relaxin'

日々のあれこれを、つれづれなるままに・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

塩気まじりの生ビール。

2008-10-30 | 日常
ここを離れる日が近づくにつれて、少しずつ淋しさが増してきました。

人ってのは、どうして当たり前にあることを特別と思わず、当たり前じゃなくなろうとした途端に特別に思ってしまうのか。
普段、決して疎かにしているわけじゃないのだけど…。

この2日間、私たち親子の為に送別会を開いてもらってました。

1日目は、いつもと変わらぬ空気でまったりとした時間を過ごし。
みんなの普段通りの自然な振る舞いが、別に二度と会えないわけじゃないという前向きな気持ちにさせてくれました。
そして、またすぐにでも会うかのような、いつもと変わらぬバイバイをしてお別れを。

でも、2日目はやばかった。。。

夜しか空いていない友人たちと子連れで居酒屋へ。
お酒のせいは大いにあったのだけど、何だかこの日ばかりはすごく特別な時間を過ごしたように思えました。
もう、二度と無いような気持ちに。

途中、帰りたくないなぁって密かに何度も思ったぐらい。
別れ際、子供たちのいつもと変わらない姿を見て、何だか目頭が熱くなってくるし。
これは、お酒のせいだって何度も言い聞かせて、平然さを保って。

私たち親子は、バスでの帰宅。
発車するまでの車内、kazが外にいるみんなに向かって、手を振りながら『またこんどねー、またあそぼうねー』と叫んでいる姿を見て、何だか申し訳ない気持ちになってしまいました。

ようやく“ともだち”という存在がわかりつつあったとこなのに、親の都合で引き離してしまう事が可哀想に思えてしまって。
kazにとっては、初めてできた友達なのに…。

そんな事を考えながら、ブルーな気持ちで帰宅。
そして、今もブルーな気持ち続行中。

転勤が決まってから、別に一生会えなくなるわけじゃないし何てことない!と自分に言い聞かせてきたけど…、やっぱ淋しい。
ここで出会った友達が、どれだけ自分にとって特別で大切な存在だって事、ここにきて改めて気付かされました。
って、ホンマ気づくの遅すぎるわ…。
コメント (6)

幼児教室、最終日。

2008-10-26 | こども
横浜での最後の授業を受けてきました。

7月から始まったので、たった3ヶ月しか通えなかったクラス。
始まった当初は4組しかいなかったけど、少しずつ増えて6組になり、やっと賑やかになってきたところ。
こども同士の相性も良かったので、これといったトラブルもなく、kaz自身もホントに毎週すごく楽しみに通ってました。

そして、私自身も。
偶然にも、何かしら関西にまつわるママさんが多く、気さくな人ばかり。
妙な落ち着きがあったので変な気遣いもなく付き合えたし、ホントに楽しく過ごせました。

それだけに、母子共々このメンバーと過ごせなくなるのが残念で仕方なく。。。
最後まで、一緒に成長していく姿が見たかったなぁ。

最後の授業は、たまたま休みだったダンナが見学に。
教室の外からパパが見てる事に気づいたkazは、いつになくハイテンション。
だいぶ調子乗ってました。
みんなから『今日kazくんテンション高くない(笑)?』と言われるほどやったし。

初めて、このような子供主体の場所に触れたダンナ。
kazの楽しそうな姿を見て、週1回でもこういう時間があるのはイイね、と感慨深くつぶやいてました。

この幼児教室は全国展開してるので、遠方に引っ越しても転校というかたちで通うことができるそうです。
新居の近くで探すと、一番近くでも電車通学する所しかなく、今のような徒歩でも行けるって場所じゃないけど、kazの大好きな幼児教室だし引っ越しても通い続けようと思います。

次に通う教室は、5月から始まってるクラス。
kazはブランクとか関係なくすぐ慣れると思うけど、ママ的には輪が出来上がった感じの中に入るってのは、結構不安やったり・・・。
今みたいな、ラクに付き合えるメンバーであることを願いたいです。
コメント (2)

