relaxin'

日々のあれこれを、つれづれなるままに・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Romi-Unie Confiture。

2007-05-31 | おいしいモノ
先日、鎌倉に行ったときに寄ってきました。

Romi-Unie Confiture』は、お菓子研究家の『いがらし ろみさん』の手作りジャムのお店。
アパレル時代に、系列店舗でここのイベントをしたこともあって、『coya』に続く行ってみたかったお店のひとつです。

白塗りの建物で、看板は遠くからでも見えるスプーンのマーク。
昂ぶる気持ちを抑えて中へ。

小さなお店に、たくさんのジャムたちが並んでる姿は、とてもかわいかったです。
たくさん種類があった中で、購入したのは“Sirop Tropique”と“Vache Fraise”。
“Sirop Tropique”は、マンゴーとパッションフルーツの味のシロップ。
水や牛乳、お酒で割って飲みます。
“Vache Fraise”は、いちごミルクのジャムです。

ジャムは、ひとつひとつにトーストやパンケーキ、ヨーグルトに合うなどの説明が書かれているので、食べたい目的に合わせて選べます。
今回は、無難にいちごを買ってみたけど、次はまた違うものを試してみたいです。

購入したものたちの感想。
シロップは、ラッシーにもできそうな感じでとてもおいしいです。
暑い日は、炭酸で割ってスッキリと。

ジャムは、ミルクなのでやや濃厚。
私には、少し甘かったけど果肉入りでおいしかったです。

もっといろんな種類のジャムを食べてみたいし、また行きたいと思える素敵なお店でした。


*attention*

このお店の前に、他の家の方の駐車場があるのですが、そこには絶対入らないでください。

Romi-Unieに来られてるお客様が駐車場内に入り込むことがよくあるようで、その度に管理者と思われる方が、お店に向かってクラクションを鳴らし続けたり、怒鳴りながらお店のドアを蹴ってきたりすることが頻繁にあるようです。
実は、私たちが行った時に遭遇してしまったんですが、ベビーカーを押したお客様が敷地内に入ってしまったらしく、子供が乗っていたにも関わらずベビーカーを蹴られてしまいました。
幸い怪我はありませんでしたが、同じく子供がいる身としては、とても許せない行為です。

お店のスタッフさんの話では、決して暴力は振るわないとは言っていましたが、いつ何が起きるかわからないので、お店に行かれた時は充分気をつけてください。
コメント (2)

アンパンマンミュージアム。

2007-05-31 | こども
今日は、4/20にオープンした『横浜アンパンマンこどもミュージアム』に行ってきました。

一緒に行ったママさんの息子は、kazと誕生日が1日違い。
それぞれ、めでたく1歳を迎えた記念として息子サービスしてきました。
とは言っても、チビ達がアンパンマンを好きかどうかは全く知りませんが…。

お昼前に到着しました。
時間が経つと売り切れになってしまうと聞いたので、早速『ジャムおじさんのパン工場』でパンをお買い上げ。
めちゃくちゃかわいくて、いっぱい買いそうになりました。


その後、入り口で写真撮影をして、『アンパンマンキッチン』でお昼ごはんを食べることにしました。

イートインできるお店がここしかない割には、それ程広くないのでかなりの行列。
1時間近く待ったんじゃないかと思います。
でも、ここまで待った理由は、”誕生月のお子様に写真とデザートサービス”書いてあったから。
運良く2人とも誕生月だったので、これはぜひ利用したいところです。
他のお客さん達は、それを知ってて来てたのかは知りませんが、あらゆるところでハッピーバースデイを受けてるのを見ました。

そんな光景を見ていると、私たちのテーブルにアンパンマンなどのキャラクターでデコレーションされた偽のケーキにろうそくがさされて運ばれてきました。
ろうそくに灯された火に、2人とも興味津々。
触りそうなのを阻止しつつ、撮ってもらいました。
その写真はアンパンマンで加工されて、お誕生日カードと共に貰いました。
いい記念です。

