西部劇と懐かしのカントリー&ウェスタン日記

現代とはかけ離れたOld Countryの世界ですがずっと続けていきます。興味のある方は時々のぞいてみて下さい。

カウボーイ ソング 42 (The Willis Brothers)

2015年02月25日 | カウボーイ・ソング

     
The Willis Brothers (2) 
米国盤 Starday Records SLP-119 The Code Of The West / Sixteen Songs And Tales By The Willis Brothers 
(1)Wagon Train (2)Cimarron (Roll On ) (3)Cool Water (4)Rye Whiskey (5)That Pioneer Mother Of Mine (6)Buffalo Gals (演奏だけ) (7)Cody Of The Pony Express (8)Streets Of Laredo (カウボーイの哀歌) (9)Tumbling Tumbleweeds (さまよう枯れ葉) (10)Missouri (11)Red River Valley (12)I've Been Working On The Railroad (13)I Stll Do (14)Strawberry Roan (15)Ace In The Hole (16)Battle Hymn Of The Republic (17)Oh Susanna Ending 
 米国盤 Cumberland Records SRC-69504 Songs Of The Old West / Oklahoma Wranglers 
(1)Happy Cowboy (2)When My Blue Moon Turns To Gold Again (3)Sioux City Sue (4)Down In The Valley (5)Cimarron (6)Take Me Back To Tulsa (7)Chant Of The Plains (8)On The Old Chisholm Trail (9)Tumbling Tumbleweeds (10)Home On The Range 

久し振りのカウボーイソング & 西部の歌です。 
今回は私にとって今や永遠のコレクターアイテムになってしまっているウィリス兄弟による Songs Of The West ともいえるLPレコードです。1963( 昭和38 )年にアメリカの Starday レコード社から出されたものです、どうでしょうこの黒いレコードジャケット! いかにもそれらしくて私は大好きです。 
 
私のカウボーイソングへの興味は今でも続いているんですが なぜかこの Willis Brothers の Starday レコードだけは今でも手に入らないままになっています。このレコードは人気があるのか状態のよいものがなかなかないということです、人気があるのかも知れません。 気長に探している状態なんですが、そうこうするうちに新潟市にお住まいの Indy 筑波さんという方がご好意でCDに録って送って下さいました・・・・・嬉しかったですよ( 有難う筑波さん )。 

ウィリス兄弟はオクラホマ州出身でまだ10代だった頃の1930年代から活動を始めたようで、1960年代になって Grand Ole Opry ( 古くからテネシー州ナッシュヴィルで開かれているカントリー・ミュージックショウ ) でも人気者であってレコードも沢山出されていたようなんです。 が、彼らのステージでのカウボーイコスチュームのいでたちの割りには彼らが演奏する内容はトラックドライバーソングとか Novelty song とかいったものが多くてなかなか本格的なカウボーイソング集( Songs Of The West ) のレコードがなくて 一番はこのレコードかな-と思っていました。

Skeeter(1907~1976)、 Guy(1915~1981)、Vic(1922~1995) の3兄弟なんですが、特記すべきことは かのハンク・ウィリアムス Sr. の初期レコーディング伴奏を務めたという栄光の歴史をもっていることでしょう。当時は Oklahoma Wranglers ( オクラホマ ラングラーズ )と称していた時代です。 
さて、このレコードの内容的にはアメリカ西部に関するあらゆることに及ぶ歌をやっているようです。兄弟のギター、フィドル(カントリースタイルのバイオリン)、アコーディオンの他には誰れが弾くのか5弦バンジョーがフューチャーされています。 ”おースザンナ”の軽快なバンジョーにのって軽快にスタート、曲と曲の間に3人の語りが入って簡単な曲紹介のような形式になっており和気合々と進行していきますが 伴奏が3人のギター、フィドル、アコーディオンに時折り5弦バンジョーが入るといった素朴なスタイルなのでこの手の音楽が好きな人には申し分なく楽しめるものとなっています。 私的には(5)The Pioneer Mother Of Mine 、(7)Cody Of The Pony Express ( ポニー急行便乗馬時代の若き ”Buffalo”Bill Cody のことを歌った唄か )、(9)Tumbling Tumbleweeds が気に入り。 ”線~路は続くよどこまでも~ ”で有名な(12)I've Been Working On The Rairoad 、”権兵衛さんの赤ちゃんが風邪ひいた~ ”のメロディでなじみの(16) ”リパブリック賛歌 ”のような誰れでも知っているような唄を歌ってくれているところも嬉しいところ(こんな唄はカントリー歌手はなかなか歌ってくれないです)。 
将来このLPレコードに出会ったらやっぱり買ってしまうことでしょう、レコードが好きなのでレコードでも聴きたいのが私。 
 
尚、2番目に挙げたレコードは ”オクラホマ ラングラーズとして ” のレコードで過去に載せていますのでカウボーイ・ソングのカテゴリーで見てみてください

コメント   この記事についてブログを書く
« 懐かしのカントリー & ウェス... | トップ | つれづれに(オムニバスレコ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

カウボーイ・ソング」カテゴリの最新記事