西部劇と懐かしのカントリー&ウェスタン日記

現代とはかけ離れたOld Countryの世界ですがずっと続けていきます。興味のある方は時々のぞいてみて下さい。

ハンク・ウィリアムズ関連

2013年02月24日 | ハンク・ウィリアムスを歌う
 
Hank Williams のCD   
ヨーロッパ(EU)盤 PLSCD-649 Country & Folk Roots / Hank Williams
(1)Ramblin' Man (2)I Could Never Be Ashamed Of You (3)Please Make Up Your Mind (4)My Heart Would Know (5)Six More Miles (6)May You Never Be Alone (7)On The Banks Of The Old Pontchartrain (8)Calling You (9)Wealth Won't Save Your Soul (10)When God Comes And Gathers His Jewels (11)*Dear Brother (12)*Lost On The River (13)I Don't Care (If Tomorrow Never Comes)  (14)My Love For You   (15)*Jesus Remembered Me (16)Dear John (17)Men With Broken Hearts (18)*The Pale Horse And His Rider (19)A House Without Love (20)Everything's Okay 

このCDは3年前にタワーレコードで買ったもの・・・・・Hank Williams の1枚だけのCDとなると大体が有名な曲が入ったBest of~という形が多いけれどこのCDは違いました。買ったのは500円CDで安かったということもあるけれど最大の理由はハンクの曲集の中でも普段ほとんど聴かれることがない曲ばかりで構成されていたことです。こういうハンク曲集のCDはほんとに珍しいです・・・・いきなりマイナー調の(1)Ramblin’ Man(さすらう男)で始まるんですからこれだけでも異色です。”Ramblin' Man ” とか、ここにはないですが ”Alone And Forsaken ” などといったマイナー調の淋しげな曲は数多いるハンクと同世代のカントリー歌手の中でもハンク独特のものといった印象が強いです。この中で比較的知られているのは(2)I Could Never Be Ashamed Of You と(6)May You Never Be Alone(マンドリンが入っている)くらいかなあ

先づは簡単に書いてある解説を訳してみますと・・・・・「1961(昭和36)年に偉大なハンク・ウィリアムスは Country Music Hall Of Fame(名誉の殿堂)の第1回目のメンバーに選ばれました。それから40年後に ”Timeless ” と題したアルバムが出されました。 それには Bob Dylan、Johnny Cash、Emmylou Harris、Ryan Adams といった優れた歌手たちがフューチャーされており、”Hillbilly Shakespere(ヒルビリーのシェイクスピア)”と称された song writer としてのハンク・ウィリアムスに捧げられたものでした。”Timeless ”はグラミー賞を獲得しましたし またそれに値するに十分のものでした。

しかし、ここで私たちが提供するCDアルバムは Hall Of Fame のハンクの碑文に ”シンプルで美しいメロディを持ち、自らが知る悲しみの人生物語をわかり易い歌にした、そしてその歌は永遠に生き続ける ”・・・・とあるようなハンク・ウィリアムスの生の、純度の濃い音楽なのです。 ハンクが27才の時に結婚した Audrey Williams とのデュエット曲が4曲含まれています(*印)。2人は1952(昭和27)年に離婚、その翌年オハイオ州キャントンでの公演に向かう途中にハンクはキャデラックの車中で29才の若さで亡くなりました。
ここに収められている歌は必ずしもハンクの有名曲ではありませんが、短い人生ながらもいつまでも影響を与え続けるスターと呼ぶにふさわしいハンクの感情のほとばしりを例証する曲群ばかりなのです 」・・・・・・といった具合です(少し意訳と補足を加えました)。

はじめからめったに聴かれない曲に焦点をしぼって出されたもののようです。全く解説の通りで、生のハンク・ウィリアムスが味わえるものです、オードリーとのデュエットなどはどれもヒルビリーといった方がいいような純度です。

この Country & Folk Roots シリーズは他にジミー・ロジャース、オリジナル カーター・ファミリー、ウッディ・ガスリー他が出されていました、今でも発売されていると思います・・・・本当にアメリカン音楽の大きな原点を知ることの出来るものです。

コメント   この記事についてブログを書く
« ハンク・ウィリアムズ関連 | トップ | つれづれに (春) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ハンク・ウィリアムスを歌う」カテゴリの最新記事