Utsuke Bron

みなさんお元気ですか

Rakuten

2017年02月28日 | 日記


楽天の今後の減損リスクはどれほどあるのか?

楽天の2016年10月から12月期の決算が発表になりました。

2016年度通期及び第4四半期 決算説明会資料(2017年2月13日)

http://corp.rakuten.co.jp/investors/documents/results/file/16Q4PPT_J.pdf





売上は2,226億円で前年同期が+11.9%、Non GAAP営業利益が305億円(前年に発生した株式の評価益を除くとYoY-13.6%)という結果になっています。

*Non GAAP(GAAP=米国会計基準の利益と異なり為替変動や一時的コストを除外した指標)




内訳としてはインターネットサービスセグメントが増収減益、FinTechセグメントが増収増益となっています。

インターネットセグメントが減益となっているのは、楽天市場で行っているポイント施策が原因と考えられ、これらは一時的な要因であるという説明がされています。






FinTechセグメントに関しては、楽天証券を除くと売上、営業利益共に二桁成長と非常に安定した成長となっています。楽天証券に関しては株式市場の市況の影響が非常に大きく、自社でコントロールできない要素が大きいという点はこれまでの決算でも強調されているところです。



一方で、Non GAAPの営業利益305億円に対して、IFRS(=国際会計基準)の営業利益が28億円と非常に差が大きくなっており、その原因として「減損」という項目があります。






具体的には過去に買収した動画サービスVikiの評価損として214億円が計上されています。



実は楽天は昨年2015年の末にも、2010年に買収したフランスのECサイトを運営するPrice Minister社の減損費用を主な要因として381億円を計上しています。

2015年度通期及び第4四半期 決算説明会資料(2016年2月12日)

http://corp.rakuten.co.jp/investors/documents/results/file/15Q4PPT_J.pdf

楽天はこれまで非常にアグレッシブなM&Aで特に海外企業を多数買収してきましたが、国際会計基準を採用しているため定期的なのれんの減価償却を行っておらず、毎年行う減損テストにて毀損が認められた場合にのれん代の減損を行うという形になっています。

2年連続で数百億円単位ののれんの減損を行っているわけですが、過去に買収した企業で他にどのくらい減損が発生する可能性があるのかということをもう少し考えていく必要があると思います。

 日本最大級のショッピング・オークション情報サイト【オークファン】会員登録促進


https://www.wowapp.com/w/kaoru.ikeda/Kaoru-Ikeda

http://plaza.rakuten.co.jp/kaoruikeda/

http://kaoruikeda.hatenablog.com/

http://ameblo.jp/kaoru19721023/

セブンネットショッピング
コメント

ネコヤナギ

2017年02月28日 | 日記


んだん日脚が伸び、沈丁花や梅がかおりたち、春めいてきましたね。2月28日より、七十二候・雨水の末候「草木萠動(そうもくめばえいずる)」。文字通り、草木が萌え出てくる頃、という意味。この時期、疎水や川、沼などの水べりには銀白色のファーのような光沢をしたネコヤナギの花穂が陽光にきらめきます。ネコヤナギばかりではありません。本家本元の猫たちも、一年でもっともざわめき浮きたつ季節です。



どうして?「光の春」に頻発する悩ましい猫たちの行動

春の猫 猫の恋 恋猫……季語にもなっているこれらの言葉があるとおり、早春は猫たちにとっては恋の季節。というのも実は猫の発情と昼の時間は関連があり、日中の時間が12~14時間ほどになると発情が誘発される光周期の季節性なのです。ですから冬の間は休止していた野良猫たちの繁殖が、春の訪れとともに再開されるというわけ。厳しい冬に子育てすることを避けるために獲得した仕組みだともいわれています。まるで野鳥のようで、猫のもつ野性味のひとつかもしれません。
発情期のピーク時にメス猫は独特の姿勢をさかんにとるようになります。両前足を畳み胸を地面につけ、お尻を高く持ち上げます。そしてしっぽを左右のどちらかにねじるようにして、後肢で足踏みしながら体を揺らします。これをロードーシス(lordosis)といいます。また、飼い主や他の猫に体をこすり付けたり、床で何度も寝返りをうって体をくねらせるローリングといわれる行動を取ります。このとき、脂肪をふくんだ独特の体液を分泌し、外ではこのこすりつけたにおいをたどってオスがメスの発情を知る道しるべとなります。発情期のメスは、オスのマウンティング(メスに後ろからおおいかぶさる)やネックグリップ(オスがメスの首筋を咬んで動けなくすること)を誘発し、受け入れる傾向も見られます。
こうしたさまざまな発情期行動は、交尾があった場合24時間以内にぱたりと止みますが、交尾がない場合は、5~10日間継続します。そしてその間、抑揚のない遠吠えのような響く大声で、オスを呼びます。聞きつけたオスは同じような声で呼応します。普段は平和な猫たちが、メスをめぐって激しい喧嘩をしたり、威嚇をしあう大声も、風物詩の一つともいえるのでしょうが、これらが近年では騒音トラブルになったり、猫が嫌いな人には不気味な声にも聞こえるようですね。