東京観光-CICOUTE CAFE-

2008-10-25 | カフェ
チクテカフェを知ったのは、5年前に読んだ、とある雑誌の記事で。
ここで出されているマフィンを、チクテベーカリーで通販できると知って、神戸にいた頃に何度かお取り寄せをしていました。

いつか行きたいと思っていたはずなのに、実際こっちに住んだら忘れてしまってて。
そのことをふと思い出して、今日ようやく行ってきました。

注文したのは、もちろんマフィン。
お昼時だったので、セットメニューで頼みました。
クリームスープとニース風サラダのセットがあったけど、ダンナも私もスープにして、中身も両方ハムチーズに(他:はちみつバター)。
マフィン生地は、プレーンとライ麦と別々に。
で、私だけデザートも付けて、いちごのチーズケーキ(他:ロールケーキ)を選びました。

感想は、本当においしかった!

クリームスープは、さっぱりとしてて口あたりもよくて。
マフィンは、自分で焼いて食べた時とは全く違うおいしさで感動。
外はバリっとしてるのに、中はもちもち&ふわふわ。
中のハムチーズの味付けに挽いているブラックペパーと塩が、イイ具合に効いていて更においしさを増してました。
デザートのケーキは8割kazに食べられたけど、さっぱり系のベイクドケーキでおいしかったです。

とにかくおいしくて、あっという間に完食。
基本、パン食が苦手なダンナもガツガツいってたし。
量は少なめだったけど、ものすごく満たされた気分でした。

驚いたのは、kaz。
全部食べ終わって席を立つ時に『またこんどね?』と、私に一言。
そんな事を言ったのは初めてのことで、kaz自身も、かなりおいしいと思ったみたいです。

そして、帰り際に、雑貨とマフィンをどっさり買って、お店を出ました。

チクテカフェ。
もっと早く来ておけばよかったなぁ。
ここを離れる予定の日まで、あと2週間。
もう1回、行きたい!
コメント

負のスパイラル。

2008-10-23 | こども
これまで、子育てに対して楽観的に見ていた私。
特に苦にも思わず、大変だとも思わずやってきたけど、ここにきてようやくぶち当たりました。

このままじゃ、kazがダメになってしまう。。。

先週末にkazが風邪で体調を崩してから、病院に行く以外はずっと家に引きこもっています。
体調は悪くても元気があるkazは、外に出て友達と遊びたいみたいだけどママが出させてくれない。
それに加えて、パパが家に帰って来ない。(kazにとっては、なぜ帰ってこないかわからない)
いろんな事が重なって、kazにストレスが溜まってきてるようなのです。

とにかく、ワガママがすごい。
何故か、イライラしてる。
そして、キレ方が半端ない。

そんな姿を見て、私もイライラする。
一日に何回、この悪循環が繰り返されてるかわからないぐらいで。

一時的なことだと思うけど、今のこの成長期に私のちょっとした行動が、kazの人格形成にのちのち何か影響が出たら?とか思うと、そんな簡単にも割り切れなかったり。
考えすぎかもしれないけど、とにかく何もかもが悪い方向へ行ってるのです。

そして、その事があってから、kazと笑い合ってないような気がします。
私が笑ってない時は、kazも笑ってない。
その逆も然り。

早く、ここから抜け出したいと思う毎日です。

コメント (4)

あと2週間。

2008-10-20 | 日常
おとついから、携帯のメール受信音が鳴りません。
前も1回あって、その時はすぐ直ったのだけど、今回はそうはいかない様子。
勝手に受信されてるから、受信箱開くまでわからんし。
メールの返信がとてつもなく遅くなった時は、そのせいなのであしからず。。。

ところで、やっと家が決まりました。

結局、申請してから2週間もかかっての返答。
何をおっさんらチンタラやってんねん、早よせぇや的な感じ(←ダークサイドの私)で毎日過ごしてました。

そんな謎の空白の時間はあったけど、とにかく家が決まったので、ようやく引っ越しに向けて動けます。
入居日の兼ね合いで、来月初めには引っ越す予定でいるので、横浜での生活はあと2週間ほどとなりそうです。

