西部劇と懐かしのカントリー&ウェスタン日記

現代とはかけ離れたOld Countryの世界ですがずっと続けていきます。興味のある方は時々のぞいてみて下さい。

懐かしのカントリー&ウェスタン( ハンク・スノウ 9 )

2019年09月12日 | 懐かしのカントリースター


Hank Snow (9)
カナダ盤 Camden Records CAL-2251 Lonely and Heartsick
(1) Lonely and Heartsick (2)There's a Pony that's Lonely Tonight (3)Can't Have You Blues (4)Just Waiting For You (5)In Memory of You Dear Old Pal (6)No Golden Tomorrow Ahead (7)You've Broken My Heart (8)My Two Timin' Woman (9)Broken Hearted (10)Your Sad Kiss Goodbye
今日は故ハンク・スノウを聴きたくて古いLPレコードを探し出してきて聴いた(^^)
ハンク・スノウはカナダ出身だからアメリカで有名になってからというものレコードは故国カナダでもアメリカと同時発売のような形で出されていたようです。
中にはカナダ盤はアメリカと違ったジャケットのものがあったり、アメリカにはないレコードがあったりしてSnow ファンには垂涎ものといえるものになっていました。このレコードは愛馬とギターを持って歩くカウボーイの絵が描かれている......内容的にはスノウのギター弾き語りに哀愁を帯びたスティールギター、フィドル(カントリースタイルのバイオリン) が重なる......といったほぼ全曲メランコリックな哀愁漂う歌です。スノウの初期の作品集とはいえ彼の歌の上手さはやはり抜群だなぁ......と思わせるものになっています。 有名曲があるわけではないですが " I'm Movin' On " 以前のスノウを知るという意味では貴重かなぁ......

コメント