ごはんを食べたあと、ミュージアム内へ入りました。
ここで、びっくりしたこと。
おとなとこどもの料金が一緒(1000円)なんです。
しかも、こども料金が1歳以上から。
ギリギリ1歳になってしまったので、取られてしまいました。
嘘ついてもバレなさそうだったけど、そこまでする気はなく…。
でも、その代償に

左側の、よくわからないおもちゃを貰いました。

そして、もうひとつびっくりしたこと。
ベビーカーを、置いて行かないといけなかったんです。
エレベーターはあるんですが、昇りのみしか使用できず、降りは階段移動。
こどもの施設なのに、それはないやろ…と思わずぼやきました。

そんなこんなで、仕方なくスリングに入れて見て回りました。
スリングに入るのが好きでないkazは、途中で大暴れ。
結局スリングも使えず、ひたすら抱くはめになりました。

せっかくなので、途中途中で写真撮影。
歩けるぐらいの大きな子が多い中、必死につかまり立ちをしてる2人の姿はものすごくかわいかったです。

いろんなキャラクターと撮影して充分見て回ったあと、プレイスペースに放牧しました。
ベビー用となっている割には、随分大きな子が多かったです。

特に2人が絡むことはなかったので、これが唯一のセッションかな。
思う存分遊ばせたので、kazはこのあと爆睡しました。

キャラ物を買うことに抵抗がありつつも、せっかくなので何かお土産を…と思って、押したらプーっとなるアンパンマンを買いました。
寝てる間に買ったので反応見れなかったけど、家に帰ってからプープー鳴らせて見せると喜んだのでよかったです。

何やかんやで、6時間ぐらい滞在して帰りました。
何気にアンパンマン好きなので楽しかったけど、1回来たら当分はいいかなぁ~って感じです。
歩けないお子ちゃまに優しくないし…。
次は、もうちょっと大きくなってからかな。
コメント (8)

1st Birthday!!

2007-05-29 | こども
引き続き2つ目。

改めまして、kazお誕生日おめでとう!

kazが生まれたことがついこないだのように思えるのに、もう1年経ったんだね。
この1年、kazにたくさんのことを教えてもらいました。
これからの1年も、きっとまたたくさんのことを教わるのでしょう。
ママは、いつまでもkazの成長を見守ってるからね。

前日の誕生日会でやりきった感が漂ってしまい、本当の誕生日の日は普段と変わらぬ1日でした。

この日、早速1歳児検診とMRの接種をしてきました。
身長-72cm
体重-9.4kg
胸囲-46cm
頭囲-46.5cm

身長は、つい最近測った時75cmあったのに、縮んでました。
と言うか、測り方によって変わってくるんですよね。
成長曲線の真ん中ですが、何でkazは大きく見えるんでしょう。
やっぱ、顔でかいからかなぁ。。。

そして今回の注射は、泣かずに頑張りました。
kaz、強くなったね。


家に帰ってからは、ひぃばぁばから誕生日プレゼントで貰った手押し車でヒートアップして、その後ろでNHKを流す。
そんないつもと変わらぬひとときでした。

そんな中、いつもと違うこと。
バースデイバルーンを、誕生日が来るまで手の届かないところに置いてたのですが、せっかくだし渡してみました。

そしたら、ものすごく食いつきました。
バルーンにかじりついたり、紐を引きずりながらハイハイしたり。
ひとりで興奮しながら遊んでました。
ホント、無邪気です。

そんな風にして、1歳の誕生日は幕を閉じましたとさ。
めでたし、めでたし。
コメント (10)

一升餅。

2007-05-29 | こども
誕生日が平日だったので、前日に前倒してkazの誕生日会を開きました。

その前に。
誕生日の4日前に、バースデイバルーンが届きました。
とてつもない大きな箱から飛び出したバルーンを見て、とっても不思議そうでした。
でも、それほど興味を示さず…。
仕方ないので、箱の中に入れちゃいました。

