KANTAROOO Blog

某てれび局のCGデザイナーを引退した かんたろの日々
心にわきおこる興味をお届けします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

箱義桐箱・谷中での2015春の展示

2015-04-13 | 展示会・展覧会
箱義桐箱・谷中ショールームの春の展示の様子をご紹介します。


新作のお花のオーナメント・ミディアムを飾りました。


オーナメントの影が揺れる机ではワークショップを行いたくさんの方が参加してくださいました。

机の上には

観察していただけるように ころんころんとお花のオーナメントが転がります。
影もとても綺麗です。


お客様に新作について聞かれた一番多かった質問は
『一つ一つに名前が付いてるんですか?』ということ。
答えは いいえ。で、(笑)
それぞれに番号をつけていました。


デザインは12個で それぞれ 水仙やケシ、矢車草など12種類の花をイメージした幾何学でした。
お花お花でファンシーなイメージではなく パッと見それがなんの花なのかわからない幾何学なのですが 見ているとなんとなーく伝わるようでした。
かんたろが一番好きだったデザインはハナミズキをイメージしたもので、
大好きなお友達のお家に里子に行きました。
きっとあの子はこれからとても幸せに暮らすのだろうなぁ~ と想像しています。^^



箱義さん春展示の記念に作った
『鳥と花 ヒトコト』という小さなカード
*画像は足もとを見る鳥とアネモネの組み合わせ


振り返り鳥とバラの組み合わせ


鳴いてる鳥とすずらんの組み合わせ

全部で9タイプの組み合わせでオーダーも合わせて、約30枚ほどつくりましたが
箱義さんに置かせていただいた分はすべて完売しました。
ありがとうございました。

後日ネットで注文たいだけるように準備いたします。

今回一緒に展示に参加した染色家のomiraの作品を少しご紹介いたします。
omira(オミラ)の染めアクセサリー


デザイナーの旦那様に作ってもらったPOP。という話を聞いてから
じっくり見るとデザインに旦那様の愛情を感じます。^^


羽のピアス
最近このデザインにすごくよく似た類似品をネットで見るけど、このデザインで作り始めたのはomiraが最初だから みんな素敵なデザインを真似したくなって作ってるんだろうな。
友禅染で作った羽のピアスはomiraだけです。


ブレスレット
絹の生地に糊を置いて染色し、そのあと洗って糊をおとすと
生地の色があらわれるのが友禅染の特徴です。
模様がこまかければ細かいほど染もむずかしくなります。


冬のコートを脱いで、羽織ものも軽やかにそでも短くなる季節が春。
染めのブレスレットはお手元を華やかにしてくれますね。

足をお運びくださった方、ワークショップにご参加くださった方、
告知や応援をしてくださった方。
どうもありがとうございました。

また、このたび展示の機会を与えてくださった
箱義桐箱の戸張社長、店長さん、若林さん、また大勢のスタッフのみなさんに
とても良くしていただいて お客様にも大変喜んでいただけました。

omiraもかんたろも お客様ととても楽しい時間を過ごすことができました。
本当にどうもありがとうございました。
またいつでも お声をおかけください。
次にお会いできるのを楽しみにしております。^^


かんたろ・omira

コメント   この記事についてブログを書く
« 4月12日(日)のつぶやき その2 | トップ | 4月13日(月)のつぶやき その1 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。