西部劇と懐かしのカントリー&ウェスタン日記

現代とはかけ離れたOld Countryの世界ですがずっと続けていきます。興味のある方は時々のぞいてみて下さい。

伝えなきゃハンク・トンプソン

2019年06月05日 | 懐かしのカントリースター
伝えなきゃハンク・トンプソン
スリーHankの3人目......この人のカントリー曲でパッと浮かぶのは " Oklahoma Hills " という古〜い曲、色々なカントリー歌手が歌っているけど私的にはハンク・トンプソンの歌と調子が最高に似合っていると思っていて......カントリーを聴いているんだぁ〜という気分にさせてくれる(^^) 例えばこの曲をウイリー・ネルソンが歌っているとする......でも歌だけじゃなくてテンガロンハットにカントリースーツでビシッときめて軽快に歌う Hank Thompson のイメージを思い浮かべると軍配はどうしてもトンプソンに挙がる。バンダナを頭に巻いてTシャツにスニーカースタイルでは似合わない曲なんだよなぁ。
 
Hank Thompson & the Brazos Valley Boys というスタイルの音がいい。 私的に次に頭に浮かぶのが Dot レコード時代に歌っている " The Everlasting Hills Of Oklahoma(オクラホマの丘は永遠に) " という曲......往年のカウボーイ コーラスグループの The Sons of The Pioneers の名唱をハンクがカバーしている......えもいわれぬハンクの名唱ぶりは私的には沢山の人に聴いて欲しいなぁと思っているものです(^^) 
ところでこのジャケット写真いかにもレトロ調で今ではとんとお目にかからない仕様のもの......でも僕はこんなのが大好き。復活は無理だけどこんなレコードもあったんだよとは伝えたい。 
米国盤 Capitol Records H-418 Hank Thompson / Songs Of The Brazos Valley 
(1) Yesterday's Girl (2)When You're Lovin', You're Livn' (3) The Letter Edged In Black (4)Mother, The Queen Of Heart (5)Ynu Don't Have The Nerve (6) At The Rainbow's End (7)John Henry (8)I Saw My Mother's Name  
 
博多に出てきて間もない頃、赤坂の地下にあった古本屋さんの床に段ボールにホコリをかぶっていたレコード群が置いてあった。恐る恐る " これいくらですか "......と尋ねたら " 中身が入っていれば200円、ジャケットだけののは100円よ " と店主。 僕は狂喜して8枚買った・・・その中の1枚がこれなんです、夢みたいだったな。博多には昔アメリカ軍の板付基地があったからアメリカさんの置き土産といったところかも知れません。盤は聴きこまれていて針を落とすとパチパチ音がするけれど何のその、若いハンクの歌がきけるので雰囲気だけで充分さ.ジャケットだけでもいいと思ったくらいだから......といったところ(^^)

前の二人のハンクとはサウンドも全く異なっています......いわゆる Hank Thompson Touch 、屈託のない明るさを感じる。カントリーに個性があった時代だね......すぐに誰れそれの音だ...と判るものね(^^) 行きて還らぬ時代のカントリーサウンドだけど今聴いても "イイナー" だね😁🐟

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 伝えなきゃハンク・スノウ | トップ | 伝えなきゃハンク・ロックリン »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
初めてのLP (浜の隠居)
2019-07-28 14:35:58
私が初めてLPを聞いたのが、友人の所での、ハンクのGreen Lightです。ハンクとの付き合い?は、Wild Side of Life(SP)からです。
トンプソンの佳曲 (ハンク秋山)
2019-07-29 16:48:56
ご隠居さまいつものコメントにはにはいつも恐れ入り谷の鬼子母神です(smile)  そうなんですね、”Green Light” はハンクのスタイルを代表するような軽快な曲ですね、コクのあるハンクの歌い方と同時に。 ”Wild Side Of Life” もハンクの代表作といわれますが、これは単純なメロディの繰り返しなので何度も聴くには飽きてしまいます。
今後も私の記事に印籠を突きつけてくださいませ・・・ハハーッとひれ伏すしかありませんが(smile)

コメントを投稿

懐かしのカントリースター」カテゴリの最新記事