あまり鳴いて石になるなよ猫の恋(小林一茶)
寝て起きて大欠伸して猫の恋 (同)





猫の毛色に見る、人との共存の歴史

こうして春先の発情期に交尾をすると、やがて数ヵ月後には新しい子猫たちが生まれてきます。猫には周期排卵がなく、交尾の刺激により排卵しますから、最初の交尾から発情が収まるまでの間に再度何匹かの別のオスと交尾をした場合、父親の異なる子猫が、兄弟として一緒に生まれてきたりもします。そこで生まれてくる子猫の毛色もバリエーションに富んでいることが多く、いろんな種類の子猫たちが母猫に連れられて歩いている姿をよく見るのではないでしょうか。
猫の先祖はリビアヤマネコといわれていますが、当然ながらアルビノなどの色素変異がない限り、山猫の毛色は統一されています。ライオンやヒョウ、トラなどと同様、その種の毛色は種そのものの毛色です。家猫にこのようなバリエーションがあるのは、何千年もの人間との共存、ペット化により自然では淘汰されてしまうような毛色が生き延び、遺伝子を残し続けた結果です。現在では、猫の毛色を決定する遺伝子の特定なども進み、どのようにさまざまな種類の毛色や品種が形成されてきたかも徐々にわかってきているようです。
海外品種が捨てられて野良と交雑したり、家猫が野良と交尾したりすることで、野良猫たちもびっくりするほどきれいな毛並みや変わった毛色を見かけることも多くなりました。さらに、毛色によって性格や性質の傾向があるらしく、それがまた可愛らしくもあります。猫たちの毛色のバリエーションこそ、彼らが野生動物とは異なり人間と長い期間共存してきた歴史を物語っています。野良猫を駆除したら野ねずみが大繁殖してしまったという例があったり、イチゴハウスを荒らすネズミやモグラを捕獲したり、また多くの観光地が猫によって活性化したりと、野良猫が役に立つこともよく聞きます。共存する方法を考えることは、きっと可能なはずだと思います。



これからは日に日に暖かくなり、いてつく夜に震えていた猫たちにとってもぽかぽかして過ごしやすい季節となります。見ているだけで癒されるような、ほっこりのびのびとした姿を、あちこちで見ることができるのではないでしょうか。




https://www.wowapp.com/w/kaoru.ikeda/Kaoru-Ikeda

http://plaza.rakuten.co.jp/kaoruikeda/

http://kaoruikeda.hatenablog.com/

http://ameblo.jp/kaoru19721023/

コメント

wave paradise

2017年02月28日 | 日記


Ala Moana Beach just before sunset, the darkness of the night comes.

Although I went to see the sunset, the road was crowded and I was not in time







https://www.wowapp.com/w/kaoru.ikeda/Kaoru-Ikeda

http://plaza.rakuten.co.jp/kaoruikeda/




http://kaoruikeda.hatenablog.com/

blog.goo.ne.jp/kaoru_ikeda/

http://ameblo.jp/kaoru19721023/



コメント

2月27日(月)のつぶやき

2017年02月28日 | 日記
コメント

2月26日(日)のつぶやき

2017年02月27日 | 日記
コメント

世界遺産

2017年02月26日 | 日記

ライトアップされた合掌造り集落。その知られざる歴史とは……

雪深い山里に、ぽつりぽつりと佇む、茅葺(かやぶ)きの民家──。
まるで昔話に登場するような「合掌造り」の家屋は、日本有数の豪雪地帯が生んだ木造建築。その集落は、岐阜県白川郷と、富山県五箇山のみに現存します。
1995年12月には、ユネスコ世界遺産の文化遺産に登録。以来、国内外の観光客で賑わうようになりました。
四季折々の顔を魅せる合掌造りの集落ですが、やはり郷愁を誘うのは、雪景色のなかにあるそれでしょう。
厳しい自然に生きる五箇山相倉の合掌造り集落に迫ります。




平家の落人から、加賀藩の火薬庫へ

その昔──。源平合戦に敗れた平家の落人が、世をはばかり人目を避けるように住み着いたと言い伝えられるのが、五箇山の相倉合掌造り集落です。
日本有数の豪雪地帯であり、稲作もままならない厳しい自然のなかで、人々は合掌造りという強固な家屋を造り、家族のように支え合いながら暮らしていました。

