歌がうまくなりたい

「誰にでもわかる」「実感できる」カヌマミュージックスクールのレッスン風景

シンコペーション 小松音楽教室の先生のブログから

2020年01月14日 | 豆記事

神奈川県相模原市のボーカル教室 カヌマミュージックスクールです。


いつもブログ内で仲良くさせていただいている小松音楽教室の先生のブログ記事から転載させていただきました。

シンコペーションについてとっても分かりやすい解説、説明です。

 

シンコペーション

2020年01月13日

杉戸町のピアノ教室、エレクトーン教室 🏠小松音楽教室♫

シンコペーションって⁉︎

理解するには難しいですよね💦

シンコペーションはクラシック、ジャズ、ロック、ポップスなどなど様々な楽曲で使われています♫

特にジャズはシンコペーションが多いですね。

シンコペーションとは、拍を崩す、拍のパターンが狂う、パターンを崩す事。

シンコペーションは3種類あります。

①→強拍を休む

②→弱拍の音と小節の強拍の音をタイで結ぶ

③→弱拍にアクセントをおく

 

シンコペーション…安定したリズム進行の中に通常のアクセントとは違う場所に強拍と弱拍のパターンを変えてアクセントをおいて違うリズムのノリを生み出してリズム効果を伝える…するとシンコペーションを使う事によって曲にインパクトが生まれます♫

 

A列車のイントロ部分はシンコペーション3種類の中の①です。

 

この説明を理解するだけでも難しいですよね💦

 

♩♩♩♩(タン、タン、タン、タン)のリズムに♪♩♪(こまーた〔困った〕)これで強拍の位置が移動しました。これがシンコペーション、日本語では切分音(せつぶんおん)と言いますよ〜!節分じゃないですよ〜笑

♪♩♪♩♩→これで(腹〜が減った)

最初のところはシンコペーションですよ。

拍を狂わせてます。

 

シンコペーションが使われてる曲の例ですが、「シンコペイテット・クロック」フォークダンスで使われる曲の「オクラホマミキサー」のサビの部分など。

 

歌う時にも🎤シンコペーションを注意する事によってかなりの違いが出て来ますよ😊

(ねっ!カヌマミュージックスクールの先生!)

 

少しでもわかって頂けたらそれでOK👍

 

※小松音楽教室の先生のブログでは楽譜も見られますよ。

カヌマのブログのブックマーク欄をご覧ください。小松音楽教室のブログに行けますよ。

 

ご訪問本当にありがとうございます。

また来てくださいね。


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 【この歌好きじゃありません... | トップ | 【たそがれ坂の二日月/秋元順... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (stagea_1963)
2020-01-14 22:35:10
カヌマミュージックスクールの先生へ
私のブログをアップしていただきありがとうございます♫
そしてブックマークにまで感謝しております。先生のブログを読んでいる方々から何名か私のブログへ訪問に見えて頂いたようです。前回はアウフタクト、今回はシンコペーション、わかりやすい言葉を使って文にしましたが、少しでもわかって頂けたらそれでOKだと思っています♫
私も先生のブログを拝見し勉強させて頂いています。今後ともよろしくお願い致します。m(_ _)m
小松音楽教室の先生へ (カヌマ)
2020-01-14 22:40:17
了解です。これからもよろしくお願いしますね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

豆記事」カテゴリの最新記事