relaxin'

日々のあれこれを、つれづれなるままに・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

気付けば年の瀬。

2010-12-28 | 日常
先週から冬休みに入ったけれど、最後の2日間はkazが発熱&おなかゆるりんだったので行けずじまいで2学期終了。
kazのおなかゆるりんが治ったなーと思った2日後に、私は胃痛&胃もたれ。
クリスマスイブに再びkazが発熱&私の胃もたれも治る気配が無かったので、こんな浮かれた日に2人して病院に駆け込む始末。
危うくケーキ食べれんかと思ったけどkazの熱はその日で下がり、私の胃もたれも薬で落ち着いたのでクリスマス当日は無事に過ごせました。

そのクリスマス当日、我が家のあたりでは朝から雪が降りロマンチック~なホワイトクリスマスに。
世の中ではロマンチック~な日も特に夫婦間にロマンチックさは微塵も無く、夫氏は会社の先輩と趣味の壁登りデート。
その間、私は一応クリスマスの空気だけは嗅いでおこうと街へ繰り出し、ムスコとデートしてました。
今年のクリスマスディナーは全て作ってやり過ごし。
ケーキは予約し損ねてたし体調もよくわからん感じだったので、当日に慌てて市販の台を買って激甘のホイップを塗りたくった凄まじい味と仕上がりのものとなりました。
今年のプレゼント、親からはkazがかねてから欲しがってた地球人。
ではなく、地球儀。(ずっとkazは地球人と言い続けてた)

さんた様からは、トミカタウンのミスド&今年の秋に発売した阪神電車のプラレールを頂きました。

ありがとございます。

そんなこんなで、今年もあと数日となり。
今年は私だけ夫氏の郷へ帰らないので、独りきりのゆく年くる年。
…も空しいので、実家へ年越しそばとお雑煮を喰らいに行く予定。
30日は、毎年恒例の学生時代のバイト仲間と忘年会的な会合を。
年に数回しか連絡取り合ってないのに切れない関係ってイイ。
若かれし頃のノリに自然に戻れるし、最後の最後楽しも~。
コメント (4)

ランドネ男子。

2010-12-22 | こども
ふとkazが山登りしたい、と言い出した事から2週続けてパパと共に出かけて行きました。
私は、自宅待機で。

1週目は、自宅から西宮の北山緑化植物園へ。
我が家がどこにあるねん&土地勘の無い方にはわからないと思うけど、距離にして片道4㎞弱。
道中は上り坂続き。
甲陽園を過ぎてからは大人でもへばりそうな急勾配が続くような道を一度も抱っこと言わず歩ききり、公園でも思いっきり遊んだようで。
さすがに、帰りは抱っこと言って疲れを見せ始めたので、途中からバスに乗って帰宅。

これが、ものすっごく楽しかったようで翌週も行きたいと言い。
けど、前回普段履きのデッキシューズで歩いた夫氏は相当足がつらかったらしく、靴だけでもちゃんとしたの欲しいと言ったので前日に探しに行き。(前にランドネデビューしたくて靴を購入しようとしたけれど、私の妊娠疑惑があったので購入は見送り)
いろいろ履いてみて一番足に馴染んだらしい、ノースフェイスのシューズを購入。

トレッキングシューズにしてはお手頃価格で、防水加工もちゃんとしてるモノ。
これにテンション上がり始めた夫氏はボトムも欲しいと言い、クライミング用ではあるけど気に入ったのがあったのでそれも購入。
アウターやらもついでに試着して『イイね~』なんてテンション上がりつつも、とりあえず入り用なモノだけにおさえて。
kazにもトレッキングシューズがあればと思ったけど、まだサイズが無かった。

で、翌日。
前回の反省もふまえて、この日は往復kazが歩けるような所に。
芦屋川駅まで行き、そこから高座の滝に向かい芦屋ロックガーデンの手前ぐらいまでの片道1㎞ちょいの道を歩き。

よりによってこっちを向かなかったらしい。
見晴らしの良さから見て、結構登ったと思われる。
この日も満足したご様子で帰宅したkazでした。

私も山登りしたかっただけに、すっごく羨ましい。
歩くことは妊婦にとってもイイ事だし、ハードなとこじゃなければ私も歩いてみよかな。
となったら、靴がいるな。(夫婦揃ってカタチから入りたがる)
ちなみに、実際にトレッキングシューズを履いて歩いた夫氏、足場の悪い道になるとすごくラクだったと言っていた。
靴ってやっぱ大事。
コメント

参観日・ドリルデビュー。

2010-12-12 | こども
先日、kazが園で初めて発熱。
翌日には39度まで上がってインフルかとビビッてたけど、その翌朝には何が起きたか36度まで下がってて。
寝る前に解熱剤とか特に飲ませてなかっただけに、一気に3度も下がったからある意味衝撃。
風邪菌を打ち負かした事は確かだけど、結局インフルだったのか、たぶん違ったんだと思うけど一安心。
今の風邪は咳がやたら長引くらしく、kazもいまだに咳だけはゴホゴホやってるけど、あれから熱は出てないし良かった良かった。

先月末、園の参観日がありんした。

1学期ではいつもと違う空気感に泣いてしまう子がいたり、何か親を意識してかたーい感じが見られたけど、今回はほぼ素に近そうな姿が垣間見られ。
唄を歌ったり楽器遊びしたり、親も交えてじゃんけんゲームしたり。
あとは制作したり、手遊びしたり。
10月入った頃に“お当番”という、先生のお手伝いを日替わりペアでする制度が始まってkazはたまたまこの日がお当番で、先生のご命令を仰せつかまつる姿も見れました。
みんな素直でイイ子たち。
そんな子供たちのやり取りを見れて、微笑ましい1時間でした。

ところで。
興味本位でkazに足し算を教えたところ、意外にも理解してくれたので計算ドリル的なものをさせてみた。

とは言えど、単に計算させるだけでなく、まだ字の書けないkazの特訓にもなるかという目論みもあって。
字を教えるってこんなに根気のいるもんやと思わず、日々苦戦。
縦棒・横棒の引き方とかを正すのに、イラつきそうな感情を必死で抑えながらやってます。
けど、kazはドリルをするのが楽しいらしく毎朝晩、自ら進んでやってるほどで。
書くことも計算することも、今は新しい事なのですごく楽しんでやっております。
これが、ずっと続けばいいけど~。
コメント