平家の栄華を民謡に託した人々……。
また江戸時代には、100万石大名ゆえ徳川幕府との緊張関係にあった加賀藩の命により、秘密裏に塩硝(火薬原料)製造を行っていました。
ここでの主な生業は、養蚕と塩硝づくり。合掌造りの広い屋根裏で養蚕が行われ、蚕の糞が塩硝の原料となっていく──。地形的に隔たれた土地であったことも、隠密に行う火薬原料の製造にはうってつけだったのでしょう。塩硝を運ぶ街道も地図にはなかったそうです。

こうした気候条件と政治的背景により独特の文化が形成され、歴史のなかで奇跡的に生き残った集落が、今では世界文化遺産となったのですね。


一階部分を覆い尽くすような雪。広い屋根裏では蚕の飼育をしていた



ユイ(結)による手作業の茅葺き替え

相倉合掌造り集落は、世界文化遺産とはいえ、今でも人々が暮らしているのが特徴です。
合掌造りの家屋が23棟。寺院や神社、田畑、石垣、雪持林など今も昔ながらの様子をみせ、まるで時間が止まったかのような風景が広がっています。

合掌造りの特徴は、何といっても茅葺きの勾配のある高い屋根でしょう。
この勾配も地域の雪質によって傾斜が異なり、湿った重たい雪が降る相倉では、雪が落ちやすいように、より急な勾配の屋根になっています。

屋根の葺き替え作業は、約20年〜30年ごとに行われます。
今は森林組合が葺き替え作業をしていますが、昔は2年に一度、ユイ(結)と呼ばれる男たちの労力交換制度により、力を合わせて行っていました。ユイによる作業は、秋に茅を刈るところから始まります。屋根全面を替えるのではなく、片面を1区分や2区分などに分け、少しずつ行っていったようです。

家屋は、約100年~200年前のものが多く、古いものは400年前とも言われます。ユイとコーリャク(合力・女たちの手伝い)という相互扶助の慣習により、ともに支え合い小さな集落を守ってきた ── その象徴が茅葺きの屋根にあるのではないでしょうか。


雪の季節が過ぎるとのどかな風景が広がる





3月2日から、残雪ライトアップも!

相倉合掌造り集落では、四季折々のライトアップを行っています。

【日程】
3月2日(木)~5日(日)残雪ライトアップ
5月11日(木)~14日(日) 水田逆さ合掌ライトアップ
7月27日(木)~30日(日)夜涼みライトアップ
9月14日(木)~18日(月) 稲穂ハサ掛けライトアップ
11月16日(木)~19日(日) 冬支度ライトアップ

【時間】日没~21時まで
【料金】観覧無料 ※駐車場代:500円/普通車1台
【交通】車 東海北陸自動車道 五箇山I.Cより15km(約20分)、福光I.Cより25km(約30分) 北陸自動車道 砺波I.Cより35km(約40分)
電車 JR高岡駅・新高岡駅からJR城端線で城端駅(約50分)、バスにて五箇山相倉へ(約25分)
【問い合わせ】TEL.0763-66-2468 五箇山総合案内所・南砺市観光協会

── 集落には、手つかずの自然が多くのこり、まさに日本の原風景が広がっています。厳しい自然のなかで、人々が守り抜いた合掌造りに思いを馳せながら、ロマンティックなライトアップを楽しんでみてはいかがでしょう。




https://www.wowapp.com/w/kaoru.ikeda/Kaoru-Ikeda

http://plaza.rakuten.co.jp/kaoruikeda/

http://kaoruikeda.hatenablog.com/

http://ameblo.jp/kaoru19721023/

 日本最大級のショッピング・オークション情報サイト【オークファン】会員登録促進



コメント

のれん代

2017年02月26日 | 日記


2016年10月〜12月期の決算においては、ネット企業のうち、楽天とDeNAの2社で、のれんの減損が発生しました。




楽天に関しては、動画サービスVikiの評価損として214億円が計上されています。

Vikiの買収金額は$200m(約200億円)と推定されていますので、今回の減損は買収金額のほぼ全額を、一括で減損した形になると考えられます。

http://corp.rakuten.co.jp/investors/documents/results/file/16Q4PPT_J.pdf








Vikiは売上モデルを変更し、売上が増え始めているにも関わらず、一括での全額減損となっているため、コンサバティブに減損を行った可能性もあります。






DeNAは、MERYを運営する株式会社ペロリ、iemo株式会社、株式会社Find Travelの3社ののれん、合わせて39億円分の減損が発生しています。

http://v3.eir-parts.net/EIRNavi/DocumentNavigator/ENavigatorBody.aspx?cat=ir_material&sid=65906&code=2432&ln=ja&tlang=ja&tcat=ir_material&disp=simple&groupsid=24765

