goo

坂木 司 ひきこもり探偵シリーズの感想

坂木 司さんの「青空の卵」「仔羊の巣」「動物園の鳥」、ひきこもり探偵シリーズを読みました。
いろいろな魅力ある人たちが現れて、僕もその中で一緒に居る気持ちになりました。
でも突然終わってしまうのだな。坂木さんは鳥井さんに共依存になっていたのだな。
でもいい話だった。僕の好きな話、友情の話だった。
でもみんな大人になってまた始まるのだ。
昔、僕の周りで流行っていた「かっこいい」生き方。それをさせてくれる周りの人たち。
そんなことを思い出しました。
人の幸せは誰かと一緒に分かち合う幸せの記憶、笑顔にある。
僕もそんな人を大切に作っていこうと思いました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 写真展その9... ブルース・ス... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。