西部劇と懐かしのカントリー&ウェスタン日記

現代とはかけ離れたOld Countryの世界ですがずっと続けていきます。興味のある方は時々のぞいてみて下さい。

懐かしのカントリー&ウェスタン -160-( ウィルフ・カーター 6)

2010年12月30日 | ウィルフ・カーター
さよなら2010(平成22)年
Wilf Carter (6)
米国盤 Camden Records CAL-701 Wilf Carter  By Request


(1)Farewell, Sweetheart, Farewell (2)I've Hung Up My Chaps And Saddle (3)You'll Get Used To It (4)I Ain't Gonna Ba A Hobo No More (5)Plant Some Flowers By My Graveside (6)Put Me In Your Pocket (7)Smiling Thur' Tears (8)No Letter To-Day (9)Our Canadian Flag (10)Dreaming Of My Blue Eyes


私のカントリー・ミュージックの好みの原点は ”素朴さ ”です。この素朴さはシンプルであることにもつながりますが、シンプルの中に理想とする Country らしさがないといけません。でもこの ”カントリーらしさ ”=即 好みのサウンドではないことが多くなりました(もうずいぶん前からです)・・・・・夜にレコードから CD に録りながらいつも同じことの繰り返しで迎える年の瀬・・・・・今年最後のレコードの CD 化に選んだのがこのレコードです。
ハンク・スノウと並んで好きなウィルフ・カーター( Montana Slim 1904~1996年カナダのノヴァ・スコシア州出身 )の古いレコードです・・・・・2人ともとっくの昔に亡くなっており、いわゆる ”懐かしのカントリー ” になっているのですが どうしてもこの辺の Country Music に落ち着いてしまいます。 カントリーに3S( Simple, Saddness, Sincerelity )があった時代です・・・・・今では失なわれたサウンドですが聴いていて安心感が横溢していると感じるものです。 でもこれって本当は ”自分だけのカントリー ” なんだと言うべきなんでしょうきっと・・・・・ギンギンのテレキャスターサウンド、強烈なドラムの Country Sound に圧倒されて疲れ果てたあげくに聴くカントリーかな-とも思います。  全曲ギターの弾き語りですが、(4)~(10)の7曲には素朴な音色のスティールギターが伴奏をつけています・・・・ウィルフ・カーターの声が枯れたカントリーボイスだからカウボーイ ソングにも通じる雰囲気を持っています、個人的にはCD化を望みたいけれどきっと無理でしょう・・・

今年は意気込みの割りに ”懐かしのカントリー ” はあまり進行しませんでした、書きかけの未発表記事が22も残ってしまい 我ながら残念に思っています。あれも挙げたい、この歌手も採りあげたい-と気ばかりあせってしまって いまひとつ充実感に欠けたブログになってしまいました ( 仕事に忙殺されたことも大きかったし、写真も全て自前の本、レコードからの撮影なので上手く撮れないことも発表に至らない原因のひとつになっています) 。

毎日90~130人の方々が見て下さって(閲覧数はその2~3倍になります)、すこしづつですが見てくださる方が増えてきたのを感じました・・・・2011(平成23)年はもっと幅広い 「 懐かしのカントリー&ウェスタン 」 にしたいと思いますし、失なわれてゆく ”レコードの Country & Western 、Cowboy Song ” を甦らせたいと思います。
今年1年訪問下さった皆様有難うございました(励みになりましたよ)、来年もどうぞよろしくお願いいたします・・・・よいお年をお迎え下さい!!

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 懐かしのカントリー&ウェス... | トップ | 懐かしのカントリー&ウェス... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
明けましておめでとうございます (northravenmoutaineer)
2011-01-01 13:26:47
 明けましておめでとうございます。

今年も大いに楽しみにしております。



よいお正月をお過ごしください。
あけましておめでとうございます (ハンク秋山)
2011-01-02 11:22:39
初春のコメント有難うございます・・・・私の住む大宰府の近くはとても寒いお正月を迎えました。 今年も消えゆくあるいは消えてしまった Old Country Singer に光を当て続けていきたいと思います・・・・よろしく!(smile)

コメントを投稿

ウィルフ・カーター」カテゴリの最新記事