それでも、無反応。
それもそのはず、眠かったようでこのあとすぐ寝てしまいました。

そして、誕生日会。
“一生食べ物に困らないように”という想いを込めて、誕生餅を背負わしました。

一升は1.4kgなのですが、このお餅は1.8kgあるらしく、こんな重いものが背負えるのかと思ったりしてたけど、さすがぶーやん。
何ということもなくハイハイするし、立ってました。
でも、やっぱり重かったようで終始泣き続けて、ものすごく機嫌悪かったです。
写真やビデオをいっぱい撮りたかったのに、あまりの機嫌の悪さにまともなものが撮れなかったのが残念。
でも、よくがんばりました。

夜は、バースデイケーキでお祝いしました。
kazが食べれるように、ホットケーキにヨーグルトでコーティング。
大好きないちごをたくさん使ってたので、ケーキを見るなり早く食べたいと叫びだしてしまいました。

そこを無理矢理、私が歌いだして気をそらして、ローソクを吹き消しました。
吹き消したのは、私ですが。。。

晩ご飯をたんまり食べたのに、ケーキを別腹と言わんばかりにがっついてました。
フルーツ盛りだくさんだったもんね。

ごはんを食べ終わったあと、奇跡が起きました。
なんと、自分で2歩あるいたんです!

一升餅で鍛えられたのでしょうか。
あまりに突然のことで、でもものすごく感動して泣きそうになりました。
誕生日前日に歩くだなんて、ホント罪なヤツ…。
コメント

波打ち際にて。

2007-05-29 | こども
kaz、1歳になりました。
正確に言うと、もう昨日になります。
本当に、あっという間の1年でした。

誕生日の2日前、kazの1歳記念を兼ねて海へ行ってきました。
ダンナの希望もあって、場所は鎌倉方面。
また『coya』に行きたいという私の希望で、海は逗子海岸に行くことにしました。

せっかくの記念日なのに、この日はなーんかついてませんでした。
道のりの半分程走ったところで、財布を忘れてきたことに気づいて引き返したり、そのおかげで鎌倉に着くまで4時間かかったり、『coya』に行けば近くの駐車場が満車で行けなかったし、15時になってようやくお昼ご飯にありつけると思って入ったお蕎麦屋さんがハズレだったり…。
何しても、うまくいかない日でした。

海に行くことがメインで行ったのに、逗子海岸に着いたのは既に17時過ぎてました。
とても暑い日だったので、陽が沈んできてちょうどよい気候だったので、今思うとある意味よかったのかもしれません。

持参してたお砂場遊び着を着せて、海岸へ放牧。
泥をぐしゃぐしゃにして遊んだり、海の中へ果敢に入っていこうとしたり、ものすごく楽しそうに遊んでました。
本当に土いじりが好きなようです。
やっぱり男の子だなぁって、思いました。

18時になったところで、帰りました。
kazはもっと遊びたかったと思うけど、続きは次回で。

家に帰ってからのkazは、ものすごく興奮してました。
よっぽど海が楽しかったんでしょう。
テンションあげあげで、キャーキャー叫びながらひとりで遊んでました。

あんな姿見ると、また連れてかないとって思っちゃいます。
次は、水着を着せて思いっきり遊ばせるぞー。
コメント (6)

検査。

2007-05-27 | こども
先週、kazの血液抗体検査に行ってきました。
その結果が今週出たのですが、少しアレルギーがあるようです。

生後3ヶ月の集団検診の時に、検査を受けるための紹介状を区から貰いました。
親にアレルギー症状があれば検査できるということで勧められました。
1歳まで無料なので急いで行ってきただけなんですが、行っててよかったです。

反応が出たのが『卵白』。
数値としては低めなので、今のところ特に心配する程度ではないようです。
実際、全卵をあげてますが何も症状が出てないので、一応頭には入れておこうとは思ってます。

あと、IgEというアレルギー抗体がやや高め。
1歳未満だと正常で20のところ、102という数値が出ました。
医師曰く、これも今の段階で心配する程ではないようですが、数値は成長とともに変動するので、もう少し大きくなってからアトピーなどの何らかのアレルギー症状が出る可能性はあるということでした。

