru.ikeda/Kaoru-Ikeda

http://plaza.rakuten.co.jp/kaoruikeda/

http://kaoruikeda.hatenablog.com/

blog.goo.ne.jp/kaoru_ikeda/

http://ameblo.jp/kaoru19721023

http://kaoruikeda72.blog.fc2.com/

http://kaoruikeda.blog.shinobi.jp/

コメント

Children's Day

2017年04月29日 | 日記

5月5日は「子どもの日」。子どもの成長を祝う行事のトレンドをご紹介します

関東でも日中の寒暖差が激しく、東北や北陸でも昼間と夜間の気温差が10度以上になる地域もあります。寒暖差によって体の不調を感じる人も多くなるこの時期、服装や体調管理に留意して過ごしたいものです。
さて、明日からいよいよゴールデンウィークですね。ふと視線をあげるとお庭やベランダなどで鯉のぼりを見かけるようになりました。そこで今日は、5月5日の「子どもの日」にちなみ、端午の節句以外で子どもの成長を祝う行事の最新情報をご紹介したいと思います。



ハーフバースデー


すっかり定着した感のある「ハーフバースデー」

赤ちゃんが生まれてから半年後に行う「ハーフバースデー」は、アメリカやイギリスなど欧米の習慣。
そもそも長期休暇中に誕生日を迎える子が、お友達にお祝いをしてもらえずかわいそうなので、誕生日の6ヶ月前か、6ヶ月後に学校でお祝いしようというものだったそう。それが、日本では生後6ヶ月のお祝いのイベントとして定着しました。

では、「ハーフバースデー」に何をするかといえば、特に決まりはありませんが……
・離乳食ケーキを作る
・ホームパーティーをする
・写真を撮る という方が多いようです。




オムツアート


コンテストや撮影会が行われるほどの人気!

ハーフバースデーの写真撮影で定番なのが、オムツを使った「オムツアート」、別名「寝相アート」です。
インスタグラムなどでも多くの人が投稿しているのでご存じの方も多いかもしれませんが、「オムツアート」は赤ちゃんのねんね姿とオムツなどの小道具を使ってアートに見立て写真を撮ること。ねんね期しか楽しめないので、お子様の成長記録として、ぜひチャレンジしたいですね。




2分の1成人式と立志式


昔は(数えで)15歳になると成人に達したと考えられ、髪型や服装を改めた

次は、少し成長してからの儀式です。
近年、多くの小学校で行われているのが「2分の1成人式」です。名前の通り、成人の2分の1の年齢である10歳を記念して行われる儀式であり、4学年時に行われます。保護者を招待して「2分の1成人証書」の授与式などを行う学校もあるようです。
1980年代、兵庫県の教諭が高学年への門出として行なったのが始まりと言われています。

現在は減少傾向にあるようですが、中学生になると「立志式」を行う地域もあります。「立志式」は、奈良時代から行われている元服にちなんで数え年の15歳(満14歳の立春の日)を祝う儀式です。
生徒たちによる将来への決意や目標の発表や合唱、保護者からは子どもたちへ手紙を書くことが多いようです。

── そして、これらの子ども成長を祝う儀式は「成人式」で大きな区切りを向かえます。時代や地域によって行われる儀式も変化しますが、子どもたちにとっては大人への自覚が芽生える機会として、また親御さんにとっては我が子の健やかな成長を喜ぶ機会として、受け継いでいきたいものです。



https://www.wowapp.com/w/kaoru.ikeda/Kaoru-Ikeda

http://plaza.rakuten.co.jp/kaoruikeda/

http://kaoruikeda.hatenablog.com/

blog.goo.ne.jp/kaoru_ikeda/

http://ameblo.jp/kaoru19721023

http://kaoruikeda72.blog.fc2.com/

http://kaoruikeda.blog.shinobi.jp/

コメント

オフショルダー

2017年04月29日 | 日記

完全に肩を出すのは大人の街着には不向き、肩を隠してヘルシーな肌見せに

日によっては強い日差しと気温上昇、もう初夏のような陽気が近づいてきました。ゴールデンウィーク直前です。リゾート地へご旅行の方も多いと思います。どこにも旅行へ行く予定のない筆者…初夏のお出かけファッションで少しでもリゾート感を味わいたくなってきました。




