relaxin'

日々のあれこれを、つれづれなるままに・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

28歳の大人買い。

2009-11-29 | 日常
26日で28歳になりました。

27歳から28歳は、特に何の心境の変化もなく。
むしろ、既に28歳だとたまに勘違いしてたので、28歳という年齢がしっくりきた感じです。
この一年も、自分らしい生き方ができるよう邁進していきます。

誕生日会…って程ではないけど、そういうのは前日に行いました。
プレゼントは今特に欲しいものがないので、例年通り欲しくなった時に頂くことにして、ケーキを買いに。
前回ダンナの誕生日には、たまたま見つけて買った『神戸芦屋ロール』というもの。
最近ロールケーキブームなのか、阪神間だけでも前述の神戸芦屋ロール・芦屋ロール・御影山手ロールとご当地ロール的なお店がそこいらにできてます。
ならば、ご当地ロール制覇をしてみようということで御影山手ロールを買いに。
カット売りがされてたのでいろんな味を食べてみるべく『ここからここまで』と言って購入。
計一本分ぐらいの量なのでそんな大した量じゃないけど、大人買い的な感じが妙にテンション上がりました。

その後、家の近所のワインショップでワインを購入。
いつも白を飲んでるので、この日は赤を。
店員さんに勧めてもらった、南アフリカのポークパイン・リッジ・シラー(2008)を購入。
この日は、ダンナの男の料理ならぬ男のパスタを振舞ってもらいワインと頂き、食後にロールケーキを頂いてお開きとなりました。

28年ともなると、自分の誕生日なんて疾走しっぱなしの日々の生活にもみ消されて忘れがちになるのだけど、メール貰ったり誰かに祝って貰ったりすると一瞬立ち止まれる気がます。
そして、有難いなぁとしみじみ思うのです。
コメント (8)

霜月のできごと。

2009-11-23 | 日常
何かあったような無いような。
そんな毎日ですが母が入院してしまったのでそれどころでなく、すっかりほったらかしておりました。

まず、息子のこと。
以前に書いた幼児教室から空きが出たとの連絡があり、来年度の進路が無事に決まりました。
先月末に現況を問い合わせた時には週3クラスが先に空きそうなことを聞かされてたのだけど、毎日クラスに空きが出たそうで。
週3でもいいやーと思ってたので不意を突かれた感はあったけど、迷いなくお願いしました。
毎日お弁当ってのが難点だけど、レシピ本買ってがんばろ。
それと、送迎用にチャリんこ買わなければ。
後ろ乗せチャリ…THE・オカンって感じなのが抵抗あってずっと避けてきたけど、徒歩ではとても行けないし車は…なので。

車と言えば、ようやく自分んちの駐車場に止めれるようになりました。
でも、『ここの位置に来たらハンドル切る』っていうレベルなんで多様な駐車はできず独り立ちはまだまだ。
最寄駅にダンナを迎えに行くってぐらいはしてるけど、自分の生活に差し迫って車が必要じゃないからなかなか運転しよって気にもならず上達しません。
来年kazが幼児教室行ったら講習でも受けようかな。(まだ先やし)

今日は久しぶりにワインを飲んで、ほろ酔い気分で書いてます。
ボジョレーを買うつもりが傍にあったお手頃ワインに目がとまり、一応販売員の方にレクチャーを受けて購入。
さっぱり飲みたいと言って勧めて貰ったチリワインのガトーネグロ(白)というもの。
さっぱりっていうか薄い??
でも、私にはかなーり飲み易しですすんじゃいました。
よって、泥酔。
息子の前で醜態晒しながらも楽しくさせて貰いました。
まぁ、息子もシラフなのに酔っ払いみたいな言動あるけど。

では、まだまだアルコールが抜けませんで文章がよくわからない感じになってきたのでこの辺で。
コメント (2)

フライングな紅葉。

2009-11-04 | お出かけ
昨日の朝。
六甲山を見上げると、なんとなーく山が赤く色づき初めてたのでひと足早い紅葉を見に行くことに。

と、その前に。
今日はダンナの29回目のバースデイ。(今朝、すっかり忘れていつも通り見送ってしまった)
その前祝い…って程でもないけど、お昼は土山人にてお蕎麦を頂きました。
『おいしいもの食べるとホンマ幸せよな~』と、夫婦2人幸せに浸りながらおだしを飲み干し、汗が噴き出る程に暖まったところで六甲山へ向かいました。

穂高湖のハイキングコースで紅葉散策。
ここ、見頃だと紅葉のトンネルになってすごく綺麗なのだけどほとんどグリーンのままでした。
なので、どんぐり拾いに変更してコースをひたすら歩くことに。

kazはどんぐり拾いの為に頑張って歩き続けました。

途中、休憩を挟みながら1時間ほど歩きまわりました。
昨日はここ一番の寒さで歩き始めは怖気づいたけど、歩くうちにだんだん体が暖まってくると気持ち良くなってきて、予想外に楽しかったです。
この時期の山歩きってイイ。
ハイキングの楽しさに初めて気付いた日。

収獲物。
コメント

右脳男子。

2009-11-02 | こども
先日、アパレル時代の元顧客様でもある友人と約3年ぶりに会うため、友人宅のある大阪へ行ってきました。

偶然にも同学年の男子がいるのだけど、お互いの子を会わせるのは初めて。
けれど鉄ヲタという強力な共通項があったので、初めてとは思えない程の馴染み感があり、ケンカすることなくイイ具合に遊んでくれました。
そんな子供たちを横目に母たちはお茶タイムを。
話題はもちろんコドモのこと。
その中で興味深い話が一つ。

彼女の友人で妊娠中に胎教、出産後は“七田式”を娘さんにさせている方がいて、それには右脳を鍛えるという目的があるらしく。
女子は物事において左脳を使うのに対し、男子は右脳を使う。
言語の発達が男子に比べて速いのは左脳が強いから。
けれども、男子は右脳が強いのでカタチを識別する力が強い。
kazを例えに出すと、電車や車を後ろや斜めとかから見ても見分ける点。
私もそうなのだけど、女子は色や文字など細かいところを組み立てていかないと認識できないのに対し、男子はカタチだけで認識できるのだそうです。

で、その娘さんは右脳が弱いので七田式で右脳を鍛えるようにしているのだけど、右脳を使うと左脳がそれ以上にカバーしようとしてしまい、結局右脳を鍛えるどころか左脳がものすごく発達してしまい3歳児と思えないぐらいに弁が立つ子になってるそうで。
“できない”事に対して『どうしてできないのか、どうすればできるのか』ということを理論立てて説明するらしく。
ちなみに、『できない!』と丸投げしたり、飽きもせず一日中ひとつの事をやれるのも右脳男子ならではのことだそうです。

これが一般論なのかはわからないけど、kazを見てる限り当てはまるな~と思う。
単に男の子ってバカなだけかと思ってたけど、そういう理由があったのかと新たな発見。
コメント (4)