DeNAは、キュレーションメディア全体で約50億円の買収と推定されていますので、今回で買収金額の大半を減損した形になります。

両者とも、M&Aで異常に大きな金額を支払った数年後に、それらの金額をほぼ全額減損しているという、非常に厳しい状況になりました。

これらの文脈で出てくる「のれん代」というのは、一体何なのでしょうか。

恥ずかしくて周りに聞けない人も多いかと思います。また、分かっているようで意外と分かっていないのは、こののれん代の「扱い」です。

のれん代と言うと、一見それは経理部や財務部の人だけが知っていればいいように見えますが、決してそうではありません。

ネット業界のようにM&Aが頻繁に行われる業界では、事業部長と言ったレベルの人でも、「のれん代」の仕組みを理解していないと、自分の担当する事業の売上営業利益に大きく影響してきます。

そういった意味で、今回はこの「のれん代」というものが一体何なのか、なるべく分かりやすく解説してみたいと思います。





「のれん代」とは何か?

会計ルールは見ていると疲れるので、事例でいきましょう。ある「大企業」が「スタートアップ」を買収するとします。それぞれ以下のような財務状態とします。

大企業
  売上: 100億円
  営業利益: 10億円
  時価総額: 500億円
スタートアップ
  売上: 10億円
  営業利益: 1億円
  簿価: 10億円
ここではこの「スタートアップ」を100億円の現金で買収する例を考えてみましょう。

簿価10億円の会社を100億円で買収するので、「大企業」のバランスシートから100億円の現金が減り、「スタートアップ」の簿価分の10億円以外にも90億円分の「何か」をバランスシートに追加しないと、バランスシートがバランスしなくなります。その「何か(=買収額と簿価の差分)」を「のれん(代)」と言います。


セブンネットショッピング


のれんの「減損」とは何か?

上の例では、90億円ののれんがバランスシートに追加される、という話をしました。

では、この90億円分の資産は、時間が経つにつれてどのように評価されるべきでしょうか。

例えばこの90億円分の資産が、ハードウェアなどの物理的な資産である場合、「減価償却」という考え方があります。

分かりやすい例で、企業が100万円のサーバーを買う場合を考えます。

この場合、サーバー購入時に100万円の支出となります(現金が100万円減り、有形資産が100万円分増える)。この100万円は、全額費用計上は(通常)出来ません。
ハードウェアは物品ごとに耐用年数が定められ、この100万円の支出をその耐用年数に渡って毎年少しずつ費用計上する「減価償却」をしていく必要があります。

のれんも資産なので、正しく評価する必要があります。のれん代の場合、楽天やDeNAといった、国際会計基準(IFRS)を採用している企業では、毎年決まった額を償却するのではなく、毎年「減損テスト」を行います。

「減損テスト」というのは、毎年「その資産がバランスシートに計上されているだけの価値があるか」を客観的に評価するものです。

仮に買収時に90億円分の価値がある、と評価された「のれん代」が、数年後に10億円の価値しかないと再評価された場合は、差額の80億円分をその期に損失として認識しなければなりません。これが減損処理です。

ちなみに、仮に80億円分減損することになったとしても、この80億円はそのタイミングで現金が放出されるわけではありません。

買収金額の100億円は既に買収時に支払い済みであり、80億円の減損処理、というのはあくまで会計上の話です。

一方で、この減損処理は営業利益を大きく減らすことになり、また多くの場合、税務上も非常に不利な扱いを受けます。会計上は損失として扱わなければならないにも関わらず、税務上は損金扱いできない場合が多いからです。




楽天の今回の例では、上のスライドで説明がある通り、のれん減損部分は会計上のIFRS営業利益に大きくヒットしているものの、税務上は損金として認められないため、結果として楽天全体としての実効税率が49%にも上るという、非常に厳しい結果になっています。

従ってIFRSを採用している会社であれば、「のれん代の償却をせずにM&Aを行える」というのは、ある意味正しい言い方ではありますが、今回の楽天とDeNAのように、買収時に見込んでいた成果が実現できないとなった場合には、大きな減損処理をしなければならず、その減損は営業利益だけではなくて税務にも非常に大きなインパクトを与える、というデメリットもあるのです。

もし皆さんの担当する事業がM&Aをする場合、その事業の責任者として気を付けなければならないのは、この点です。

買収するときは右肩上がりの成長を期待して買収すると思いますが、万一それが実現できなかった場合、のれん代の減損という形で非常に大きな営業損失が発生する可能性があります。