大人のオフショルダー

昨年あたりから、注目が集まっているオフショルダーデザイン。本来は肩を完全に出して着るもので、露出が多めなリゾート感の強いスタイルにぴったりなもの。街着として着るにはなかなか勇気がいります。では、筆者のような大人世代が着るには…写真のように肩を出さずボートネックのように着るのがオススメです。とはいえ、やはり横に広がったネックラインになるので、露出は気になります。ロングヘアの方は髪を垂らして露出した肌の面積を減らしたり、又ショートヘアの方は大ぶりのアクセサリーで肌の露出から目線を逸らすのはいかがでしょうか。大人のヘルシー肌見せは過剰は厳禁ですね。トレンドは抑えつつ大人仕様で初夏のファッションを楽しんでみませんか。





涼しげなメッシュ素材でヘルシーに

今年のトレンドのひとつ、メッシュ素材。こちらも部分使いなら、大人のヘルシー肌見せスタイルに。長袖や七分袖のコットンセーターのヨーク部分(バストより上の部分・デコルテライン)のみメッシュのもの、背中部分だけがメッシュのもの…などメッシュの部分使いのタイプをよくショップで見かけます。メッシュ素材は見た目も涼しげなので、初夏〜夏のスタイルにぴったりですね。中に着るインナーは、あえて白など淡色には紺や黒などを、濃い色には白を合わせてメッシュ素材がより際立つ組合せもオススメです。ベージュなどの「下着感」の出てしまうものは避け、インナーとの色のコントラストで「重ね着感」を出すことでスポーティなヘルシー肌見せスタイルに。




他にも色々、夏限定、ヘルシー肌見せ

透け感のある素材を使ったトップスも気になります。薄い素材なので夏まで活躍してくれそうです。写真のように長袖で柄物なら露出も抑えられ、ヘルシーですね。
大人のヘルシー肌見せスタイル、合わせるボトムスはマニッシュなラインのものを。ヒップや太もものボディラインが出やすいものを合わせるとフェミニンになり過ぎてしまいますね。

オフショルダー、メッシュ、透け感素材…どれも着方やアクセサリー使い、袖の長さなど、肌見せを抑えればトレンドを楽しみつつ涼しく過ごせそうなので、筆者もぜひ挑戦したいと思います。まず、その前にボディケアを始めなくては!ではありますが。


ドット柄が透け感を程よく抑えてくれます




https://www.wowapp.com/w/kaoru.ikeda/Kaoru-Ikeda

http://plaza.rakuten.co.jp/kaoruikeda/

http://kaoruikeda.hatenablog.com/

blog.goo.ne.jp/kaoru_ikeda/

http://ameblo.jp/kaoru19721023

http://kaoruikeda72.blog.fc2.com/

http://kaoruikeda.blog.shinobi.jp/

コメント

にんにくのポテンシャル

2017年04月29日 | 日記

これから旬を迎える「にんにく」

新しい年度が始まって早1ヶ月。みなさん新生活には慣れましたか?気候もよいですし、春らしい暖かい日々に“冬の間になまった体をメンテナンスしたい”という意欲が湧いてくる方も多いのではないでしょうか?
GWを目前に控え、長期連休中に生活習慣を見直して、健康な体づくりに取り組み始めるのもよいですね。
手始めに、健康に良い食品を積極的に取り入れてみてはいかがでしょう? 中でも昔から私たち日本人になじみのある「にんにく」。実はこれからが旬の時期なのです。




「にんにくを食べると元気になる」は本当!?