3ヶ月頃から耳切れがあったりして、かかりつけの医師からもしかしたらアトピーかもとは言われていました。
これから、ひどくなっていかなければいいんだけどな…。
コメント (8)

物思いに耽る。

2007-05-19 | こども
kazのファーストバースデイを控え、近頃センチメンタルな気分になります。

去年の今頃、まだおっきなおなかを抱えて『まだかな、まだかな』と待ち望んでいました。
早産の危険があるかもと8ヶ月終わりに自宅安静を言い渡されたのに、結局生まれたのは予定日より11日遅れ。
しかも、帝王切開。

生まれる3日前に促進剤使用のため入院した時は、自然に生まれてくると思ってました。
けれども3日間の陣痛も空しく、自分の体力の限界で、私から帝王切開の話を持ち出す事となりました。

助産院で産んでみたかったけど、もうできません。
あの時、切ってなければ…と後悔しました。
でも、最近ダンナから聞いたkazの出生話で、後悔の念は消えました。

切開後、羊水が濁り始めている事がわかったそうです。
あと1日でも遅ければkazは衰弱してしまい、無事に生まれたとしても何らかの障害が残ったかもしれないと…。
心音がしっかりしていたので、先生からは切開の話を出さなかっただけだったので、この時の決断は本当に運がよかったそうです。

そんな出生秘話があったけど、現在。
元気すぎるほどのやんちゃ坊主になってます。
そして、もう赤ちゃんではなく子供の顔つきとなってきています。

最近生後2,3ヶ月程の赤ちゃんを見ると、すごく懐かしく思えてちょっぴり寂しさを感じます。
成長していく姿を見るのは幸せな事だし今も充分以上に楽しいけれど、あの頃のkazの一挙一動に感動していた時も楽しかったなぁと…。
“嬉しくもあるけど、寂しくもあり”
そんな事を、今のkazの姿を見ながら思い返しています。

誕生日まで、あと9日。
おセンチな想いはあるけど、初めての我が子の初めての誕生日。
盛大に祝福したいと思います。
コメント (12)

初節句。

2007-05-12 | こども
kazの初節句は、いたって普通の1日でした。

何せ、実家から帰ってきた翌日。
家の中は、ぐっちゃぐちゃ状態。
初節句に向けて、兜以外の飾りつけなど何にも準備をしていなかったので、せめてもの…ということで当日予約で記念撮影に行ってきました。

衣装は、一目見て気に入った『まわし』と、スタッフさんの勧めで『一つ身』の2着で撮って貰いました。
最初の数枚は何とか撮影できましたが、寝起きだった為だんだん不機嫌に。
抱っこされたくなったらしくスタッフさんに抱きつこうとしたり、座ってるのが飽きたのでズリ落ちようとしたり、途中気を紛らわすためにおやつを投入したりもしつつ、無事終えました。
出来上がりは、再来週なので楽しみです。

そして、帰ってからはちらし寿司作りに奮闘。
私の実家のちらし寿司は、海鮮じゃないのでものすごく手間がかかります。
作るだけで疲れ果てました。
初めて作ったけど、実家の味と然程変わらないなかなかの出来でした。

寿司飯だとkazは食べれないので、おかゆに具を混ぜてあげましたが、その日に限って食べる気があまりなく、口に入れてもべーっと出す始末。
kazの為に作ったのに…と、その日はだいぶ悲しかったけど翌日ちゃんと食べてくれました。

ドタバタの初節句だったけど、これもいい記念ですね。
コメント (12)

GW記~名古屋編~②

2007-05-11 | 日常
こんな面倒くさい書き方しなければよかったと、後悔…。
では、翌日のお話。

ダンナの実家には、犬がいます。
kazが来るたびに吠え続け、みんながkazばかりを相手するのでいじけてしまったり、嫉妬したり…私たちが滞在している間は、ずっとそんな状態でした。
しかし、今回は違いました。

