relaxin'

日々のあれこれを、つれづれなるままに・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

クリスマス。

2007-12-26 | 日常
今朝、近所の神社へお参りに行ってきました。
願い終わって、帰ろうとした直後にkazがこけたのには唖然としたけど…。

今年のクリスマス。
何だか、クリスマス感のないまま終わりました。
神戸に住んでた時は、ルミナリエとか街のイルミネーションを見てクリスマス感に浸ってたけど、結婚してからというもの、わざわざイルミネーションを見に行くこともなく、見るといえば一戸建て族が周りと競ってやってるかのような電飾ハウスぐらいで。

そんなクリスマス感のない私は、イブの日にせっせとピザとケーキを作って楽しみました。

ピザは驚くほど簡単な上、めちゃめちゃおいしかったです。
具は、サラミとマッシュルーム。
ソースには、サンクゼールのガーリック&トマト使いました。
このソースが、おいしかったです。

kaz用には、ケチャップにベーコンとマッシュルームにしました。
かなりお気に召したようで、パクパク食べてました。

見た目悪いけど、味はヨシでした

ケーキは、台だけ市販の物を使用しました。
何せ、毎度毎度スポンジが膨らまないので…。
クリームをダンナに塗ってもらいましたが、かなり綺麗で驚きでした。
悔しいけど、器用だからなぁ。。。(自分、不器用なもので)

味は、スポンジがカステラみたいな味で甘すぎたのが残念だけど、おいしかったです。
kazも、がっついて食べてました。

クリスマスぽい飾り付けをし忘れてました

そして、kazへのクリスマスプレゼントはビートルのミニカーに。
車と違うものを買いに行った先で、そばにあったビートルを見つけkazがそれを離さなかった為に、変更となりました。
予算を遥かに下回ったので、親的にはいいのだけど。
結局、kazはブーブーがいいようです。

しかしながら、昨日からビートルが行方不明。
もう1台、お気に入りの車が見当たりません。
kazは、どうもお気に入りの車をどこかへやる習性があるので…。
捨ててなければいいのだけど。

今年も、あと5日ですね。
我が家は、週末から実家めぐりをします。
毎度ながらダンナに長期滞在許可を頂いたので、友人と遊んだり、一人でのんびりしながら満喫しようと思います。
寛大なダンナには、ホント感謝です。
コメント

歯が。

2007-12-25 | こども
kazの前歯が欠けてしまいました。

昨日の外出先での事。
ダンナが抱きかかえようとした時に、kazはそれを拒否するように体で振り払い、その反動で転んでしまいました。

あまりにひどく泣くので、慌てて抱き上げると口から出血。
またやってしまったかという想いで、どこを切ったか見てみると上唇がざっくり切れてました。
歯が欠けてないか見てましたが、その時は出血のせいもあって確認できませんでした。

ひどく切った割には意外に痛がらず、しばらくすると何てこと無い感じになってきたのですが、だんだん唇が腫れ上がってきたので、予定を切り上げて帰宅すること。
途中、薬局に立ち寄った時、何の気なしにダンナが歯を見てみると、欠けてることがわかったのです。。。

言わないとわからない程度なのですが、傷のこともあるので念のため翌日に病院へ行くことにしました。

そして、今朝。
腫れは何とか治まりました。
そして、朝一で前回も行った歯医者さんへ。

診察の結果、欠けた歯は幸い放置しておいても大丈夫な程度。
傷も、治ってきていたこともあって、薬を処方するほどではありませんでした。
今週末、再度歯の具合を確認するために来院するように告げられて、診察が終わりました。

何ともなくて一安心です。
それにしても、kazは口に何かあるんでしょうか。。。
滅多に怪我はしてないのに、したと思えば全て口。

やはり、ちゃんとお参り行かなければ。
コメント (4)

特訓。

2007-12-23 | こども
明日は、クリスマスイブ。
我が家は、ピザでも作ってみようかと思います。
その模様は、また後日にでも。

ところで、kazが1人でコップ飲みできるようになりました。

初めてできたのは、10日前のこと。
こぼしてしまうから、としばらくさせてなかったのですが、そろそろさせないといけないと思い、お風呂上りに思い切って持たせてみました。