にんにくは中央アジアのキルギス地方が原産地といわれています。今から約6000年前の古代文明の時代、すでににんにくは食用および薬用の植物として認知されていました。エジプトでは、ピラミッド建設に従事していた労働者の疲労回復薬(強壮剤)として栽培されていたのだとか。日本でも奈良時代には中国経由で伝わり、古事記や源氏物語にも「大蒜(おおびる)」として登場しています。
「にんにくを食べると元気になる」といわれますが、成分を分析できなかったはずの古代から、疲労回復に明らかな効果を発揮したにんにくには、確かにそれを裏づける有効成分が含まれていたのです。

にんにくには「ビタミンB1」が含まれています。「ビタミンB1」は糖質を分解してエネルギーに変える際に欠かせない栄養素で、疲労回復(=元気になる)に有効な成分。しかし水溶性な上に熱に弱く体内への吸収率がおそろしく低いという特徴があります。「ビタミンB1」の吸収率を高め、余分なビタミンは体内に貯蔵しておければ……そんな働きをする成分が、あるのです!

にんにくには独特のニオイがありますが、そのニオイの元となる成分「アリシン」と、にんにくに含まれる「ビタミンB1」が体内で結合し、「アリチアミン」という脂溶性ビタミンに変化します。「アリチアミン」は体内に長くとどまり、糖質のエネルギー変換を助けてくれるのです。

ちなみにこの性質を利用したのが、栄養剤「アリナミン」。
古代、ピラミッド建設の現場の人々も、現代のサラリーマンも、にんにくのチカラに助けられているというわけです。


ピラミッド建設は、にんにくパワーのおかげ!?




にんにくのチカラを高める保存法

にんにくは今では北海道から沖縄まで各地で生産されていますが、中でも青森産のものが国産シェアの7割を占め、質も優れているといわれています。
地方によって多少時期が異なりますが、5月から8月に収穫し20日間程度乾燥させた後市場に出まわるにんにく。まさにこれから旬を迎えます。特に5月から6月にかけて出まわる収穫後間もない「新にんにく」は、みずみずしくて甘味が強いのが特徴です。
買ってきたら、風通しのよい涼しい所で保管しましょう。一かけずつにばらして表皮を剥きラップで包んで冷凍すれば、日持ちするうえ、冷蔵庫解凍で生と変わらない状態になります。

アメリカの国立がん研究所が1990年に発表した研究結果によると、にんにくに含まれる「ジアリルトリスルフィド」という成分が、がん細胞の増殖を抑えがん発症のリスクを低下させるのだとか。
この「ジアリルトリスルフィド」はオリーブオイルで低温加熱調理するとより発生しやすくなるので、にんにくの薄切りをオリーブオイルで炒め、保存容器に入れて冷蔵保存するとよいでしょう。サラダのドレッシングとして重宝しそうです。

また近年、体内の有害物質に対して攻撃を行うナチュラルキラー細胞が弱った時に、本来の働きができるよう作用する「S-アリルシステイン」についても明らかになってきました。「S-アリルシステイン」はにんにくだけに含まれる成分で、生のにんにくにはわずかしか含まれていないのですが、熟成することで増えるのだそうです。
そこで、一かけずつにばらして表皮を剥いたにんにくを、醤油漬けにしてはいかがでしょう。にんにく風味の醤油は調味料として、漬けこんだにんにくはお漬物として食べられますよ。
オリーブオイルやワインビネガー、酢、味噌などに漬けてもよいですね。薬味として、またひと味違う調味料として食卓を豊かにするだけでなく、みなさんと家族の健康に一役買ってくれそうです。

―― 旬のにんにくを美味しく食べて、疲れ知らずの元気なカラダを手に入れましょう!


