勘太郎爺奮闘記

滞在合計26ケ国、21年の海外生活が終りました
振り返りながら 日々の生活も綴ります

2008年 南京・莫愁湖

2019-01-27 | 建物・風景

2008年 南京・莫愁湖

莫愁湖(Mo4 Chou2 Hu2)は楼、軒、亭の配置が変化に富み、景色が山水画のように美しい。昔から「金陵第一名勝」、「金陵四十八景の冠」と言われている。

南京市水西門大街と漢中門大街にはさまれたで、面積は約60万㎡の公園となっている。

 

なかでも公園内の華厳庵、郁金堂、賞荷亭、湖心亭、曲がりくねった小道と回廊などが山石、松や竹、花木のなかに見え隠れし、たいへん美しく、街の騒々しさを忘れさせる。

南京ではシェラトンホテルがドラゴンボートレースを毎年、5月に催している。

 

1

 

2

 

3

 

この湖には名の由来となる、美しく、才女の莫愁女が身を投げた伝説が残っている。

4

 

5


日本の囲碁界で有名な呉清源随筆の題名にもなっている。


ここには日本でも人気となっている海棠が、40種1万本ほど植えられており、4月には写真の通り、咲き誇っており、海棠の名所でもある。 

6

 

6

 

7 8

 

結婚式用の前撮りだろうか、公園で写真を撮る女性

9

 

 

トップへ戻る(全体表示)

 

ランキングに参加中。クリックして応援をお願いします。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 定年オヤジへ
にほんブログ村


にほんブログ村


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 2008年 南京・梅花山 | トップ | 2008年 蘇州・寒山寺 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (すごく無礼)
2019-01-27 12:05:32
ブログでは素晴らしいことを書いているが、
https://youbou.blogmura.com/req_tpc/0_3729_0.html

↑こんな物言いを平気でする人間。
中国人だろうか?
すごく無礼さんへ (勘太郎爺)
2019-01-27 13:17:18
>↑こんな物言いを平気でする人間。
>中国人だろうか?

気になると思われる箇所(コメント)を削除しました。

よろしく

コメントを投稿

建物・風景」カテゴリの最新記事