すると、普通に飲んでる。
その姿にびっくりしました。

でも、その日から数日は、コップを傾ける加減がわからないようで何度もこぼしてました。
そうしている内にコツをつかんだようで、今では1人で何てことなく飲めるようになったのです。

やっぱ、何でもさせてみるものだと思いました。

その勢いで、スプーン&フォークをマスターしてもらいたいのだけど、こちらは一向に進歩しません。
フォークで刺してあげても、わざわざ抜いて食べようとします。

でも、スプーンは自分ですくいたいらしく、私がすくってあげようとしても拒否します。
その割には、まだまだ下手っぴなので、全くすくえないことの方がしばしば。
やっとすくったと思ったら、すくえた喜びで動きが止まってしまい、口にたどり着く前に全部こぼれるのです。。。

根気よく特訓あるのみ、です。

上の写真は、“特訓”風な画ということで。。。
コメント

リトミック。

2007-12-21 | こども
初めてのリトミックに行ってきました。

リトミックなんて全く興味がなかったのですが、ご近所の友達が通っている月1だけの教室があると聞き、それなら、ということで面白半分で参加してみました。

人数は、わずか10人ほど。
kazは、その中でも一番ちびっこのようでした。

まずは、お遊戯で使う道具を片付けるところからスタート。
その後は、ポンポンや鈴などを使って歌いながら踊りました。
もうすぐクリスマスということで、用意されていた靴下の形の画用紙に、折り紙で模られた飾りをぺたぺた張っていくという製作の作業もありました。
で、kazの初めての作品が上の写真。

最初、kazは初めて感じる雰囲気にびっくりしたようで、途中までずっと抱っこ。
しばらくしたら、いつものペースを取り戻しましたが、まだ同じようにはできるわけもないので、kazなりの遊びで終始楽しんでました。

公の場で子供と一緒に歌って踊ることに、何となくこっ恥ずかしさを感じたけど、たまにならアリだなと思いました。
kazも慣れていけば、もっと楽しめるだろうし。

一般的な教室は、月何回あって、必ず参加で、お遊戯とかも本格的にしっかりみたいな縛られた感があるけど、この教室は月1だしアットホームな感じが私にはちょうどいいです。
ここなら、通えそうだなと思いました。

ただ、朝早いのがつらいけど。。。
コメント (4)

AU BON VIEUX TEMPS

2007-12-18 | おいしいモノ
前からずっと食べてみたかった、オーボンヴュータンのケーキをようやく頂きました。

閉店1時間前に行ったので、ケーキ類はほとんどありませんでした。
選りすぐって購入したのが、この3種類。
全て名前は忘れちゃいましたが、小ぶりながらイイお値段に驚きました。

肝心のお味は、私の好みとは違ったなぁ。。。
チョイスを間違えたのかもしれないけど、全体的にリキュールがしっかりきいているので大人の味って感じです。
でも、プレゼントじゃないのに包装紙に包んでリボン掛けまでしてくれるところは、嬉しくなるしお菓子に対して誠実な感じがして好きです。

で、残念なこと。
一番食べたかった、ウィークエンド(レモン風味のケーキ)を買い忘れたのです。

やっと来れた事に舞い上がってしまい、入ってすぐのショーケースにしか目が行かず、奥にあった焼き菓子コーナーに気づきませんでした。
購入してから見つけたので買い足したかったけど、既に4つもケーキを買ってしまってたので今回は諦める事に…。

次こそは、食べたいな~。
てか、食べるぞ。

◆オーボンヴュータン 尾山台店◆

水曜日定休 9:00~18:30
〒158-0082 東京都世田谷区等々力2-1-14
TEL 03-3703-8428
コメント (2)

クリスマス会。

2007-12-14 | 日常
先日、我が家でちょっと早めのクリスマス会をしました。

近所に住むママ友、計4組での集まり。
面白い事に、内、親3人が関西出身というメンバーなのです。
大阪、神戸、京都と、まさに三都物語。
それぞれの関西弁が飛び交い、たまにふと自分がどこにいるのかもわからなくなる程。
地元ママの話す標準語が、逆に不思議といったおかしな状態です。