「S-アリルシステイン」たっぷり!にんにくの醤油漬け



https://www.wowapp.com/w/kaoru.ikeda/Kaoru-Ikeda

http://plaza.rakuten.co.jp/kaoruikeda/

http://kaoruikeda.hatenablog.com/

blog.goo.ne.jp/kaoru_ikeda/

http://ameblo.jp/kaoru19721023

http://kaoruikeda72.blog.fc2.com/

http://kaoruikeda.blog.shinobi.jp/


コメント

4月28日(金)のつぶやき

2017年04月29日 | 日記
コメント

4月27日(木)のつぶやき

2017年04月28日 | 日記
コメント

4月26日(水)のつぶやき

2017年04月27日 | 日記
コメント

梅雨入り

2017年04月26日 | 日記


今年の梅雨は?夏の天候はどうなるでしょうか?最新の3か月予報をもとに、向こう3か月(5月~7月)の天候をまとめました。






【5月】初夏の陽気

・天気は沖縄・奄美では例年より早めに長雨の季節に突入する可能性があります。九州から関東は晴れる日が多く、梅雨入りを前にカラッとした陽気を満喫できそうです。東北と北海道は低気圧の影響を受けて、天気は数日の周期で変わるでしょう。
・気温は沖縄・奄美や九州から近畿は平年並みか高く、汗ばむような陽気の日が増えてくるでしょう。例年以上に半袖の出番が増えそうです。東海や北陸、関東、東北、北海道は平年並みでしょう。清々しい初夏の陽気を楽しめる日が多くなりそうです。






【6月】続々と長雨の季節に

・天気は沖縄・奄美はぐずついた天気の日が多い見込みです。九州から関東は6月に入ると、次第に長雨の季節に突入するでしょう。特に、沖縄・奄美や九州南部、四国には南から湿った空気が流れ込みやすいため、平年より雨量が多くなる予想です。北陸や東北は6月半ば頃から梅雨空の日が多くなるでしょう。梅雨のない北海道は高気圧と低気圧が交互に通り、天気は数日の周期で変わりそうです。

・気温は沖縄・奄美は平年並みですが、晴れ間のでる日はグッと暑くなるでしょう。九州から北海道は平年並みか高い見込みです。梅雨入りしている地域では蒸し暑い日が多くなりそうです。食べ物の管理などに注意が必要です。




【7月】梅雨末期の大雨に注意

・天気は沖縄・奄美は太平洋高気圧に覆われて、夏空の広がる日が多いでしょう。九州から関東は7月前半は梅雨空の日が多い見込みです。南から暖かく湿った空気が流れ込みやすく、雨量は平年並みか多い予想です。例年、梅雨の末期は度々大雨に見舞われますが、今年は例年以上に大雨への災害が懸念されます。大雨が予想される場合は早めの対策を心がけて下さい。7月後半になると、次第に梅雨前線は北上し、夏空が広がりそうです。北陸と東北は7月後半も曇りや雨の梅雨空の日が多いでしょう。北海道は高気圧と低気圧が交互に通り、平年同様に天気は数日の周期で変わりそうです。

・気温は沖縄・奄美、東北、北海道は平年より高くなる可能性があります。九州から関東は平年並みの予想ですが、曇りや雨の日はそれほど暑さはなくても、晴れた日には厳しい暑さになる所もありそうです。急に暑くなるような日は熱中症の危険性が高まりますので、いっそう注意が必要です。




https://www.wowapp.com/w/kaoru.ikeda/Kaoru-Ikeda

http://plaza.rakuten.co.jp/kaoruikeda/

http://kaoruikeda.hatenablog.com/

blog.goo.ne.jp/kaoru_ikeda/

http://ameblo.jp/kaoru19721023

http://kaoruikeda72.blog.fc2.com/

http://kaoruikeda.blog.shinobi.jp/

コメント

4月25日(火)のつぶやき

2017年04月26日 | 日記
コメント

フレッシャーズ

2017年04月25日 | 日記

新入社員のみなさん、新生活にいち早く慣れてくださいね

コートいらずの過ごしやすい季節になってきました。そんな一年でいちばん過ごしやすい季節の中、必死に汗をかき、がんばっている人たちがいます。そう、新しい世界に飛び込んだばかりの新入社員のみなさんです。
学生時代とは生活がガラリと変わり、戸惑いを感じている人、先ゆきに不安に感じている人も多いのではないでしょうか? ただ、少しポイントをつかむだけで気持ちにゆとりが生まれることもあります。新入社員必見! 少しの工夫で平常心を保てるポイントを紹介します。




対人編 ~無理せず距離を縮めよう~


声をかけるときは、一緒に先輩の名前も呼ぼう!