これらの営業損失は、せっかく本業で稼いだ利益を打ち消してしまう可能性もありますので、簿価と比べて高すぎる評価額での買収は両刃の剣である、ということを覚えておきましょう。


JINS 公式通販ショップ


大きなのれん代が発生する仕組み

では、なぜ大きなのれん代が発生するのでしょうか。少し具体例で見てみたいと思います。

例えば10億円を調達資金調達した、フリマ系のスタートアップがあるとします。この会社は1ユーザーを獲得するのに1,000円必要としています。

一方で、ユーザー数や取扱高は指数関数的に伸びているとします。1ユーザー獲得すると、そのユーザーから年間500円の売上が平均的に得られるとします。

このような場合、スタートアップは資金調達したお金をユーザー獲得に大量に費やして、ユーザー数を増やすことに専念する、というのが通常だと思います。

何故そのようなことをするのかと言うと、このスタートアップや買収する側の大企業は、獲得したユーザーを1ユーザーあたり毎年500円の売上をもたらしてくれるある種の「資産」とみなすからです。

一方でこれらの「ユーザー資産」はバランスシートには一切計上されません。

つまり、買収する企業はこれらのユーザーを「資産」と評価するのに対し、会計上はどこにも現れない項目であり、それらの差額がのれんとして計上されるということになります。


 日本最大級のショッピング・オークション情報サイト【オークファン】会員登録促進


https://www.wowapp.com/w/kaoru.ikeda/Kaoru-Ikeda

http://plaza.rakuten.co.jp/kaoruikeda/


http://kaoruikeda.hatenablog.com/

http://ameblo.jp/kaoru19721023/


コメント

2月25日(土)のつぶやき

2017年02月26日 | 日記
コメント

菅原道真

2017年02月25日 | 日記

25日は“学問の神様”菅原道真の命日。彼の波乱万丈な人生に迫ります

週明けは関東を中心に強風が吹き荒れました。2月に入ってから、冬と春を行ったり来たりといった天候が続いており、受験生の皆さんは体調管理に留意されていることでしょう。
そんな折、2月25日は菅原道真が亡くなった日です。菅原道真といえば学問の神様として有名ですが、なぜそのようにいわれるようになったのかご存じですか。今回は菅原道真という人物にスポットをあててみました。
地域によって異なりますが、これから受験を控えている人は本番で力を存分に発揮できるよう、そして何より合格できるよう、道真ゆかりの天満宮を訪れてみては。





菅原道真の生涯


道真の墓所がある太宰府天満宮

845年、菅原道真は学者の家系に生まれました。幼少の頃から学問の才能を発揮し、5歳の時には和歌を詠み、11歳の時には漢詩を作り、神童と称されていました。そして、平安時代を代表する学者・詩人となり、祖父清公(きよとも)、父是善(これよし)に継ぎ、【文章博士】となりました。

【文章博士(もんじょうはかせ)】とは
朝廷の役人の養成機関である大学寮で歴史や詩文を教える教官。学問界の最高位。

その後、道真は宇田天皇の信頼を受け、彼の政治を支ええる一人となります。醍醐天皇の即位後、右大臣となりますが、左大臣藤原時平によって謀反の罪がきせられ(讒訴=虚偽告訴罪)、大宰府権師に左遷されてしまいます。大宰府に流されて2年後の901年、2月25日に59歳で亡くなりました。





菅原道真の死後


才能と努力で文武両面にすぐれていた

道真の死後、左遷に追い込んだ人物が相次いで早世したり、都では疫病や洪水、飢饉など不穏な出来事が続いたり、世間の人々は道真の怨霊の祟りだとうわさしました。
さらに、宮中の清涼殿に雷が落ちたことで、京都・北野の地主神である火雷天神(からいてんじん)と結びついて道真=雷神と考えるようになりました。

朝廷は道真の祟りを鎮めようと北野天満宮を建立。道真が亡くなった大宰府にも墓所の地に安楽寺天満宮、のちの太宰府天満宮を建立しました。

時が経つにつれて、道真の怨霊に対する恐れがなくなり、道真が生前すぐれた学者であったことにより学問の神としても信仰されるようになりました。室町時代には和歌や連歌、芸能の神として崇められ、江戸時代になると、学問の神として藩校や寺子屋で祀られました。そして、現在でも学業成就の神として親しまれているのです。




日本三大天満宮



北野天満宮にも多くの受験生が訪れる
天満宮とは、菅原道真を祭神とする神社であり、道真の神号である「天満大自在天神」からきています。国内には1万以上の天満宮があるといわれています。その中でも押さえておきたい三大天満宮をご紹介しましょう。

