勘太郎爺奮闘記

滞在合計26ケ国、21年の海外生活が終りました
振り返りながら 日々の生活も綴ります

オランダ・クリスマスの思い出

2021-12-04 | 歴史・文化2

クリスマス・シーズンになりましたね。この時期、かって滞在していたオランダでのクリスマスを思い出します。

クリスマスと言えば、イエス・キリストの降誕を祝う12月25日ですが、オランダには、もうひとつのクリスマスがあります。12月6日の聖ニコラスの命日を祝う「シンタクラース祭(Sinterklaasfeest) 」です。

聖ニコラスはオランダ語で「シンタクラース (Sinterklaas)」と呼ばれ、11月半ばの日曜日に、従者の「ズワルト・ピート (Zwarte Piet)」を引き連れて、スペインからオランダへ蒸気船でやってきます。オランダ人は国をあげてシンタクラースを歓迎し、各地で歓迎パレードが開催されます。→こちらを参照 

 1

 

1977年から何回となく、仕事でオランダを訪問してましたが、定年退職後、オランダの会社から呼ばれ再就職した。長期滞在していたのは、オランダ最古の都市・マーストリヒトで、2009年~2010年でした。その後は、子会社のある中国に出向した。

滞在していた、マーストリヒトでのクリスマスの様子を見てみよう。

 

下記写真は、2010年クリスマス前の異例の大雪の風景です。マーストリヒト駅前の通りは真っ白でした。

 2


2009年のフライトホフ広場のクリスマス・マーケットの風景です。 買い物客でにぎわってました。

5

6

屋外スケート場もでき、にぎわってました。

7


2010年のクリスマス・マーケットの風景です。

10

9

11


12月26日は 大雪だったそうです。このときは、すでに、クリスマス休暇で、日本に帰国していて、友人から「Maastricht近辺では40cmも積もった」と連絡をもらいました。

13

2019年のChristmas Marketの様子:

 

2021年のフライトホフ広場前のレストラン街の様子:

 


2020年はコロナ禍で開催されなかったが、今年は、フライトホフ広場でのクリスマス・マーケットは開催されるようです。→こちらの情報


トップへ戻る(全体表示)

 

ランキングに参加中。クリックして応援をお願いします。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へにほんブログ村


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« あちゃー スマホ画面が崩れた... | トップ | すっきりしたJR横浜タワー »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

歴史・文化2」カテゴリの最新記事