学生時代は年の近くて仲のよいメンバーで集まっていればよかったので、自分の周りの人間関係もある程度は好きなようにコントロールできたはずです。ただ、社会人になるとそうはいきません。20も30も年が離れた人と仕事をしたり、気が合わないなと感じる人とも毎日顔を合わさなくてはいけません。社会人にもなれば、人の好き嫌いを言ってはいられないのは当然のこと。そのため、新入社員にとって最大のハードルが、対人関係かもしれません。

といっても、「自分は人見知りだし……」という人でも簡単に始められることがあります。
それは「先輩の名前を呼ぶこと」です。初めのうちは、ちょっとしたことを質問するのにも「すみません」と意味もなく謝ってしまう言葉から始めてしまいがちですよね。ですので、まずは「すみません」と言わず、「○○さん、少しよろしいでしょうか?」と最初に名前を呼んでみましょう。
不思議なもので、たったこれだけで一気に距離が縮みますし、先輩としても自分の名前を覚えてくれている、自分のことを頼ってくれていると思うと、メンバーの一員としての実感がわいてくるので、安心感をもって接してくれることでしょう。





仕事編 ~思考停止にならず、常に動き続ける~

新入社員は覚えることがたくさんあります。ただでさえ慣れない環境下、新しいことを次々と覚えるのはとても大変なこと。一人前と呼ばれるようになるには、自分の責任下で何でもできるようにならなければなりませんが、それまでには壁にぶち当たることも多いはず。

例えば「こういう場合はどうしたらいいのだろう」「作業の途中でわからなくなってしまった」といったケースに出くわしたときこそ思考停止状態に陥らず、「常に動き続けること」が大事なポイントになります。

指導者や先輩社員がよく、「彼(彼女)はフリーズしないから大丈夫」といった言い方をします。これは新入社員にありがちな状態を指す例えなのですが、どういうことかというと、途中でわからないことが出てきてしまったとき、新入社員のなかには頭が真っ白になり、先輩にも聞くこともできない「フリーズ」状態を指します。

では、「フリーズ」状態にならないためにどうしたらよいのでしょう。
実際の仕事現場では先輩も仕事をしていますから、後輩の一挙手一投足を見守っているわけではありません。そのため、新入社員自らSOSの合図を発することが大切なのです。つまり「これは自分ひとりでは進めようがないな」と察したら、格好つけずに「◯◯さん、わからないので聞いてよいですか?」と遠慮せずに質問することが大切。「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」ということわざもありますし、先輩に何でも聞くことが許されている特権を活かして、新入社員の今こそたくさん質問するようにしましょう。
ただしこのとき「聞いとけば安心」という姿勢ではなく、「教えてもらったことを、次は自分の力でやってみよう」という前向きさを忘れないことも大事です。




生活編 ~オリジナル・ルーティンをつくろう~


家事もルーティン化で生活も効率的に

トップクラスのスポーツ選手が取り入れている「ルーティン」。
野球選手であれば、バッターボックスに入ってからの一連の動作、ゴルファーであれば、クラブを持ってからボールを打つまでの一連の動作、さらにラグビー選手であれば、キック前の一連の動作を思い浮かべる人も多いことでしょう。
なかには、試合中の一部をルーティン化している選手も入れば、朝起きてから寝るまで生活全体に一定のルーティンを取り入れている選手も多いよう。ルーティンを日常のリズムにしてしまうことで平常心が保て、プレッシャーのかかる場面でも緊張を和らげる効果があるとされています。

2015年のユーキャン新語・流行語大賞にもノミネートされた「ルーティン」は、その後スポーツシーンだけでなく、ビジネスシーンでも注目を集めるようになり、日々の生活に取り入れている人も増えています。例えば「毎週水曜と土曜に洗濯をする」「毎朝15分間読書をする」「重要な会議に臨む際は左足から室内に入る」など……。
このように、いつ、どこで、何をやるかといった具合にルーティンを決めて習慣化させておくと、「自分の生活スタイル」を確立できますし、緊張する場面でもマイナス要因の心情をかき消すことにつながるはずです。