動けるようになったkazは、犬に興味津々。
果敢に犬に挑み続け、その結果ペロペロと舐めてもらえたんです。
おなかまで見せて甘えてもらったり。
どうやら、認められたようです。
ダンナ曰く、みんながkazを大切にしているのがわかったから、自分より上の存在だと思ったんだろう、と。
犬ってすごいです、感動しました。

お昼過ぎて、近くに住んでいるダンナ祖母のお家へ行くと、初節句と1歳のお祝いで、ひぃばぁばからは手押し車、ダンナ叔母からは絵本をプレゼントしてもらって早速遊びました。
結構気に入ったようなので、今でも家で遊んでいます。
夜は、外で食事をとることになってたので、それまでの間kazを預けてダンナと2人で本屋へ行きました。

kazが生まれてからすっかり小説を読まなくなったので、久々に買ってみようかと文庫本コーナーへ。
村上春樹の新刊が出ていたけど、ハードカバーなので断念。
そういえば、『東京奇憚集』はまだなんでしょうか。
文庫になったら即買いです。

文庫本コーナーを、ふらーっと見ていると『小林賢太郎戯曲集』という文字が目に入りました。
もしや、と思って手に取るとラーメンズのコント集だったんです。
何気にラーメンズファンの私としては、是非読みたいところ。
即、立ち読み開始しました。

感想は…、面白かった!
あまりに面白かったので、笑いをこらえる為に揺れてみたり、その場で少し移動とかしてしまいました。
でも、読むより実物を見たいってのが本音。
けれども、お買い上げしました。
一度でいいから、舞台を見てみたい。
密かな私の夢です。

そんなこんなで、夜ごはんはしゃぶしゃぶを頂きました。
ダンナは、肉ばっか鍋に入れてみんなからブーイング。
そんでもって、ほとんどダンナ1人で肉を食べまくってました。
たまには、いいお肉食べたいもんねぇ。

そして、翌日に横浜へ帰りました。
4時間程で帰れると思っていたけど、渋滞に巻き込まれて結局7時間弱かかりました。
行きと一緒です。
私が超ペーパーなおかげで、ダンナがずっと運転していました。
ご苦労様です、そして感謝です。

長いけど短い、充実した実家巡りでした。
コメント (2)

GW記~名古屋編~①。

2007-05-11 | 日常
神戸最終日。
もう少し、神戸にへばり付きたい気持ちを抑えて、名古屋へ向かいました。
途中、西宮へ立ち寄りました。

ダンナ母にも、同じく感謝の意を込めて母の日のプレゼントを渡したかったのですが、何にしようか決められず、花束を渡すことにしました。
カフェ時代にお世話になったマネージャーが退職され後、西宮に昨年ご主人とお花屋さんをオープンしました。(→Sei-U)
神戸に帰ったら行きたかったお店なので、そちらにお願いすることに。
ちょっぴり変わったお店のようで、オーダーを受けてからお花を発注すると聞いたので、事前に注文しておきました。

お店は住宅街の中にあって、見た目お花屋には思えません。
店内(と呼ぶには違うような)は、作家さんの器が無造作に並べてあったり、ギャべが飾られていたり、その間、間にお花であしらった額が飾られていたりで、生花は一切置かれていませんでした。
“お花屋さん”というか、ギャラリーの様な佇まいです。

久々に会ったマネージャーは、相変わらずの優雅ぶり。
そんなマネージャーは、私の憧れの女性です。
ご主人さんとは、初対面。
とっても、素敵な方でした。
そんな2人の姿を見て、何だかいい刺激を貰えました。

お店の中を見て回っていると、『コーヒーでいい~?』と、まるで家にいるかのように尋ねられたので、思わず『はい』と答えると、奥から淹れたてのコーヒーを運んできてくれました。
コーヒーを飲みながら4人で他愛もない会話を楽しんで、花束を受け取って名古屋へ向かいました。

4時間後、名古屋へ到着。
またまた、kaz泣いてしまいました。
その日も、少しばかり夜更かしさせて眠りにつかせました。
コメント (2)