日々妄想で暴走

萌えを追いかけ生きてゆく

アンビバレンス  (BL)

2018年06月08日 | BLCD感想
CAST:西山宏太朗 古川慎 神原大地

久慈碧音は学年トップの成績を誇り、人当たりが良く、教師からも信頼されている秀才な生徒会長。喧嘩を繰り返し、
いつの間にか総長と呼ばれている水海英輔のことを敬遠し、声をかけられた時に言葉を交わすだけの間柄だった。
生徒会長の顔とは逆に夜は進学費用のため、メイド喫茶で女装でバイトをしている碧音。
ある日、そのメイド喫茶に英輔が来店して!?
正反対の境遇の苦手な相手と距離が縮まり、お互いの気持ちや意見を交わした時に2人に生まれる変化の行く先は―

  公式サイトより


まこにゃん買いしました。こーちゃんのBLは初聞きです。まぁ、可もなく不可もなく、普通に聞けたかな。そこまできゃるんきゃるんした感じでは
なかったから聞けたのかな。声のトーン的には高い方だろうけど。

二人の会話のキャッチボールが、そこそこ好きな感じ。たぶん、まこにゃんのセリフのテンポが元々好きなせいもあるとは思うけど(爆)
低音で淡々とした口調でドキッとさせるセリフをまこにゃんがいい、それを過剰過ぎない程度に分かりやすく受けて反応するこーちゃん。
演技や声よりも顔と仕草を先にインプットしてしまったこーちゃんだったので、あんまり想像することなく聞いたけど、アリな方かと。

お話も王道っちゃ王道だし、展開も大体予想できるし、こちらも普通に楽しめた感じ。
まぁ、キャストが3人しかいなければ、そういう展開になれば、おのずとそうなるよねって思うとこはあったけど。

にしても、まこにゃん、自前のSE術半端ないな…。びっくりするわ
アスリートな息遣いでちょっと、時々、こーちゃんの声薄れるけど、まぁ…私は許容範囲内なので面白がって聞けました
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ドラマCDの今と昔 | トップ | Virgin~わたしのはじめて~... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

BLCD感想」カテゴリの最新記事