到着後、まずは飾りつけ。
ママ友お手製の、画用紙で作ったクリスマスツリーを貼って、持ち寄った飾りを飾り付けました。
そのツリーの前で動き回る子供達を、親達は必死に撮影しました。
シャッターボタン連打です。

親が満足いったところでランチ。
事前に注文していた、有機野菜を使った宅配のお弁当を食べました。
幼児用のメニューもあり、大人も子供もおいしく頂きました。

その後は、雑談タイム。
2人目妊娠というおめでたい話も飛び交いつつ、とりとめのない会話がひたすら続きました。
これぞ、主婦って感じです。

そして帰り際に、プレゼント交換。
親たちが円になって座り、歌(何の歌か忘れた)を歌いながら回していく姿に、子供たちは何事かといったような顔で凝視してました。

で、見事当たったのが『Cheese&Mouse Game』

2匹のねずみの口に磁石が付いていて、チーズをどちらが多く取れるかというゲームです。
ねずみにチーズがくっついた瞬間、kazはバカウケ。
かなり気に入ってます。

この会のお土産に自家製のトナカイと星のクッキーを渡して、お開きとなりました。
お菓子を作るセンスが微塵もないのですが、トナカイの型があるからという思いつきで前日に作りました。
足が長くなったり、星がヒトデみたいになったりとかなり不恰好になったけど、喜んで貰えたので安心しました。

新年会は、それぞれ帰省するのでできないけど、2月に入ったら節分やらバレンタインとイベント目白押しなので、今後も楽しみです。
コメント

1歳半健診。

2007-12-14 | こども
先週、区の1歳半健診に行ってきました。

身長-78.8cm
体重-10.51kg
胸囲-47.4cm
頭囲-47.6cm

1歳の健診から身長は7cm伸び、体重は1kg増えました。
体重は、月100g増えればいいらしいので少し増えすぎではあるけれど、特に気にする程でもないということ。
成長曲線の、ちょうど真ん中です。

歯の診断も異常なし。
『お母さん、歯磨き頑張ってるね』と褒めて頂けました。
歯並びもかなりイイようで、『お母さんの歯並びはあんまりだけど、この子はキレイになるよ』とべた褒めして貰えました。
お母さんの歯並びのトコは、余計だけど…。

そして医師は、虫歯とストレスの話を熱く語ってくれました。
虫歯は、甘いものだけが全ての原因ではなく、ストレスからもできるそうです。
なので、幼児虐待などをされてる子の歯を見るとすぐわかるらしい。
何故、いきなりそんなディープな話をされたのかに疑問を抱きながら聞いてました。。。

そして、絵本の指差しテストもクリアできました。
読み聞かせをあまりしていなかったので、絵本にほとんど興味のないkaz。
絵を見て指差しなんかやったことなかったのでどうなるのかと思ってたけど、意外にできてました。
犬と言われてワンワンと言い、車と言われて絵を必死で掴もうとしたり、バナナと言われたら絵でパクパクと食べる真似をして、そのバナナを担当員に食べさせてあげるという動作までしてました。

そんな姿を見て、成長したな~と感心した1日でした。
コメント (2)

憤り。

2007-12-06 | こども
自分の子供に非があった時は、その場できちんと叱る。
その場に相応しくない事をした時は、その場できちんと教える。
そして、イイ事をした時は、その場でめいっぱい褒める。

私の周りの友達は、みんなそのように接しています。
そんな環境の中にいる私も、もちろん同じ。
みんなもそうだけど意識しているわけでなく、それが普通の事だと思って。

でも、誰しもがそうではないんですよね。

ある日、kazが同じぐらいの歳の子にバシバシと、しつこいぐらいに顔を叩かれてました。
遠目で見ていた私は止めに行こうかと思ったけれども、その子の母親の手前下手に出て行くのは微妙だと思ったので、とりあえず相手の親の出方を伺いました。
けど、親はその場から一歩も動かずに一言。
『叩いたらダメよー。』と。

