西部劇と懐かしのカントリー&ウェスタン日記

現代とはかけ離れたOld Countryの世界ですがずっと続けていきます。興味のある方は時々のぞいてみて下さい。

7/21 は亡き弟の誕生日

2019年07月21日 | ブルーグラス音楽

(令和元年)7/21はブルーグラスを聴く日
毎年7/21になるといつも弟が好きだったブルーグラスのレコードを聴くことが多い......でも今回は彼が送ってくれたゲランパ・ジョーンズ(1913〜1998年 ケンタッキー州生まれ)のレコードを聴いた。私が Grandpa Jones が好きだということを知っていて送ってくれたもの。東京で仕事していた弟は " 兄ちゃん、東京には地方では手に入らないレコードがあるんだよ " と口癖のように言っていたものだ。
グランパ・ジョーンズは頑なに古いカントリースタイル( Hillbilly とか Old time music とでもいうか)を守っていた得難い歌手&コメディアンだった。20代の頃からつけ髭を付けてバンジョーをかき鳴らしながら古い唄を歌ったという.......1973頃だったかなぁ(?)に日本公演に来た時も見に行ったようで その時の様子を話してパンフレットも送ってくれたものだった(^^)
米国盤 Camden Records ADL2-0701 Grandpa Jones & Minnie Pearl
2枚組LPレコードで18曲入っている。グランパの歌、ミニー・パールの歌、グランパ&ミニーのデュエット曲となっている。グランパが歌う" You All Come " が入っているのが嬉しい(^^)
若い頃の写真は懐かしい......アメリカン フォークも好きだったからピーター、ポール&マリーかブラザーズ・フォーの曲を練習している頃かな?
コメント   この記事についてブログを書く
« 今日から7月 | トップ | 秋のカントリーフェスタに向けて »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブルーグラス音楽」カテゴリの最新記事