でも、まだ引っ越す実感ないなぁ。
当日にならないと、ホンマに淋しいって感情は起きないのかもしれません。

で、新居の場所ですが。
大阪ではなく兵庫県にしました。
“阪神間”ということで留めときます。
私には、似つかわしい街です。
でも、すごく素敵な街です。
コメント (2)

東京観光-六本木編-

2008-10-14 | 日常
先月の話。

こんな事でもないと行かなかったんじゃないかっていう、六本木ヒルズと東京タワー。
こっちでの生活2年目にして、ようやく行ってきました。

お昼頃に六本木ヒルズ着。
とりあえず、ごはんを食べに行ったのだけど、この事がテンションだだ下がりに。

入ろうと思っていたお店の通り道に、フィットネスクラブのデリコーナーにがあったのですが、何故かそこに目を奪われたkaz。
こっちで食べたいと喚きまくったので仕方なく食べる事にしたのだけど、これがむちゃくちゃ口に合わなかった…。
運動する人向けのメニューなので、ササミだとかやたら激辛なカレーだとかばっか。
せっかく六本木ヒルズ来てこれかよ…って思うと、どうにもこうにもやるせない気分でした。
あとでパンフレット見たら、ここで食べたかったってお店を見つけるし、事前に調べとけばよかったと後悔。。。

その後、お茶してヒルズ内を散策。
帰りに“Joel Robuchon”でパンを買って帰りました。

ていうか、さすがヒルズ!と思ったこと。
駐車場が外車祭りになってました。
しかも、なかなかお目にかかれないモノばっかで、我が家の民は大興奮。
外車にはまってるkazは『みてー!フェラーリ!ポルシェ!』とか、恥ずかしげもなく大声で叫んでました。

そんな興奮冷めやらぬ状態で東京タワーに向かおうと駐車場を出たら、我が家の車の前にブガッティ。
しばらく方向が同じだったのだけど、ダンナは当てるまいと車間距離だいぶあけて走ってました。
いやー、ビビったわ。

そして、東京タワー着。

日が暮れ始めてたのにも関わらず、かなり混雑してました。
ぶっちゃけ、街の景色とか見ても感動できない冷めた私には、ふ~んって感じ。
特別展望台にものぼらず、お土産屋さんに立ち寄って、これを購入↓。

のっぽん弟

めちゃ、ゆるい。

そして、帰路につきました。
コメント (4)

まだまだ油断できない。

2008-10-13 | 日常
先月末から10日間ほど、実家に帰ってました。
その目的は、新居探し。

その週のはじめに先に出張で関西入りしてるダンナから、突然の電話。
『明日、家探しするからこっち来れる??』と。
そんな感じで、急きょ家探しをしてきたわけです。

一応決めてきたのですが、社宅扱いになるので会社からOKを貰わないといけなくて、まだ返事待ちの状態。
家が決まらないと、いつまでたっても落ち着きません…。

それにしても、思った以上に家探しは大変でした。

私ら夫婦の希望も多かったと思うけど、やっぱり最大の壁は会社から出された制限。
その制限がメチャクチャやっかいで、その条件におさまる家がなかなか見つかりませんでした。

今返事を待っている家の前に決めていたトコがあったのだけど、そこが条件と少しそぐわなかったらしくアウト。
で、探しなおすハメになったのです。
そのせいで、横浜に帰る新幹線をキャンセルしたり。
幼児教室に休みます、と電話を入れたり。
生協止めたり。。。

そんなこんなで、新たに探しなおす為に朝から晩まで物件巡りをしてようやく決めた家。
家に関しては少し妥協したけれど、これはやむを得ないこと。
でも、交通の便や立地、周辺環境はものすごくイイので、そこに住めたらいいのだけど。
ていうか、今度こそは決まって欲しい。

この家がアウトになったらまた探しなおさなあかんし、ちゃっちゃと返事くれって感じです。
コメント (2)