KANTAROOO Blog

某てれび局のCGデザイナーを引退した かんたろの日々
心にわきおこる興味をお届けします。

2016春の展示会にて

2016-02-16 | 展示会・展覧会
2/11・/13・/14の三日間 箱義桐箱・谷中さんでワークショップと新作展示会を行いました。

新作の『花・咲く』を作ってそのまま会場に持ってきたのでネットでもなかなか詳しくお見せすることができませんでしたのでお披露目いたします。
デザインは6つありました。そのうちの3つの画像を公開いたします。


仕事の関係で新作をつくる時間が取れず、6つのデザイン合計12基しか作れませんでしたので、2015年の大きな花のオーナメントをポンポンポンとにぎやかになるように会場に吊りました。
新作は東欧の刺繍やステッチにあるような記号のような花がテーマです。
実在の花があるわけではありません。


ですから『これは何の花なんですか?』と聞かれるとすごく困ってしまうのです。
(実際に3回ぐらい聞かれました。笑)

花を作るとき いつもだったら実在のモチーフがあります。
たとえば『バラ』だとしたら、バラとしておかしくない植物のルールに沿ってつくっているのです。
ですが今回かんたろが想像する花を唐草デザインにするため謎の蔓植物で、
植物の正当なルールはまるで無視したデザインになりました。


また、上下左右 多方向に花の向きが向いてもおかしくないように、180度どこからでも見れる(吊れる)デザインにしています。
オーナメントに穴をあけてしまうと一つの側面しかたのしめないので、ちいさな木製ピンチで花のどこかをつまんで吊っています。

下向きに咲く花、上向きに咲く花。
自然の中にはたくさんの花の表情が隠れています。
花は正面で必ず上向きに、とデザインする側が望む固定概念がありますが、それを取っ払うとき とても自然になり、飾る人が気に入った向きに花を吊ることができる。
そんな作品をつくりたかったのです。
(そのほかにも同じデザインのカードも制作いたしました。)


遊びにいらしてくださった方・ワークショップを楽しんでくださった方、
また いつもネットなどで応援してくださる方々。
どうもありがとうございました。
大変充実した時間を過ごさせていただきました。

箱義桐箱・谷中さんでの展示会も回数を重ねてきて、染色家の池さんとかんたろも肩の力がいい具合に抜けてとても楽しかったです。
箱義社長さんとスタッフさんはいつも気を配ってくださり、在廊がとても楽しいです。
いつも暖かく対応してくださって感謝しております。ありがとうございました。
またどうぞよろしくお願いいたします。

次回 箱義さんの展示は8月になると思います。
お楽しみに!

追伸:
最近忙しくてDMが出せなくてホントにごめんなさい。
次回はDMを作ろうと思います。
『クラフト・ハンドメイド』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 2月15日(月)のつぶやき その3 | トップ | 2月16日(火)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

展示会・展覧会」カテゴリの最新記事