メイキング・オブ・マイマイ新子

映画「マイマイ新子と千年の魔法」の監督・片渕須直が語る作品の裏側。

関係者列伝 その2 印度総督

2009年11月23日 12時04分28秒 | mai-mai-making
考証協力・前野秀俊氏

 戦前から戦中、戦後にかけての通俗文化の探索者。
 ときに筆名を「印度総督」と名乗る。
 印度総督とは、戦時中に日本軍がインドを占領するつもりで早々とそういう役職の人を定めてしまっていたのだけど、そうはうまくは運びませんでした・・・・・・と、そんな諧謔味をこめた意味合いのようです。ご本人は至って穏健なリベラリストです。

 前野さんは、最初に現場を立ち上げた時点で、まず加わっていただいたひとりです。
 こんな文章を書いて謙遜しておられますが、マッドハウスにはまだ、前野さんが捜してこられた資料がこんな大量に残されたままになっています。
             
             
 貴伊子のイメージは、この方のサジェッションがあってはじめて成立したものです。


 前野さんのコラムでは、この二本が特に好きです。
『かわいそうな園長代理』
『女子通信隊員の髪型問題』
 戦時中の価値観統制って、いったいなんだったのよ、というところです。
 前野さんは、そうしたことを見抜く目を持っておられます。

 そうそう、ちなみに、原作を読んだ方ならご存知でしょうが、貴伊子ちゃんの髪にもパーマがかかっています。
この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 新子、ついに貴伊子と出会う | トップ | 姿が見えない人の存在を感じる »
最新の画像もっと見る

mai-mai-making」カテゴリの最新記事