―― たたでさえ新入社員は、生活スタイルが一気に変わってしまったわけですから、早いうちに「おまじない」ともいえる「ルーティン」をつくっておくと、安心材料が増えますね。何より、新入社員の頃はできることが限られていて当然。何もかもがんばろうとすると不安や緊張に襲われることがあるので、ちょっとした心がけで平常心を保てるよう工夫してみてくださいね。



https://www.wowapp.com/w/kaoru.ikeda/Kaoru-Ikeda

http://plaza.rakuten.co.jp/kaoruikeda/

http://kaoruikeda.hatenablog.com/

blog.goo.ne.jp/kaoru_ikeda/

http://ameblo.jp/kaoru19721023

http://kaoruikeda72.blog.fc2.com/

http://kaoruikeda.blog.shinobi.jp/


コメント

カッコウ

2017年04月25日 | 日記


霜止出苗(しもやみてなえいずる)。霜が消えて、いよいよ稲の苗が成長をはじめる頃となりました。カッコウは「種まき鳥」とも呼ばれ、農作業の開始時期を知らせにやってくる鳥とされています。ところで、カッコウといえば「托卵(たくらん)」。それは、自分の卵を他の鳥の巣にちゃっかり産みつけて、そのまま巣立ちまでお世話させてしまうという究極の子育て法…しかも、生まれたカッコウのヒナときたら、自分だけがエサをもらえるように仮親の卵やヒナを皆殺しに!! 怖いですね。ずるいですね。そんな、人の目には「ずるくて残忍」に見える鳥の、知られざる苦労にせまります




ヒナは生まれたとたん苦労している

カッコウ科の鳥(ツツドリ、ホトトギスなども)は「托卵(たくらん)」をします。卵のあずけ先(仮親)は、ホトトギスならたいていウグイス、カッコウならモズやオオヨシキリ、セキレイ、ノビタキなど。信州ではオナガも托卵されることがあるそうです。産卵の時期や数の多さ、そして「だまされやすさ」によっても選ばれているらしいです。卵をあずけるといっても、「ひとつよろしく」「承知!」というわけには、もちろんいきません。それぞれの鳥が、種の保存という一大事のために巣作りしていますから…。それでカッコウは托卵を成功させるべく、「だましのテクニック」を駆使するのです。

カッコウは、ねらった巣を辛抱強く見張っていて、親鳥が離れたほんの一瞬の隙に、巣に飛び込みます。卵を1個くわえて抜き取り、すぐさま産卵。たちまち飛び去るのです(取り出した卵は食べちゃうようです)。その間、約10秒。このタイミングを逃さないために、産卵を2〜3時間くらい遅らせることもへっちゃらのようです。
カッコウは卵を体内であらかじめ「抱卵」してから産むので(だから1日おきに産みます)、そのぶん早く孵化します。それでヒナの(おそるべき)初仕事もしやすくなるのですね!




さて、いちばん先に孵ったカッコウのヒナ。仮親がエサをとりにでかけると、まだ目も見えないというのに、卵をひとつ背中に乗せて巣のふちを後ろ向きによじ登り、外へポイッ! なんとカッコウのヒナの背中には、そのためのくぼみがあるのです。そして1個めの卵には足元がふらついても、回を重ねるごとにコツをつかんでスキルアップ。とはいえ、うかうかしていると卵が孵化し、抵抗する兄弟ヒナを背中に担ぐのは至難の技に! 自分が巣から落ちてしまう危険すらあります。この兄弟排除の本能は、4日間ほどで消失します。もしその時点で「始末」を免れた仮親のヒナがいても、やがては成長の速いカッコウのヒナに踏みつぶされるか、エサをもらえず凍え死ぬ確率が高いのです。

こんな鬼畜のようなことをしなければならないのは、体が大きくて「ごはんひとりぶん」では足りないから。ライバルを消したあとは、鳴き声によって「巣立ち前のヒナが複数いる演技」までするというではありませんか。すると「たいへん!お腹を空かせた子がいっぱいだわ!!」とはりきる親鳥。カッコウのヒナの口の中は、鮮やかなオレンジ色。それがさらに親鳥を刺激して、エサをせっせと運ばせるようです。それにしても、こんなに苦労している赤ちゃんは他にいないような…。


オナガたち。「なんかたくらんでるヤツが来るよ〜」





仮親、なぜこれでだまされる!?