【太宰府天満宮】(福岡県・太宰府市)
道真の死後、本来であれば故郷で埋葬するところなのですが、故人の遺言に従い門弟の味酒保行(うまさけのやすゆき)によって太宰府の地に墓所が定められたのがその始まりです。その後は前述した通り、道真の怨霊の祟りを鎮めるため、天皇の勅命によって社殿が建立されました。
勅命を出した天皇こそが、道真を左遷した醍醐天皇であり、建立の責任者となったのが、道真を左遷に追いやった張本人左大臣藤原時平の弟、仲平でした。

【大生郷天満宮】(茨城県・常総市)
太宰府で没した道真の遺言で、第3子景行が遺骨を奉持し諸国遍歴した後、常陸介として赴任。現在の地に社殿を建てて、遺骨をご神体として祀りました。

【北野天満宮】(京都府・上京区)
京都北野ではその土地を守る神(地主神)として火雷天神が祀られてきました。平安時代中期、多治比文子(たじひのあやこ)という少女に託宣があり、私邸に火雷天神を祀ったことが北野天満宮の始まりといわれています。

── 受験も大詰めを迎えました。受験生の皆さん、これまで積み上げてきた努力を信じて、ぜひがんばってください。


 日本最大級のショッピング・オークション情報サイト【オークファン】会員登録促進


https://www.wowapp.com/w/kaoru.ikeda/Kaoru-Ikeda

http://plaza.rakuten.co.jp/kaoruikeda/


http://kaoruikeda.hatenablog.com/

http://ameblo.jp/kaoru19721023/

コメント

wave paradise

2017年02月25日 | 日記


Hanauma Bay.
For those visiting Oahu, it is a popular spot that requires no explanation (^ - ^)





Honolulu Art Museum.
In the past, it was named Honolulu Academy of Arts, but before it became Honolulu Museum of Art (^ ^;
It is a venerable museum of Hawaiian style surrounded by greenery.




https://www.wowapp.com/w/kaoru.ikeda/Kaoru-Ikeda

http://plaza.rakuten.co.jp/kaoruikeda/

http://kaoruikeda.hatenablog.com/

http://ameblo.jp/kaoru19721023/


コメント

気候動向

2017年02月25日 | 日記


3月から4月は、日に日に春めいてくるでしょう。5月は各地で初夏の陽気に。平年より気温が高くなり、半袖日和の日も多くなりそうです。





3月 日に日に春めく 北日本で平年並みか高い気温

【気温】平均気温は北日本で平年並みか高く、東・西日本、沖縄・奄美でほぼ平年並みになりそうです。一時的に寒の戻りがあるかもしれませんが、日に日に春めいてきそうです。東・西日本は下旬から続々と桜の開花の便りが届きそうです。

【天気】北日本日本海側は、平年と同様に曇りや雪または雨の日が多いでしょう。北日本太平洋側では、平年と同様晴れの日が多くなりそうです。東日本日本海側では、天気は数日の周期で変わる見込みです。東日本太平洋側と西日本も天気は数日の周期で変わりますが、晴れる日が多い見込みです。その分雨の量が少ない傾向にあるので、スギ花粉ピークのこの時期、花粉症の方には少しツライかもしれません。沖縄・奄美では、平年に比べて曇りや雨の日が少ないでしょう。




4月 各地でお花見日和だが 荒れた天気のおそれも

【気温】平均気温は全国的に平年並みの見込みです。日に日に暖かくなり、過ごしやすい陽気になりそうです。後半は汗ばむ陽気の所もあるでしょう。北国でも桜の花が咲き始めそうです。

【天気】全国的に天気は数日の周期で変わる見込みです。低気圧が数日おきに通過し、雨が降っては晴れ、また数日後に雨が降り…の繰り返しとなりそうです。北・東日本太平洋側は平年と同様に晴れの日が多く、西日本では平年に比べて晴れの日が多くなる見込みです。桜が満開になるこの時期、お花見日和の日が多くなりそうです。ただ、この時期はまだ北には冷たい空気が残っていて、南にある暖かい空気とのせめぎあいになり、低気圧が発達することが度々ありますのでご注意下さい。2012年4月には急速に発達した低気圧の影響で台風並みの暴風が吹き荒れ、首都圏でも鉄道の運休が多数発生し、各地で停電やビニールハウスの倒壊など大きな被害が出た事があります。





5月 各地で初夏の陽気 半袖日和に

【気温】平均気温は西日本と沖縄・奄美で平年より高く、東・北日本で平年並みか高いでしょう。各地で一気に初夏の陽気となり、半袖日和の日も多くなりそうです。

【天気】北日本と東日本太平洋側は、天気は数日の周期で変わるでしょう。ぐずついた天気の日もありそうです。東日本日本海側と西日本でも天気は数日の周期で変わりますが、平年と同様晴れの日が多くなりそうです。紫外線が強くなる時期ですので、気になる方は日傘や日焼け止めクリームなどで対策を心掛けましょう。沖縄・奄美では平年と同様に曇りや雨の日が多く、梅雨入りの発表があるかもしれません。


