西部劇と懐かしのカントリー&ウェスタン日記

現代とはかけ離れたOld Countryの世界ですがずっと続けていきます。興味のある方は時々のぞいてみて下さい。

カントリーギターの本

2019年03月23日 | カントリーギター列伝

カントリーギターの本 
全然知らなかったけれど今年1月になって「Guitar magazine」という月刊誌でカントリーギター特集の本(雑誌2月号)が発売になっていたことを1週間くらい前に知る。本屋さんに行くも既に3月号が出ていてバックナンバーは置いていないといわれたので注文。今日やっと手にとれた・・・Country Musicそのものが日本では超マイナーな音楽に陥っているのでこの企画は画期的と映る。本来この雑誌はギター好きの若者(昔若者だった人達を含めて)向けの雑誌だからどうしてもJazzやRockに偏重した雑誌と思っていたので160ページにわたるカントリーギター特集というのは画期的なことだ。
カントリー&ウェスタン音楽好きの私は長い間このジャンルを聴いてきたし本や雑誌も色々見てきましたが、不思議とカントリーギターだけに絞った記事というのはなかったと思います。まぁカントリーに関する本自体が微々たるもので、他のジャンルに比べたら1000:1といってもいいくらいですから......これ誇張でも何なんでもなくてホントですよ。Country music というのは最もアメリカらしい音楽と思うのですが日本ではそれが欠落している。
Country Musicファンとしていうと、昔でいうとバック・オウエンズ、グレン・キャンベル、ハンク・スノウなどは歌手としてだけでなくてギターも超一流ですし、チェット・アトキンス、マール・トラヴィスだけじゃなくて独自のスタイルのサムズ・カーライルなど過去のカントリー界を見ただけでも数多の名手がいます。 
でも、先づはカントリーを採りあげてくれて有難う・・・です。 
 
カントリー・ミュージックはとても奥が深いのでまたいつか続編を希望。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« イチロー選手が引退 | トップ | 長英逃亡を読む »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (老人の戯言)
2019-04-13 21:37:18
昭和46年に福岡県西戸崎の米軍関係者の姉弟とふとした切欠で知り合い、クラレンス・ホワイトを知って以来のブルーグラスの虜です。ベラフレックのスペクトラムを見たり、阿蘇山でローランド・ホワイトを見たり、懐かしい思い出です。
ブルーグラスの虜さんへ (ハンク秋山)
2019-04-14 10:06:02
コメント有難うございます。ローランド&クラレンスのWhite Brothers 、ベラ・フレックはバンジョー奏者?でしたかね・・・ちょっと懐かしいですね。私はBluegrass musicの現状を知りませんので昔のことばっかりになってしまいますが Kentucky Colonels の日本盤が出た時には買いました・・・ジャケット買いというやつです(smile) 倉庫の何処かにしまってあるはずですから探して聴いてみようと思います。私のBlog、古いものばかりですがまた時には覗いてみてください

コメントを投稿

カントリーギター列伝」カテゴリの最新記事