ウグイスのように色も大きさもよく似ている卵の中に産み落とされたら、見分けがつかなくても無理ないな…と思うのですが、なかには「こんなに見かけが違うのに、普通は気づくでしょ!」と突っ込みたくなる托卵先も。鳥によって、気になるポイントはさまざまなようです。また、「1個抜き取って1個産む」という行為は、別に鳥が「数が合わない。怪しい」となるからそうするわけではなく、単に巣の場所を空けるためともいわれています。

卵が孵ったあとは、さらに不思議。目の前で自分のヒナが落とされても、たいてい仮親は傍観しています。催眠術にでもかかっているのでしょうか? そして、自分の体重の8倍くらいに巨大化したヒナを見ても、親としておかしいとは思わないのでしょうか(巣立ち前ともなれば、親鳥はヒナの背中にとまって、口の中に頭を突っ込まなければエサを食べさせることもできない事態なのに)。とはいえ、人間にもときに信じられないような錯覚が起こり得るもの。超多忙な状態の親鳥にとって、巣の中で叫ぶヒナは自動的に「ひと腹分のわが子」と認識されるのかもしれません。

けれど、ひょっとしてじつは、親鳥はとっくに気づいているのかも…。
人も詐欺にだまされてしまった人の体験談には「自分はぜったいだまされない自信もあったし、これはあやしいと思った。でも、振り込まずにはいられなかった」という心理があるそうです。それに似て「この子はひょっとして? でも、お腹空いたって言うし、食べさせずにはいられない!!」という親の本能のようなものが働いているような気もします。さらには「あらあら。よく食べるからこんなに大きく育っちゃって」などと、ちょっと誇らしい気持ちになっている可能性も?


ホトトギスを養育するウグイス。なんだか幸せそう?




だますしかないから閑古鳥に?

こんなにいろいろ工夫してだますくらいなら、托卵しないで自分で育てたほうがラクなのでは…とも思ってしまいますが、じつはカッコウは体温の変動が激しいため、卵を温めるのに向いていないから托卵するという説もあります。育ってほしいから自分では育てないなんて、それが事実なら、カッコウはずるいのではなく寂しい鳥なのかもしれませんね。昔の人はカッコウの鳴き声に寂しさを感じ取り、「閑古鳥(かんこどり)」などと呼びました。

カッコウのお腹には、鷹そっくりのシマシマ模様があります。鷹に狙われる可能性を低くし、托卵の相手に正体をバレにくくするために、鷹のフリをしているとも考えられています。武器になるものを何も持っていないカッコウは、自分の弱さをよく知っているのかもしれません。

ところで、ウグイスに育てられたホトトギスは「ホーホケキョ」と覚えたりしないのでしょうか。そしてカッコウは「カッコー」という鳴き方をいつ教わるのでしょう。托卵にはそんな謎も尽きません。そして基本的に、1羽1羽のカッコウは大人になったとき、自分が育ててもらった親の種類を仮親に選ぶのだそうです。これも「親子の絆」なのでしょうか。


訳あって「鳩時計」として鳴いてます




https://www.wowapp.com/w/kaoru.ikeda/Kaoru-Ikeda

http://plaza.rakuten.co.jp/kaoruikeda/

http://kaoruikeda.hatenablog.com/

blog.goo.ne.jp/kaoru_ikeda/

http://ameblo.jp/kaoru19721023

http://kaoruikeda72.blog.fc2.com/

http://kaoruikeda.blog.shinobi.jp/




コメント

4月24日(月)のつぶやき

2017年04月25日 | 日記
コメント