西部劇と懐かしのカントリー&ウェスタン日記

現代とはかけ離れたOld Countryの世界ですがずっと続けていきます。興味のある方は時々のぞいてみて下さい。

古色蒼然 ちょっと気がかり

2009年10月25日 | つれづれに
ここ数ヶ月私のブログに毎日70~110人くらいの方が訪問して見て下さっています・・・・・閲覧数はその1.5~2倍になります。始めた当初は自分なりのカントリー日記みたいなものなのでとてもそんなに予想もしませんでしたので興味を持って見てもらえることがとても有り難いことだと感謝しています。新しく訪問された方には是非知っておいて頂きたいのですが、私のブログで扱っているカントリーは Old Country とか Country Classics といわれるもので ほとんどが何十年も前のカントリーだということです。カビの生えたカントリーといってもいいかと思います・・・・・当然現代アメリカの現在進行形の Country Music ではありませんし、呼び方も単に私自身がその響きが好き-という理由で Country & Western という古い表現にしています(今は Country Music と表現するのが一般的)。 
今を生きる Country Music の話題は開設されているたくさんの方達のホームページがあって知ることが出来ると思います・・・・・・私のブログは Country Music の80年以上の歴史の中のほんの1コマずつを採りあげているに過ぎません。 唯一「温故知新」という名目だけで続けているものです・・・・・・パソコン未熟で更新もままならないですが少しづつ巾も広げていこうと思っています・・・・・・化石みたいなものですからそんなところを理解していただいて 時々は覘いてみて下さい。

写真は「The Legendary Jimmie Rodgers 110 曲集」と題した日本盤全集(RCA Records RA-5459~66)です。私が20代前半の頃に3日間のアルバイトをしてやっと手に入れた思い出の8枚組ジミー・ロジャース レコードアルバム集・・・・・14400円と高価で お店の人に分割払いでできないでしょうか-と何回も交渉したのにどうしても Yes の返事がもらえなくて仕方なくアルバイトして買ったのでとても思い入れのあるものになっています(今の時代からすると3万円くらいの感覚なので 小さなレコード店だったからどうしても無理だったんだと思う)・・・・・世界的にも誇れる日本盤だったのではないでしょうか(懐)・・・・・今は4000円くらいで110曲全集のCDが売っているようです・・・便利になっていますね

コメント   この記事についてブログを書く
« ムーン・マリカン物語 Part. 3 | トップ | お気に入りCD -5- »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

つれづれに」カテゴリの最新記事