※北日本:北海道、東北
東日本:関東甲信、北陸、東海
西日本:近畿、中国、四国、九州







https://www.wowapp.com/w/kaoru.ikeda/Kaoru-Ikeda

http://plaza.rakuten.co.jp/kaoruikeda/

http://kaoruikeda.hatenablog.com/

http://ameblo.jp/kaoru19721023/

コメント

2月24日(金)のつぶやき

2017年02月25日 | 日記
コメント

草木染め

2017年02月24日 | 日記


自然の淡い色合いが魅力の草木染め
記録的な大雪が降るなど厳しい寒さが続いた2月も、残すところわずか。
3月は旅立ちの季節ですから、生活環境や人間関係が大きく変わる方もいますし、新たな趣味を始めたい!という方もいるのではないでしょうか?
―― そこで、おススメしたいのが「草木染め」。身近にある材料で気軽に始められ、染めた素材を使ってファッションやインテリアにも自分スタイルを加えられる、まさに“二度オイシイ”趣味なのです! ではさっそく「草木染め」のキホンの「キ」からご紹介していきましょう。




そもそも草木染めってなんでしょう?

ひと言でいうならば、天然の植物を染料として糸や布を染めることを「草木染め」といいます。
植物であれば花・葉・茎・枝・根・樹皮に関わらず染料になりえます。四季ごとに色とりどりの植物を目にすることができる日本では、染料は豊富と言ってよく、さまざまな色が作り出せるのも染色文化が発達したゆえんでしょう。

今の時期なら、山茶花(サザンカ)の花がピンク、琵琶(ビワ)の葉が赤の染料となります。また、玉ねぎの皮、苺のヘタや紅茶、コーヒーなどでもシックな色合いの染め物が出来上がります。

春には蒲公英(タンポポ)の花の黄色、桜の花のピンク、蓬(ヨモギ)の緑などがおススメですし、夏は向日葵(ヒマワリ)の花の黄色や茄子(ナス)の皮の青紫、朝顔の花のピンクもよいですね。秋にはセイタカアワダチソウの花の黄色、臭木(クサギ)の実の青、葡萄(ブドウ)の実の皮で紫色に美しく染められますよ。

草木染めのために準備する道具も身近なものばかり。
ステンレス鍋(ホーロー鍋でもOK)、ザル、菜箸、ボール、はかり、計量カップ、ゴム手袋があればよいので、思い立ったらすぐに始められるのも草木染めの魅力です。



山茶花(サザンカ)の花びらはピンク色の染料に





さぁ、さっそく草木染めにチャレンジ!

初めての方はまず布を染めてみましょう。

≪下準備≫
天然素材の布を煮洗いして汚れや薬品を落としておきます。さらに綿や麻など植物性繊維のものであれば、豆乳に浸して繊維にたんぱくをしっかり付着させてからギュッと絞ります。※動物性繊維の素材(ウール、絹など)はそのままでも染まります。

媒染剤も準備します。媒染剤とは、繊維と色素を結びつける働きをする金属系物質のことで、漬物の発色をよくするために家庭でも使われる「焼きみょうばん」ならスーパーで手に入ります。焼みょうばん5gあたり、ぬるま湯1リットルを合わせ、布がしっかり浸るくらいの媒染液を作ります。

≪染料と染液を準備≫
染料の材料を用意します。摘んだばかりの植物なら、染めたい布と同量~3倍程度の重さが必要です。材料の量が多ければ多いほど濃い色に、また少なければ薄い色に染め上がります。大きな材料はあらかじめ細かく刻んでおきましょう。

ステンレス鍋(ホーロー鍋でもOK)に、染めたい布の20倍の重さの水と染料を入れ、火にかけます。沸騰しないようじっくり煮出していきます。
十分に色が出たら、ザルで漉して染液を作ります。

≪染め≫
染液をステンレス鍋に移し下処理した布を入れて火にかけます。30分程度煮ながら、ムラなく染まるよう菜箸で布を動かします。
布に十分色がついたことを確認したら、取り出して媒染液に30分程度つけます。その間、ゴム手袋をして布をしっかり揉むと、より色が安定します。

媒染が終わったら水洗いをし、陰干しで乾かします。より濃い色に染めたい場合は、水洗い後再び染液で染め、媒染液につけるという工程を繰り返します。最後に水洗いし、陰干ししましょう。


玉ねぎの皮で染めるとこっくりとしたオレンジ色に





さらにひと工夫してみましょう!