結局、一言も謝ることなく、それだけで済ませたのです。
怪我させられたわけでないし、このぐらいの歳の子には仕方のないことだから、叩いたことには何も言わないけれど、私が苛立ったのは母親の対応。

kazもその叩いた子も、まだ物事の分別が漠然としている時。
だからこそ、その場その場で教えるべきだと、私は思うのです。
初めてそんな対応をされただけに、唖然としてしまいました。

その後、別の場所に移動した時も。

4,5歳ぐらいの子が、kazと同じ場所に居合わせました。
この歳特有の一人占めが始まったのですが、そんな事のわからないkazは果敢に挑んで行ったわけです。
そんなkazに対して、荒々しい態度を取った挙句『ママにチクれば!』と言い放ちました。

たぶん、チクりたければチクってみろよ的な意味だったんでしょう。
てか、そんな事を口走るその子にびっくりしました。
一方親はと言うと、付き合いきれないといった様子でただ突っ立って見てるだけ。

私が出て行ったら、その子がどう出るのか気になったのでkazの傍に行ってみると、さっきまでの態度を一変。
急におもちゃを譲り始め、仲良く遊びだしたのです。
これは、よくない。

更に、その子が帰る時。
母親はずっと帰りたかったようで『いい加減にして!もう、帰るからね!』と大激怒し、その子を放って行ってしまいました。
私の方もそろそろ帰りたかったのでkazにお片づけをさせようとすると、その子も『私もお片づけして帰る!』と言って片付け始めました。
その姿に、感心。

でも、kazはまだまだ遊びたかったのでせっかく片付けてくれたおもちゃをまた出してしまったのです。
すると『片付けないとダメ!』と言いながら何度もおもちゃを奪って直そうとするのです。
あまりにしつこかったので、まだ遊ぶから片付けなくて大丈夫と何度も言ってみたものの聞いてはくれず。
捨て台詞に『片付けないと先生に怒られるよ!』とkazに怒鳴って帰って行きました。

その子の事を考えると可愛そうに思えてしまいました。
たぶん、何かにつけて毎日怒られてるような気がして。
ホントは素直でイイ子だと思うのに。。。

私の考えることが100%正しいとは思わないけど、親があんな接し方だと子供が曲がってしまうのも当然なんじゃないかと。
だって、子供は親を見て育つのだから。

“育児”に対して、改めて考えさせられた一日でした。
コメント (4)

20世紀少年。

2007-12-04 | 日常
ようやく、読み終わりました。

遡る事3年前。
職場の後輩から借りて読んでいたのですが、私自身が退職してしまったことで、それ以降続きが読めませんでした。
マン喫に行くことも考えたけれど、なかなかその為の時間を取ることもできず、続きが気になって仕方ないまま月日は流れました…。

で、数ヶ月前。
友達が全巻持っているとの朗報。
これは、何が何でも貸して頂きたい!ということで、ついに読むことができました。

マジ、面白かった。
22巻あたりから、もうすぐ終わってしまうと思うと無性に寂しくなってました。
最後まで読みたいけど、読んでしまったら楽しいひと時が終わってしまう、みたいな。

最後の上下巻が、若干つじつま合わせ的な感じで、ん?と思ったけど。
でも、そんなことはどーでもいいって思うぐらいの面白さ。
ちなみに、全巻読むまでの所要日数2日でした。

浦沢直樹氏は、私の中で天才じゃねぇーかと思ってます。
ストーリー展開もさながら、今まで見たことの無いような独特の表現だったり。
物語に疾走感があるというか、予想のできないことが次々と起こるので、ページをめくるスピードも速くなる。
『MONSTER』も読んだけど、やっぱりこれも面白かった。
ラストが恐すぎて、その後数日間トラウマのようになってしまったけど。。。

来年、第一部として実写で映画化されるらしいけど、アニメでやって欲しかったなぁ。
アニメの実写って、がっかりさせられることの方が多い気がして。
配役も誰になるのか気になります。

それにしても、ホントに面白かった。
何回読んでも面白いし、私も買い揃えようかと思う程。

ダンナは、このおかげで毎晩夢が20世紀少年だそうです。
こえーな。
コメント (2)