染液につける前に、布を折りたたんで紐で縛ったり、ビーズをくるんで輪ゴムで縛ったりすると、染め上がりに模様ができます。布の部分ごとに染液につける回数を変えてグラデーションを作る、わざと色ムラをつくるなども、手づくりならではの味が出ると思います。

染め上がった布は、手ぬぐいやストール、バンダナ、風呂敷、巾着袋、エコバッグなどにしてはいかがでしょう?
大きな布を染めてテーブルクロスやワンピース、チュニックも素敵ですね。

草木染めは、同じ植物でも含まれる色素が均一ではないため、まったく同じ色を作りだすことはできません。さらに染液の濃度や染めの回数、媒染の仕方によって違う染め上がりとなるので、最終的な仕上がりは「できてからのお楽しみ」なのです。
色落ちや変色しやすいのも特徴ですが、それも含めて魅力です。自分で染めたとなれば尚のこと、アイテムへの愛着が増すのではないでしょうか?

―― ぜひ、季節の植物を使った「草木染め」で自分だけの色を纏って、四季の移ろいを感じてみてくださいね!


自由な発想で自分だけのアイテムを作って!





https://www.wowapp.com/w/kaoru.ikeda/Kaoru-Ikeda

http://plaza.rakuten.co.jp/kaoruikeda/

http://kaoruikeda.hatenablog.com/

http://ameblo.jp/kaoru19721023/


コメント

春花

2017年02月24日 | 日記



2月も後半になりました。まだ冴え返る*日もありますが、今年も全国各地に春の嵐が訪れました。ゆっくりと季節が変わっていることを風が教えてくれています。季語に風光る*という言葉もあります。春の日を透かしたように吹く風はきらきらと美しいものです。この時期になると春の花がそこかしに見られるようになりますね。春の花を観ると「あぁ、春だな~」と感じる方が多いのではないでしょうか? 季節の花を生活に取り入れて丁寧な暮らし、してみませんか?

*冴え返る…暖かさを感じるようになって寒さが戻ること(寒戻る、余寒、春寒)
*風光る…春になり日差しが強まって吹く風がまばゆく感じるさま




季節のグリーティングに添える!

たんぽぽ、すみれ、さくら、そして菜の花…春の野を彩る草花は私たちの心を癒してくれるものです。今日2月24日、「春のグリーティング切手」が発売されます。はがきに用いる52円切手10枚で1シートと82円切手10枚で1シートの2種類です。パステルカラー52円切手には…桜、たんぽぽとクローバー、春の野菜のバスケット、たけのこ…が、82円切手には…いちごのポスト、菜の花、お花のリース…が勢ぞろいしています。見ているだけで微笑んでしまいそうです。春が来た! その想いが切手で伝えられたら素敵ですね。







家庭で楽しむ春の花、飾ってよし、食べてよし!

春の花というと、やはり桜?それともたんぽぽ? それぞれ好みがあると思います。でも、飾っても食べてもいい花と言えば「菜の花」ではないでしょうか? もちろん、観賞用と食用では種類は異なりますし、今では食べられる花は珍しくはなくなりました。その元祖とも言える花が春の菜の花と秋の菊と言えるでしょう。さっと茹でるだけのお浸しや辛し和えはもう一品に最適ですし、お吸い物やみそ汁に加えても、炒めても美味しいですね。ペペロンチーノに加えても独特の苦みが生かされそうです。また、園芸品種の西洋菜の花と別に水辺に咲く日本古来の菜の花も幻想的で美しいものです。






言葉の世界でも地味に活躍しています

菜の花と言うと蕪村の句「菜の花や月は東に日は西に」が浮かぶ方も多いのではないでしょうか? その他にも芭蕉や漱石など名だたる俳人が名句を残しています。菜の花の季語には、花菜(はなな)、菜種の花(なたねのはな)、油菜の花(あぶらなのはな)、花菜雨(はななあめ)、花菜風(はななかぜ)などの傍題(ぼうだい)があります。少し呼び方を変えたり、雨や風など気候に添えるだけで季節感が増しますね。
これから卒業・入学をはじめ生活が新たに始まる方が多い季節です。お祝いやお集まりの食卓に、懐かしい人への便りに…菜の花を取り入れてみるのも丁寧な暮らし方としておススメです。風がやんだら、心穏やかな春を満喫しましょう。







https://www.wowapp.com/w/kaoru.ikeda/Kaoru-Ikeda

http://plaza.rakuten.co.jp/kaoruikeda/


http://kaoruikeda.hatenablog.com/







コメント

2月23日(木)のつぶやき

2017年02月24日 | 日記
コメント